NFL 2007-8 season

2008/03/10

ファーヴ引退会見

いつもは当過疎ブログのアクセスは1日平均50ほどなのですが、前記事「ファーヴ引退」の日は300を超えてました。今までにない数字にちょっとびっくり。過去最高だと思います。たくさんの人が訪問してくれるのは嬉しいのですが、記事の内容がアレなので複雑。でも、ファーヴの引退に衝撃を受ける人が日本にもたくさんいるんだな、と「同志」の存在をしっかり感じましたよ。

***
ESPN Sportscenter でファーヴの引退会見を見ました。

どの言葉も彼の本心から出たものだと思います。誠意をもって絞り出した言葉。ゲームへの愛や未練、才能を与えてくれた神への感謝。チームとチームメイトへの感謝などなど。「精神的に疲れた。まだできるけど、やりたくないんだ」という言葉は聞いていて辛かった。あんなに彼が泣くとは。1時間の会見だったそうですが、私が見たのは15分くらいかな。

こういう未練がましいことを言うことについて現地では批判する人もいるんだろうけど、「未練がある」と言うということは本心から語っているということだから、私は彼の誠実さに心打たれました。

もうひとつ、心打たれる話。

日本のパッカーズファンサイト「Packer Zone」でファーヴ引退会見の全訳を読むことができます。管理人さんはこれを訳すのに10時間かかったそうです! すごすぎる。日本におけるパッカーズ、そしてフットボールの普及に多大な貢献しているサイトです。ありがとうございます、NPBさん。しっかり全文を読ませていただき、しっかり泣きましたので。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/03/05

ファーヴ引退

今日は有給。朝からゆっくりmixiをしていて、マイミクさんの日記で第一報を知りました。

Brett Favre Retires

スーパーボウルでTDを決め、ヘルメットを高く掲げて走るシーン。彼のお父さんが亡くなってすぐのマンデーナイト。怪我をおして試合に出続ける姿。怪我をした翌週は「bye week」であることが多くて、彼の強運にいつも驚いた。2シーズン前の絶不調と今シーズンの躍進。TDパスを獲った選手を担ぎ上げて祝福。雪の中のディヴィジョナル・プレイオフ。

様々な記録。1位のものを列挙。

・通算TDパス数: 442
・通算パスヤード数: 61,655
・通算パス試投数 8,758
・先発QBとしての勝利数: 160
・先発QBとしての連続試合出場数: 253 (275-プレイオフ含む)
・パス3,000ヤード以上のシーズン数: 16
・パス3,000ヤード以上の連続シーズン数: 16
・通算パス成功数: 5,377
・30TDパス以上のシーズン数: 8
・ポストシーズンでのTDパス連続成功試合数: 18
・MVP受賞数: 3

そして、スーパーボウル制覇。

でもこんな輝かしい記録よりも、ファーヴといえばリードブロッカーとしてディフェンスを吹っ飛ばす姿が一番記憶に残っている。ファンだったら真っ先に思い浮かべるのではないかな。こんなQB、他にいる? あれほど気持ちがこもったプレイを見せてくれる選手はなかなかいない。セレブレーションやフィールド外ではなく、試合の中で勝ちたい気持ちを表現するのは実は難しいのだと思う。ファーヴは「意志を持ったプレイ」とは何かを示してくれた。

鎮痛剤依存、アルコール依存、怪我との戦い、家族の相次ぐ死、奥さんのガン闘病など、苦難の連続だった。そういうサイドストーリーにもファンとして一喜一憂していたけど、何よりもフィールドで見せる勝利への強い意志と飾らない笑顔に惹かれた。彼がいるだけで、フィールドが輝いて見えた。大げさ? いや、そうじゃない。彼がいるだけで空気が明るくなったのは事実だと思う。

2006年1月1日、ランボーフィールドで彼の姿を観た。あの時無理して行ってよかった。とても感動的な時間だった。

来シーズン、何に注目してNFLを観るんだろう、私。ここ10年以上ファーヴを「軸」にして試合や結果を見てきたので、どうしていいのかわからなくなるかもしれない。これほど入れ込む選手、この先出てくるかな・・・。寂しいです。これでひとつ、時代が終わった。

