« Analogfish Winter Sessions 「KYOTO TO TOKYO」 | トップページ | 夜の太陽が昇る時 »

2013/05/05

四日市をぶらぶらと

NOBIROCK

2013.3.2 Sat. 四日市 CLUB CHAOS
出演:堀田ダチオ、Chelsea Men、スティーブジャクソン、basquiat

仕事が一段落し、四日市をぶらぶらと。
久しぶりに NOBIROCK へ。


簡単に箇条書きで。


・ライブの前に四日市の陶磁器「万古焼」のフェスタへ
カリー河さんがフードエリアに出店してるので行ってきた
・カリーうどんとチャイを頂きました
・やっぱりここのチャイは美味しいわー
・器を見て、買って、クイズラリーに参加して景品もらって
・しっかり楽しんで、いざライブへ

・小雪舞う中、一駅歩いてケイオスへ
・入ってビール飲んでぼーっとしていたら
・スティーブジャクソンのモモジさんに話しかけれられてびっくり
・まさかこの時のことを覚えてらっしゃったとは

・あの時のNOBIROCK、めちゃくちゃ楽しかったんですよね
・で、めちゃくちゃ酔っ払って、勢いで話しかけに行ったんですよね
・あの時以来のスティーブジャクソンです。楽しみ

・一番手、堀田ダチオくん、名前はよく見ますが初めて観ました
・歌うまい。でも喋るとめちゃくちゃ面白い。芸人?(笑)
・県内いろんなところでやってるのでまたどこかで観れるかな

・chelsea men は初めて・・・と思いきや、そうじゃないですね
・ANTONIO THREE の2/3、ギターとドラムのデュオですね
・これが予想以上にかっこよくて素晴らしかった
・ケイオスの雰囲気に合いますね

・そして次がお目当てのスティーブジャクソン
・静かに始まって、ゆっくりじわじわ熱が上がっていって
・結局炎は出ず、燃え盛らないまま終わる、そんな感じの曲を
・ビールを飲みながらぼーっと聴いていると「飛ばされて」しまう

・ふと我に返り「え、ここ、どこなんやろ?」と思ってしまうような
・日常のような、非日常のような
・田舎のライブハウスから宇宙に飛ばされてしまうような
・バシッと音がハマった時のスティーブジャクソンは静かな破壊者

・最後はバスキア。初めて観たけどこれがとてもよかった
・スリーピース、ギターもベースも歌う、ドラムが派手に叩く
・私をくすぐる要素が満載。機会があったらまた観たい

・しばらく行けてなかった NOBIROCK、やっぱりいいイベントだなあ
・またふらっと遊びに行きますね

|

« Analogfish Winter Sessions 「KYOTO TO TOKYO」 | トップページ | 夜の太陽が昇る時 »

音楽 2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四日市をぶらぶらと:

« Analogfish Winter Sessions 「KYOTO TO TOKYO」 | トップページ | 夜の太陽が昇る時 »