« Na Na Na! | トップページ | 名古屋ドリフター »

2012/02/05

差し出した右手を握り返してほしいのさ

アナログフィッシュ

Band On the Wild Side
2012.1.22 Sun. 名古屋クラブクアトロ

2日連続アナログフィッシュ、久々の名古屋クアトロ。
去年1年間、アナログはここでライヴをやってないのです。

セットリストは前日の大阪と同じ。アンコールが違った。大阪でもめっちゃ早くライヴが終わったのだけれど、名古屋では本当にMCがなくて大阪よりも早く終わってた。下岡さんがMCで「ライヴって始まるとあっという間に終わっちゃうよね」と言ってたけど、本当にあっという間だった。

最前列ど真ん中で観た。州さんのドラムは見放題だし下岡さんが「Hybird」の時にハンドマイクで真ん中にやってきて私の真上にいるし(ここはステージが高いので真上にいる感じになるのです)、健ちゃんが「ダンスホール」の時だったか私がもたれてる柵のところに片足をかけてくるし、ほんともう最高でした。

下岡さんが風邪をひいたらしく声が出づらそうだった。高音はそうでもなかったけど低いところでちょっと苦労していた。でもそういう部分がライヴの出来にまったく影響してなかった。下岡さん、安定してたしすごく気合いが入ってた。

州さんのドラムを堪能。前日の大阪でドラムの音が太くなってたんだけれど初めてのハコだから聴こえ方が違うのかなあと思ってた。名古屋クアトロの聴こえ方はよく知っているのでどうなのか楽しみにしていたのだけれど、やっぱりドラムの音、変わってたような気がする。いつもはスコーンと縦に抜ける音なんだけど、今日は太く低く前に迫りくるような音。スネア変えたのかなあ(※ 個人的な感想です)。

やっぱり「ロックンロール」のドラムが素晴らしい。州さんの真上または後ろに固定カメラを置いてドラムだけを映した映像作品が欲しいと思うくらい素晴らしいフレーズ満載。芸術的。展開が読めない。どう叩いているのかわからない。シンバル類が右にクラッシュ、左にスプラッシュ、そしてハイハットだけ。それで何であんな多彩でカラフルな表現ができるのかまったくもって謎。人間国宝に指定すべきですよ。

* 映像の件は終演後アンケートに書いた(笑)。実現しないかしら。

でも機材的にはトラブルがいっぱい発生してた。ハイハットとタンバリン。何度もカズロックさんが出てきた直してた。カズロックさん大忙し。

でも、このライヴで一番素晴らしかったのは健ちゃんだった。「月の花」「fine」、そしてアンコールの「アンセム」に感極まった。「fine」の歌い出しで泣いてしまった。自分でもびっくりした。健ちゃんの歌、晴れやかに響いてた。何かね、もう、「無敵」って感じだった!

そして最前列で観た、ジョギングとラーメン二郎絶ちで(笑)12kg痩せた健ちゃん、これじゃただのイケメンやないか!と何故か思わず怒ってしまいたいくらいかっこよかった(笑)。昔は変顔してたりステージ上で暴れた後ゼーゼーと荒い呼吸をしてたり、客席からくすくすと笑い声がしてたんだけどな・・・。もうそんな面影ありません。何の曲だったかな、激しい動きでベースのヘッドを勢いよく振り下ろしマイクに「ゴツッ!」とぶつけた時も、今までなら笑うところなんだけどかっこよく見えちゃったんだよなあ。あー、何か残念だ!(笑)

***
2日連続でライヴ観たけど、本当に彼らが頼もしくて。いつの間にこんなになっちゃったんだろう?と思うんだけど、同時に何も変わっていない感じもする。不思議だな。

終演後はいろんな人と飲んだ。4人いて誰も名古屋の人がいないという状況だったけど(笑)、着々とアナログファン(すなわち「魚群」)の輪が広がっていることを嬉しく思ってます。ありがとうございました!


<セットリスト>

サバンナ
ラジオ
ロックンロール
Town
チンパンジー
ハミングバード
戦争がおきた
ゴールドラッシュ
UNKNOWN
NO WAY
月の花
チアノーゼ
平行
Hybrid
風の中さ
PHASE
fine
NaNaNa
荒野

en.1
ダンスホール
マテンロー

en.2
アンセム

|

« Na Na Na! | トップページ | 名古屋ドリフター »

音楽 2012」カテゴリの記事

アナログフィッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 差し出した右手を握り返してほしいのさ:

« Na Na Na! | トップページ | 名古屋ドリフター »