« 手を伸ばせば午後の光に気づきました | トップページ | 咲いては枯れて 愛想が尽きた頃 »

2014/11/05

新しい季節が始まるみたいさ

HINTO

"NERVOUS PARTY" release ONE-MAN TOUR 「清楚なふりしてアメージング」

2014.9.20 Sun. 池下 CLUB UPSET

今年はアナログヒント、なかったね。
ということで、HINTOワンマンに行ってきました。


・去年秋のアナログヒント、京都・浜松以来なので1年ぶり。
・久々に観て、わあ、こんなに音が重かったっけ!?と感じた。
 (もちろんいい意味で重かったということ。ガツンと、厚みがあるというか)

・あと、アナログヒントの時に感じた「殺るか殺られるか」的な緊張感、
・最初の「清楚タイム」では感じられなかったけど、
・しかしその後の「アメージングタイム」ではバシバシと感じた!
・(つまり、ライブ前半は抑え気味、後半で爆発してました)

・お客さん、元気な若い男性が多くてとても楽しそうに踊ってて、
・その光景がとても素敵だった。私も笑顔になるような盛り上がり。

・コウセイの衝撃MC!
・ライブハウスのある「池下」を「地下」だと思ってて、
・フライヤーに「地下UPSET」ってを書いたという話。
・名古屋で長く言い伝えられるだろうな(笑)。

・演奏で一番の衝撃は、「エネミー」だった。凄かった。
・CDを聴いた時は比較的地味な曲だと感じていたけれど、
・ライブではこんなことになるのか!と震えた。度肝抜かれました。
・あんなにスケールが大きい曲として演奏されるとは想像してなかった。
・盛り上がって踊れる曲ではなくて、ああいうタイプの曲が映えるとは。
・HINTOの新たな一面を見た気がした。すげえHINTO。

・「シーズナル」も音源と印象が違った。あんなにキラキラしてるとは…

・ほんとかっこいいHINTO。また12月に名古屋に来るそうです。
・mudy on the 昨晩との対バンって。いいね、これ。
・最後に「ぶきみクリアファイル」買って帰りました。満足!

|

« 手を伸ばせば午後の光に気づきました | トップページ | 咲いては枯れて 愛想が尽きた頃 »

音楽 2014」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい季節が始まるみたいさ:

« 手を伸ばせば午後の光に気づきました | トップページ | 咲いては枯れて 愛想が尽きた頃 »