« 久々 | トップページ | 既に今年3回目の京都 »

2012/05/24

抱きしめて / アナログフィッシュ


これ以上のラブソングを、私は知らない。

下岡晃が作り、歌う曲について、

「手元の出来事を歌っているのに、でかい世界を描いている」
「自分の頭の中を読まれているようで怖い」

なんて評していましたが、

この「抱きしめて」は今の日本の状況を歌っているけど、
同時に深く根源的な、普遍に響くラブソング。

来年3月に出るアルバムから、何と10ヶ月先行で配信された「抱きしめて」。
下岡さんの視線と視点の鋭さ、そして優しさを感じる。

決して癒される曲なんかじゃない。
自分や家族、社会や日本、世界と向き合わざるを得なくなるから。

下岡さんの目には、どのような世界が見えているのか。
そしてこの先、どのような曲を産み出してくれるのか。

この天才の存在に、世界はもっと気づいてもいいはずだ。


アナログフィッシュ、新曲「抱きしめて」 緊急発信


|

« 久々 | トップページ | 既に今年3回目の京都 »

音楽 2012」カテゴリの記事

アナログフィッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 抱きしめて / アナログフィッシュ:

« 久々 | トップページ | 既に今年3回目の京都 »