« 奇跡のような日 | トップページ | 今年もイブはファンダンゴで »

2014/01/15

雨があがった、sunshine

佐々木健太郎

真夜中の発明品 京都編
2013.12.21 Sat. 京都 sole cafe

何度目なんでしょうか。sole cafe での弾き語り。
カリー河で観たばかりなのに行ってしまいました。

京都に着くと雨。三重では全然降ってなかったから傘を持っていなかった。sole 前のコンビニでビニール傘を買おうと横断歩道を渡ると、向こうから健ちゃんが。横断歩道上ですれ違った。わあ。

セットリストはカリー河とだいたい同じだったけど、今日は心からリラックスして聴けた。河ではライブレポを書くことになっていたので緊張していた模様。

河でのライブが本当に素晴らしかったので、その感触や感想が上書きされてしまいそうで sole に行くのを躊躇してたけど、結局行ってよかったと思った。ライブは生き物だし、個々のライブは別物だ。

今日のライブでは、健ちゃんの「歌っている時のイケメン具合」と「MCの内容の情けない具合」の落差が今までにも増してすごいことになってた。「ライブ前、ずっとチャックが開いてた」と笑って言ってたのに、その後ライブ中にもチャックが開いてたことが判明したり(笑)。でもそんな健ちゃんが何とも愛らしいんですけどね。

ずっと雨が降っていて、ライブ中も車が雨を跳ねる音が聴こえていたのだけれど、「アンセム」を歌っているときに雨が止んで陽の光が sole に差し込んできた。そして、そのあとすぐ続けて「fine」。「雨があがった、sunshine」という歌詞を高らかに歌い出す。この選曲、憎いなあ。素晴らしかったです。

***
ソロアルバムに入る「STAY GOLD」に確かこんな歌詞がある。
(間違ってたらすみません)

「荷物は軽い方がいいって 強がって出かけよう 頼りないこのハートで」

長い人生、誰しも重荷を背負うけど、そういうのをちょっと脇に置いて、ギター一本背負って全国いろんな町に歌いに行ってほしい。ソロツアーでも、そしてそれ以降も、彼の歌を待っている人はたくさんいるはず。私も次の機会を心待ちにしています。


<セットリスト>

第1部
クリスマス・イヴ
希望
Alternative Girlfriend
涙のキッス(サザンオールスターズ)
いずる
奇跡のような日

第2部
ガールフレンド
ロックンロール
SHOWがはじまるよ
茜色の夕日(フジファブリック)
STAY GOLD
Stubborn Kind of Fellow (Marvin Gay)
アンセム
fine
あいのうた

en.
Happy Trail(大橋トリオ)
Clap your hands!
僕ったら(2回歌ったけど歌詞を思い出せず中止!)
月の花

|

« 奇跡のような日 | トップページ | 今年もイブはファンダンゴで »

アナログフィッシュ」カテゴリの記事

音楽 2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨があがった、sunshine:

« 奇跡のような日 | トップページ | 今年もイブはファンダンゴで »