ファーヴ、お疲れ様。そしてありがとう。故郷ミシシッピでゆっくりしてください。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/02/04

SUPERBOWL XLII

豪快に予想が外れました。まさかのアップセット。

New England vs New York Giants 14-17

イーライ、あんなにすごかったっけ? ブレイディ、どうしちゃったの? パッツOLがやられすぎ。

4Qのジャイアンツオフェンスは神がかってた。イーライがラッシュをかわしてタイリーに通したパス、ミラクル。

録画で後半しか観てないので、残りを観たらまた書きます。スタッツもその時に追記します。

しかしびっくりしたなー。マニングファミリーがあまり好きでないのでアレなんですが、コフリンが勝って良かったとは思いますよ。おめでとうコフリン!

* パーフェクトシーズンを阻止したのがGBだったら、と思ってしまったよ・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/02/03

SUPERBOWL XLII 前夜

New England Patriots vs New York Giants

あと8時間ほどに迫りました。
とはいえGB終戦後、すっかりトーンダウンしてしまった私、いまいち盛り上がっていません。参ったなー。客観的にみたら話題性がある試合なのに。

***
・ペイトリオッツ、パーフェクトシーズンなるか!?・ジャイアンツ、史上最大のアップセットなるか!?

どちらが勝っても話題に事欠きません。

予想してみます。当たらないと思いますが・・・。

34-17でペイトリオッツ。パーフェクトシーズン達成。結構差がつくような気がします。Week17は僅差でしたが、パッツが本気を出した時の残忍さ・獰猛さは本当に怖いので。

ともあれ、わたくし明日は通常出勤です(泣)。来年こそは休みを取りたくなるようなカードでお願い!有給休暇の皆さん、楽しんで下さいね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/01/21

NFL 2007-8 Conference Championship とりあえず

仕事だったので中継を観てませんが、試合結果は知ってます。
とりあえず、言いたいことを書き散らかします。
録画を観たらまた書きます。

続きを読む "NFL 2007-8 Conference Championship とりあえず"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008/01/19

NFL 2007-8 Conference Championship 直前あれこれ

あれこれ思うところを書き散らかします。

***
・試合日のグリーンベイの天気は、曇り時々晴れ。
 気になる最高気温はマイナス17℃の予想。うわ、寒!

・でもこの寒さ、GBの選手たちは喜んでそう。

・対するNYGは上り調子。
 ストレイハン、ユメニオーラの両DE、脅威です。

・寒いですが熱い試合となりそうです。

・チャンピオンシップゲームがランボーフィールドに
 帰ってきたことの喜びをかみしめて観たいと思います。

・とても楽しみですが、如何せん仕事を休めない。悔しい・・・。

***
・NEは盤石かなー。恐ろしいくらいに隙なし。

・SDがつけ入るところを何とか考えた。
 「長身のWRを活かす」と「NEのおじさんLBを疲れさせる」か。

・LT、リヴァース、アントニオ・ゲイツの怪我は大丈夫なの?

***
・その他いろいろ。

・ワシントンHCジョー・ギブス引退。お疲れ様。
 目の奥が笑っていない凄みとチームをまとめる力はさすが。

・ピッツHCマイク・トムリンを見るといつも思うこと。
 「あれ、これは怪我でサイドラインにいる選手?」
 34歳。若すぎる。

・ロモのメキシコデートがいろいろ言われたわけですが。

・それよりもテレル・オーウェンスの涙が衝撃!
 「ロモが悪いんじゃない。メキシコ旅行は関係ない」と
 ロモをかばってあいつが泣くなんて! こんな日が来るとは。

・GB地元テレビ局がイーライ・マニングの好きなテレビ番組
 「サインフェルド」の再放送中止を決定したという、何とも
 言えない面白ニュースが。こんなのアリかー? 笑える・・・。

・ここ最近思うこと。
 新婚旅行はアリゾナにすべきだったかなー。(嘘)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/01/14

