« 昔話 | トップページ | 午後5時をまわって »

2014/04/06

走り出す! 改札がスタートラインで

アナログフィッシュ×大塚いちおLIVE 『⇔』at 叡山電車

2014.2.9 Sun. 叡山電車

電車でライヴ。
アナログフィッシュの音楽と大塚いちおさんのドローイング。

遅ればせながらレポを。
現実感がありながら非日常的で、とても心地の良い時間だった。


ライブ前、お酒が飲みたくて花遊小路のパー「Northern Lights Corner」へ。昼から立ち飲みでビールやカクテルが飲めるおしゃれなお店です。ちょっとだけ飲みたい時に最高です。また行きます。

18時に出町柳駅集合ということで、17時半ごろ到着するように祇園四条から京阪に乗った。出町柳に着き、叡山電鉄の改札外でチケットを引き換えて叡山電車に乗り込む。

電車は2両編成で、アナログフィッシュは後ろの車両(復路では逆になる)で演奏。アコースティック編成。州さんが座っていたのはドラムスツールではなく電車の座席だったのが面白かった。もうひとつの車両ではいちおさんのライブドローイングがスクリーンに映し出される。スピーカーがあるのでどちらの車両でも演奏は聴こえる。まず往路、アナログ車両に乗った。

健ちゃんが「ハミングバード」を歌い出す。

 早朝、ラッシュアワーのKOライン
 彼女はサラサラの髪を結んで
 走り出す! 改札がスタートラインで
 寝ぼけた都会へ踏み出していった

走り出す女の子の歌。歌い出してすぐ出発のベルが鳴って、電車も走り出す。あまりにも鮮やかなライヴのスタートにぱっと心が軽くなる。車内、拍手が起こる。

電車の揺れが心地良い。アナログのライヴをたくさん観てきたけど、こんな状況はさすがに初めてだから楽しくて仕方ない。純粋に「音楽だけ」でも「電車だけ」でも楽しいのに、両方だからね。

この曲は何だろう?というイントロから「MAGIC」。しかもアコースティック! 意外な選曲にびっくり。原曲では下岡さんの軽快かつスピード感のあるイントロが印象的ですが、アコースティックアレンジはゆったりしていてどこか牧歌的で、それが電車のスピードや揺れと合っててすごく面白かった。後で明かされたのですが、この選曲はいちおさんのリクエストだそうです。いちおさん、「illustraiton book, ICHIO Otsuka’s MAGIC!」という作品集を出しています。

電車は山を登っていく。ガラス窓が曇り出し、それを手で拭いて外を見ると雪が舞っていた。あっという間に折り返し地点の鞍馬駅に到着。やはり雪がちらついている。寒い。元々京都は遠いけど、ここは山の中だからなあ。

鞍馬駅の待合室で、下岡さんといちおさんのトークタイム。アナログフィッシュといちおさんの馴れ初めやこのイベントをすることになった経緯、質問タイムなど。駅でトークって不思議な感じだった。

このイベントの主旨を説明する時にいちおさんが言った、「僕たちは『同じ時代』というひとつの大きな電車に乗ってるみたい」という言葉が印象的だった。そして、「僕がもっと年を取ってたら、もしくは僕が15歳くらいだったら、こんなイベントはできなかった」と、アナログといちおさんが同時代に同世代として生まれたことで実現したイベントであることを強調していて、ちょっと感動してしまった。

トーク終了後、再び電車に乗ろうとしたら、佐々木&斉藤のダブル車掌が改札でお出迎え! 健ちゃんは普通の服に車掌帽だけだったけど、州さんは服装まで車掌だった! とても似合ってて本職の人かと思いました(笑)。こういうのレアだし面白いし、さらにびっくりして、めちゃくちゃ笑いながら健ちゃんに切符にハサミを入れてもらいました。こうやって書くと私、変な人だな(笑)。

復路はお客さんを入れ替えるということで、いちお車両に乗った。小雪の中、復路は「クリスマス・イヴ」でスタート。「ほら、見て、雪だよ」という歌詞で、思わず窓の外を見る。健ちゃんは時々オフマイクで歌うので、いちお車両ではふっとメインボーカルが聴こえなくなって州さんと下岡さんのコーラスがガンガン聴こえるという現象が起きていて面白かった。へえ、こういうコーラスなんだ!って。

復路はバンドメンバーが見えないせいか、お客さんの視線がバラバラだったのが面白かった。前のスクリーンに映し出されるいちおさんのドローイングを見る人、窓の外を見てる人、真ん前にいた人は寝てたなあ(笑)。思い思いの過ごし方。日常のような、非日常のような、2時間弱があっという間に過ぎた。

どんどん山を下り、街に戻って、過ぎゆく街の灯りの中、最後は「Life goes on」。最初の「ハミングバード」も復路の「クリスマス・イヴ」もそうだったけど、選曲がシチュエーションにハマりすぎてぐっときた。

翌々日、また京都でライヴがある。2月恒例の磔磔。2泊3日で関東から来ている友達たちと「また明後日!」と言いながら別れたのが何だか面白かった。2日後にまた素晴らしいライヴが観れるなんて嬉しい。

これが2014年ライヴ初め。最高でした。


往路:
ハミングバード / ロックンロール / NO WAY / MAGIC / 僕ったら / 彼女はMutant

復路:
クリスマス・イヴ / ナイトライダー / 月の花 / 抱きしめて / Goodbye Girlfriend / Life goes on

|

« 昔話 | トップページ | 午後5時をまわって »

アナログフィッシュ」カテゴリの記事

音楽 2014」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 走り出す! 改札がスタートラインで:

« 昔話 | トップページ | 午後5時をまわって »