NFL 2013-14 season

2014/02/20

昔話

懐かしい御方からコメントを頂いたので、ちょっと昔話を。

大学生の時にNFLを観るようになって、シアトルに短期留学をして生観戦もした。
帰国してからは日本のフットボール誌では物足りず、Sports Illustrated を定期購読してた。
もちろんNHK-BSのNFL中継は欠かさず観ていた。

そんな時に、岡山でNFLファンの集まりがあるというので、広島から参加した。
12月だったからスーパーボウルの予想をしたりして、楽しかったなあ。
1997年の話。

その時知り合った方々とは、その後一緒に試合観戦したり、今でも年賀状のやりとりをしたり。
おそらく今はあの頃より、フットボールへ情熱を注ぐ時間や環境がなくなってると思う。
みな、結婚したり、子どもが生まれたり、仕事が変わったりしてるから。

このブログも音楽の話ばかりで、フットボール関係の人に見てもらっているとは思ってなかった。
だから、久しぶりに書いたフットボールの記事にコメントを頂いて嬉しかったです。

皆さん、ありがとうございました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/02/16

Super Bowl XLVIII

Super Bowl XLVIII

Seattle Seahawks 43-8 Denver Broncos

誰がこんなスコアを想像しただろうか。
シアトルが勝つと信じてた人でも到底無理。
こんなにオフェンシブで、しかも大差って。

日本では「Super Bowl Monday」だから、試合中は仕事をしてました。
仕事の合間合間に Twitter でスコアを確認して、「え?」ってなった。

だって、いきなり2-0とか一瞬なんのことかわからないし(笑)。
あまりにも圧倒的な、完璧な勝利。下手したら完封勝ちだった。

でも、試合が終わっても、帰宅して録画を観ても、優勝した実感が湧かなくて。

実感が湧いてちょっと泣きそうになったのは、木曜日(現地水曜日)だった。
優勝パレードの映像を見た時。

ロンバルディ・トロフィがシアトルの街を往く。
スペースニードルの下から、4th Street を南進、スタジアムへ向かう。
パレードの出発地点は、昔1ヶ月だけ住んでいたアパートの前だった。
知った街を優勝パレードが往く。これは泣ける。

優勝記念に「12th Man」のジャージも買っちゃった。
来シーズン、お祝いに現地に行けないかなあなんて思った。

フットボール熱、再燃です。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2014/01/21

Seattle Seahawks head to Super Bowl!

すっかりライブレポ用になっていてフットボールの話題が皆無な当ブログですが、今日は何としても書かねばならない!

シアトル勝った! スーパーボウル進出!

NFLの話題を毎週書いていた頃に読んでくださっていた方々は恐らくもうここを見ていないだろうし、ファンが集う場はブログからツイッターへと変わってしまっているし、そもそもシーホークスなんていうマイナーチームのファンがわざわざ検索をかけてここに辿りつくこともほとんどないだろうし、意味があるのかどうかわからないけど書かずにはいられない。だってスーパーボウルですよ!

前回出場時(第40回)の記事を貼っていろいろと振り返ってみようかと思いましたがやめます。メディアや審判へのひどい恨み節です。自称 Pacific Northwesterner としてアメリカの端っこから敗戦の恨みを叫んでました(※ 三重県在住です。比喩的表現です)。どんな恨み節だったかはカテゴリーから探してみてください。私は恥ずかしくて読めません・・・。

まあ、振り返ろうにも当然ながらあの頃とはまったく違うチームですからあんまり意味ないですね。

対戦相手は、記録男ペイトン・マニング率いるデンバー・ブロンコス。前回出場時には「The Bus(ジェローム・ベティス)の花道」を作ろうと全米がピッツバーグを応援しているという四面楚歌状態で、メディアと「別の 12th Man(=審判)」の前に砕け散ったシアトルですが、今回ツイッターなんかで見ていると結構シアトルを応援している人が多いような気がするんですよね。ああ、スモールシティのマイナーチームがここまで成長したか・・・とちょっと嬉しかったのですが、ひょっとしたら「アンチマニング」が多いだけかもしれませんね(笑)。マニングってすごいけど、敵も多いなあと再認識した次第です。

シアトルもカレッジでは名将と呼ばれながらもプロリーグでは評価が低いHCや、ビッグマウスなCBがいるので叩かれる要素は多々ありますが、強靭なランオフェンスと攻めまくるディフェンスは本当に魅力的。老獪の域に達しているマニングに対峙して、チーム全体が若いシアトルがどう転ぶのか楽しみであり不安。

ともかく当日は、心だけはNY/NJに飛ばして「12th Man」となり、クラウドノイズを出しまくりたいと思います。Go Hawks!

| | コメント (6) | トラックバック (0)