NFL 2007-8 Divisional Playoffs

ディビジョナルプレイオフ、その他の3試合です。

続きを読む "NFL 2007-8 Divisional Playoffs"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/01/13

NFL 2007-8 Divisional Playoffs Seattle at Green Bay

この1週間、本当に短かった。
とうとうこの2チームが対戦します。

続きを読む "NFL 2007-8 Divisional Playoffs Seattle at Green Bay"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/01/12

シアトル@グリーンベイ戦を待つ・その5

いよいよ明日です。

<怪我人情報>
Questionable 出場確率50%
・GB     CB ウィル・ブラックモン(足)
・シアトル   WR DJ・ハケット(足首)

この2人は出場しないかもしれません。
その他「Probable」の選手はたくさんいますが、出場に問題はなさそう。
ハセルベックもあちこち痛めてるんですが、もちろん出場。

<気になる天気>
明日のグリーンベイは雪の確率30%、最高気温マイナス1℃ということです。降雪はあるものの大荒れにはならないようで、少し安心。

<Seattle Times>
シアトル地元紙「The Seattle Times」の記事より。
すみません、こういう時にグリーンベイの地元紙ではなく、シアトルタイムスを参考にしてしまうのです。私の愛読紙ですから。今でもwebで読んでます。もちろんスポーツ欄のみだけど。

***
パッカーズが7.5ポイントのフェイバリットである理由

1. パッカーズは第2シードで休養充分。
2. シアトルは1983年にマイアミで勝って以来、ロードでプレイオフ勝利なし。
3. グリーンベイはホームでプレイオフ、14勝2敗。
4. シアトルディフェンスは、ロードよりホームの方が良い。

***
もう1つ、記者たちが勝敗予想をしています。シアトル地元紙ですからシアトル勝利を予想している人が多いのですが、皆さん接戦になるとの予想。

<その他>
・ファーヴは今シーズン後の現役続行宣言をしたとかしないとか。
 本当の判断は、シーズンが終わらないとできないでしょう。
・ホルムグレンはシーズン終了後の引退を示唆したとか。
 これもまだわからないと思っています。

***
グリーンベイ・パッカーズ、シアトル・シーホークス、ブレット・ファーヴ、マイク・ホルムグレン・・・。1995年から私が追いかけてきたものが、明日ランボーフィールドにすべて集合します。しかもプレイオフという最高の舞台。楽しみでしょうがない。

キックオフまで、あともう少し。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/01/11

シアトル@グリーンベイ戦を待つ・その4

今回は、QBやHC、過去のプレイオフ戦績などを比べてみました。

<通算対戦成績>
・GBの7勝5敗。
・プレイオフを含む。プレシーズンは含まない。
・初対戦は1976年。
・ミルウォーキーでの対戦も含む。
・@GB(ミルウォーキー含む)では、GBの6勝3敗。

<QBは?>
・ファーヴはシアトル戦、4勝2敗。
・ハセルベックはGB戦、1勝3敗。

<HCは?>
・マッカーシーはHCとして、初めてのプレイオフ。
・ホルムグレンはHCとして、プレイオフ13勝10敗。
・そのうちシアトルでは、4勝5敗。
・じゃあGBでは9勝5敗なのか。すごいなー。

<GB>
・プレイオフ、24勝14敗。歴史と伝統を感じます。
・しかし、1998年以降は2勝5敗なんですけどね。

<シアトル>
・プレイオフ、8勝8敗。微妙・・・。

***
こういう数字のほかに、ホームフィールド・アドバンテージがどれだけ試合を左右するのかが気になります。相手がホルムグレン-ハセルベックですから、ランボーフィールドはすごい空気になりそう。それと、当日の天候・気温も調べないと。
それそうと、ホルムグレンの戦績すごい。名将。異なるチームでスーパーボウルを制する史上初めてのHCになれるかどうか? GBのマッカーシーは初めてのプレイオフ。プレイオフに慣れまくっているファーヴがいるのでHCの経験の無さはあまり関係ないかもしれないのだけど、どうなんでしょうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)