« 足をロックしろ! | トップページ | 愛されたいより愛せ I Say ただ I Say ただ愛せ »

2013/05/11

来年の今も笑い合えたならさ それはもう奇跡と呼ぼう

スロウステーション vol.10

2013.5.6 Mon. 京都磔磔
出演:井上陽介(Turntable Films)、おとぎ話、スーパーノア

ゴールデンウィーク最終日、昼過ぎに京都着。
母の日の買い物をし、欲しかった本とCDと服を購入した。

欲しいものを全部買えたので満足し、締めくくりにおとぎ話を観に磔磔へ。

・着席ライブ、お客さん少なくてゆるゆる
・開場SEでビーサンが流れてた。「エイブラハムの髭占い」
・着席ライブ時はドリンク代が600円と通常より100円高いけど
・ビールを頼むと中瓶とグラスが出てくるので文句ありません


<井上陽介>

・Turntable Films のギターボーカルの人です
・バンドのライブ観たことあったっけ。土井ちゃんイベントとかで
・ギター弾き語り。英詩はバンドの、日本語詞はソロの曲で
・どちらもそれぞれの良さがあったけど、ソロの方が好みかも


<おとぎ話>

・3月ぶりのおとぎ話。今日を逃したら次いつ観れるかわからない
・だから京都まで来てしまいました
・(いつも普通に京都まで行ってるやんというツッコミは却下)

・有馬くんのギターがセミアコ?だった。よく似合ってた

・今日のおとぎ話はみんなやんちゃだった
・牛尾くんが軽く暴れてたし、前ちゃんもめちゃくちゃ飛ばしてて
・おとぎ話を初めて観た時のことを思い出した
前ちゃんがドラムセットをなぎ倒す勢いで叩いてた、大阪城野音

・「世界を笑うな」「COSMOS」「光の涙」の流れが素晴らしかった
・4曲目、こんな中盤に「世界を笑うな」やるの?ってびっくりして
・その次「COSMOS」では、音という宇宙にすっぽり包み込まれてしまい
・感極まって泣くかもと思っていたら、間髪入れず「光の涙」
・強固たる意志の塊みたいな強いイントロに全部持ってかれた

・「世界を笑うな」は大名曲だし「COSMOS」には思い入れがあるし
・どちらの曲も素晴らしいけど、今回は「光の涙」にやられた!

・牛尾くんが弾くギターソロを、他の3人が笑顔で見つめながら
・思いっきり口で歌ってて、その楽しげな雰囲気も最高だったなあ

王様になりたい / 鍵 / ネオンBOYS / 世界を笑うな / COSMOS / 光の涙 / Otogivanashi will never die
(2曲目と3曲目が逆かも)

・あんまりこんなことを書きたくないんですが、少しだけ失礼
・ライブ中スマホで写真撮っている2人組が客席前方にいて萎えた
・客電落ちてる中、液晶の光が目に入ると気になって集中できません
・おそらくバンドとお友達、またはお友達のお友達のようでしたが
・じゃあ撮影OKなの? しかも前の方で? と思ってしまった
・ライブ自体はとてもよかったので、その点だけが残念でした


<スーパーノア>

・今回のライブの企画者、スーパーノア
・ギタボの人は「好きな人ばかり出るから自分の企画はいいね!」
・ベースの人は「自分の企画は嫌!」(集客が気になるから)
・まあ、どちらも真実よね

・初めて観たし聴いたんですが
・もっとしっかりポップ、またはもっとしっかりロックに寄ったら
・いいんじゃないかなあなんて思ったり。つまり惜しい

・私の位置からはギターもキーボードもあんまり聴こえなくて
・ドラムばっかり見てたんですが、なかなか面白いドラムでした


・21時に終わって、すでに終電が近かったのですぐ退出
・そうなんだよな、ふらっと来てしまったけど実は京都は遠い
・でも磔磔で観るおとぎ話はとてもいいから大好きなんです

|

« 足をロックしろ! | トップページ | 愛されたいより愛せ I Say ただ I Say ただ愛せ »

おとぎ話」カテゴリの記事

音楽 2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来年の今も笑い合えたならさ それはもう奇跡と呼ぼう:

« 足をロックしろ! | トップページ | 愛されたいより愛せ I Say ただ I Say ただ愛せ »