« その答えは風の中さ | トップページ | 久々 »

2012/04/15

君が星に願ったことと 僕が星に願ったことが

佐々木健太郎

真夜中の発明品 京都編4
2012.4.8 Sun. 京都Sole Cafe

真昼スタートなのに「真夜中の発明品」。
春の京都に行ってきました。


北大路駅から今宮通をひたすら西へ25分歩く。交通の便が良くない Sole Cafe だけど、いい雰囲気なので好き。ぎりぎりに着いたら後ろの方の席しか空いていなかった。ソールドアウトしたのかな。びっちりお客さんが座っていました。

昼間のライヴ、不思議な感じだった。カーテンを閉めても明るい店内。車が通る度にカーテンの隙間から入る光がミラーボールみたいだなあと思ったり。私自身こんなに明るいと調子が出ないなあと思って聴いていたんだけど、それは健ちゃんも同じだったのだろうか。最初は水を飲んでいたのに1曲目「いつのまにか」を終えてすぐ厨房にビールをオーダー(笑)。結局4本くらい小瓶のビールを飲んでました。飲み過ぎ!

いつものように途中休憩をはさんで2部構成。第1部はエピソードと共に。「女性がお化粧をして綺麗になっていくのを見るのは素敵ですね」と言って「ハッピーエンド」。「SUN」はライジングに行くフェリーの中でやることなくて、ギターも使わず頭の中だけで作った曲。「移動中バンドマンはライヴのことやいろんなことを考える」と「バンドワゴン」。ジョギングの歌「ロックンロール」の時には、今日も朝から鴨川沿いを走り、違う名前の川に変わるところまで行ったと言ってた。「戦う女の子のことを歌ってるけど、結局自分に重ねている」と「ハミングバード」。 バンドの時とは違い、曲のエピソードをじっくり聞けるのも弾き語りワンマンの楽しみの1つです。

といってもいつものようにあわあわしながら、「・・・皆さん、歌の途中でもどんどんお酒飲んでくださいね」なんて言いながらなんですが(笑)。ほんと歌とMCのギャップが激しいんだよなあ。

あと、バンドと違うところは健ちゃんのペースとテンポで曲をやること。「SUN」「星に願いを」「あいのうた」などは先週と先々週バンドでも聴いたけど、緩急の取り方がバンドと弾き語りでは違うから細かいところで「おっ!」と思うのが楽しい。

カバーを3曲。まずGRAPEVINEの「覚醒」。翌週からバインとツアーに回るアナログフィッシュ。「長野にいた頃から普通にファンだったので一緒にツアーに回れて嬉しい」と健ちゃん。カバー2曲目はサニーデイサービスの「虹の午後に」。先週曽我部さんと対バンしたからかな? 喬木村にいたころ村の消防団に強制加入させられて、めちゃくちゃお酒飲まされて翌日ものすごい二日酔いの状態でこの曲が入っているアルバム「サニーデイサービス」を聴いたら、それまであまりピンと来なかったのにその時はすごくよくてそれ以降愛聴しているとのこと。え、二日酔いのおかげなんですか(笑)。そして3曲目はフジファブリックの「茜色の夕日」。「先日初めて山梨でライヴをして、その後志村くんのお墓参りに行ってご家族と会ってきた。お父さんとお母さんとお姉さん。アナログフィッシュのことをよく知ってくれていて、『痩せましたね』って言われた」と(笑)。

「茜色の夕日」を聴きながら少し涙。私はフジのライヴを観たことないけど、志村くんが亡くなったすぐ後のCDJで民生が泣きながらこの曲を歌ったのを思い出すと今でも泣ける。今日もそれを思い出して必死に涙を堪えました。

今日のライヴで一番ぐっと来たのは「星に願いを」。「君が星に願ったことと僕が星に願ったことが同じならこのくだらない世界でも笑える気がする。本当さ」。そして「君が手のひらに握っているものと僕が探し求めているものが同じなら」「君を傷つけるものと僕が憎んでいるものが同じなら」(すみません、歌詞うろ覚えです)と続く。心揺さぶられた。

このライヴの前、もうすぐ結婚する友達と京都駅で会い食事をした。久々に会った彼女と、家族や仕事のことについて話し込んだ。そのせいもあるのだろう。健ちゃんが歌うラヴソング、特にこの「星に願いを」が男女の愛だけでなくもっと大きな「家族愛」みたいなものを歌っているように感じられて、いろんなものが込み上げて泣きそうになった。続く「あいのうた」も恋人に歌うラヴソングというイメージだけでなく、子どもの枕元で子守唄を歌うお父さんの姿が浮かび上がってくるようだった。きっとそんな歌じゃないのに。

こんな風に思うのって、私も年を取りましたね。
でも、それも悪くない。

***
終演後、弾き語り会場限定のCD-Rを買ってサインの列に並んだ。5/26に三重県四日市市のカレー屋さん「河」に弾き語りに来てくれる健ちゃんに「三重に来てくれるの楽しみにしています」と言うことができた。ほんと嬉しい。アナログフィッシュを知って8年、とうとう三重に健ちゃんが来る日がやってきます。キャパ30は2日でソールドアウト。万難を排して馳せ参じます。


<第1部>

いつのまにか
ハッピーエンド
SUN
覚醒(GRAPEVINE)
バンドワゴン
ロックンロール
Fackson Jive
ハミングバード


<第2部>

チェリーブロッサム
星に願いを
あいのうた
虹の午後に(サニーデイサービス)
バキューム
茜色の夕日(フジファブリック)
fine
アンセム

en.
ハッピーエンド

|

« その答えは風の中さ | トップページ | 久々 »

音楽 2012」カテゴリの記事

アナログフィッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 君が星に願ったことと 僕が星に願ったことが:

« その答えは風の中さ | トップページ | 久々 »