« わすれちゃだめだよ。 | トップページ | 差し出した右手を握り返してほしいのさ »

2012/02/05

Na Na Na!

アナログフィッシュ

Band On the Wild Side
2012.1.21 Sat. 心斎橋JANUS

2012年ライヴ初めはアナログフィッシュ。
ワンマンツアーは1年半ぶりとMCで言ってた。

え、私がツアーワンマン観るの、これ以来ってことか。
すごく昔のことのように思える。

心斎橋クアトロがなくなってしまったので今日はJANUS。初めて行く。ドリンクカウンター周辺が広々としていていい感じ。ライヴが始まると音がとてもよかったので驚いた。例えば名古屋クアトロなんかは前に出すぎると音がフロアの後方に飛んじゃってよく聴こえなくなるんだけど、JANUSは前の方でもくっきり聴こえた。しかしなぜか最前列のフロアが数センチ高くなってるので2列目にいるとちょっと見づらい。何故上がってるんだろ。不思議。

ルー・リードの「Walk on the wild side」が流れ、3人登場。下岡さんは野音の時と同じシャツ、健ちゃんは時々着てるボタンのところがカラフルなネクタイ柄になってるシャツ、州さんはツアーTシャツにカーディガンみたいなの着てたっけ。赤い帽子が似合っててめっちゃ可愛かった。

アナログ会議後、州さんがバスドラのフープを叩いてカウントを出し、1曲目「サバンナ」。ぱっと前が開ける明るい感じ、ドコドコと派手なドラム。かっこいい。そして次は「ラジオ」! 久しぶり! 下岡さんのコーラスの声がやたらでかくてメインボーカル並みだった。初期の曲はこういう感じの曲が多いよねえ。初期曲と言えば「チンパンジー」を久々にやった。びっくりした。

「ロックンロール」のドラム、いつ聴いても、そしていつ観ても素晴らしい。まるでドラムが生き物みたいだった。

ドラムと言えば、全体的にめちゃくちゃ走ってた。どの曲も速い速い。「Hybird」はバックトラックを流すからBPMが決まってるわけだけど、この曲だけ「遅いなあ」と感じたくらい。MCがほとんどなくどんどん進んでいき、開演18時で19曲もやったのに本編が終わった時はまだ20時になってなかった。

それと下岡さんが弾くフレーズが「彼の身体に馴染んだ感じ」だった。ライヴでこういう感触を持ったのは初めてかもしれない。ものすごく自然に、力を抜いて楽に弾いているような、そんな感じだった。言い換えると「全く迷いのないギター」だったというか。

「ゴールドラッシュ」「UNKNOWN」「NO WAY」と隙間のある下岡曲3連続。「ゴールドラッシュ」は初めて聴いた。イントロを聴いて、下岡さんがよくサウンドチェックで弾くフレーズだったように思った。違うかな? この曲、サビがめちゃくちゃ頭に残る。「Wake up! ゴールドラッシュは行ってしまったよ、僕だけを残して」。すごくいい。「NO WAY」は州さんずっと右手にマラカス。かわいい。

バンドでは久々の「月の花」。これが本当に素晴らしかった。健ちゃんが情感豊かに歌い上げる。抑え気味の演奏がアウトロで大爆発する。その迫力と言ったら。拍手がしばらく止まなかった。

「最近、いろんなものを削ぎ落として骨と皮だけにしたバンドサウンドを追究してる」いうような下岡さんのMCから「チアノーゼ」「平行」「Hybrid」の下岡曲3連続。野音でもこの曲順でやってたけど、ほんと圧倒されまくり。それぞれの曲のイントロだけでものすごい緊張感。

そしてその後の「風の中さ」、健ちゃんの歌い方がとても繊細で優しくて。これも今までにない感じだった。最近弾き語りでやってるような緩急をつけた歌い方をこの曲の中で感じた。素敵だ。

健ちゃんが「みんな、簡単だから歌ってくれ!」と言って「Na Na Na」のイントロを客席にレクチャーして歌わせた。おお、この曲久しぶり!と思ったらそのまま健ちゃんが歌い始めた。まさかのボーカルチェンジ! びっくりして隣にいた友達と思わず顔を見合わせた。途中で下岡さんが歌うパートまで出てきて2度びっくり。このバージョンでベストアルバムに入るんだろうか?(終演後下岡さんに訊いたら「調整中」だそうです)

最後は「荒野」。下岡さんはこの曲をやる前に必ず「僕たちや君たちの可能性の曲」と曲紹介をする。これまでは圧倒されながら聴いていたのだけれど、今日聴くこの曲はとても優しかった。そして、聴く度に激しかったり優しかったり曲の印象が随分と変わる「Sayonara 90's」を思い出した。どちらも名曲。

アンコール。下岡さんがツアーTシャツに着替えていて、下岡さんと州さんが1人だけツアーTじゃない健ちゃんを仲間外れにするような立ち位置と視線で客席に物販紹介してた(笑)。

アンコールは「ダンスホール」と「Clap your hands!」。とても盛り上がった。大阪って今までお客さんが比較的おとなしかったんだけど(名古屋の方がお客さん少ないんだけど熱い人が多い)、去年の5月にスクービーと対バンした時からちょっと雰囲気が変わってきたような気がする。すごく楽しかった。

ダブルアンコールは下岡さんが「未来へ向けて希望の曲」と言ったような記憶があるんだけど、そんな曲紹介から「テキサス」。素晴らしかった。めちゃくちゃ満足のセットリスト。

***
終演後、会場限定販売の野音ライヴDVDを買った。下岡さんと健ちゃんが出てきてお客さんにサインをしていた。私もDVDを持ってサインを貰いに行った。すると下岡さんが「おおっ!」という表情をした。今までひっそりライヴ観ていたつもりだったけど顔を覚えてくれてたんだ。嬉しかった。

その後は一緒に来ていた友達と心斎橋で焼き鳥を食べた。語りまくってたら日が変わって2時になってた。明日じゃなくて今日、またアナログのライヴを名古屋で観れると思うと嬉しくて仕方なかった。


<セットリスト>

サバンナ
ラジオ
ロックンロール
Town
チンパンジー
ハミングバード
戦争がおきた
ゴールドラッシュ
UNKNOWN
NO WAY
月の花
チアノーゼ
平行
Hybrid
風の中さ
PHASE
fine
Na Na Na
荒野

en.1
ダンスホール
Clap your hands!

en.2
テキサス

|

« わすれちゃだめだよ。 | トップページ | 差し出した右手を握り返してほしいのさ »

音楽 2012」カテゴリの記事

アナログフィッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Na Na Na!:

« わすれちゃだめだよ。 | トップページ | 差し出した右手を握り返してほしいのさ »