« 明日にはそう、生まれ変わって笑ってやるさ | トップページ | わすれちゃだめだよ。 »

2012/01/07

あと何日かで今年も終わるけど

佐々木健太郎

真夜中の発明品 ~京都編 3~
2011.12.10 Sat. 京都 Sole Cafe

前週の名古屋に続いて今度は京都で「真夜中の発明品」。
京都開催3回目にして初めて行くことができました。
憧れの sole cafe! そして個人的に今年のアナログ納めです。

sole cafe は思ってたより小さくて、こじんまりしてて居心地よかった。ドリンクに「ほうじ茶」があって京都っぽさを感じた。ここでタウンミーティングやったんだよなあ。観たかった。

健ちゃん、名古屋では黒ハットと黒シャツでばちっと決めてたけど、京都では茶色のニット帽に青パーカー。かなり雰囲気違いました。可愛らしかった。

今回も2部構成。名古屋と同じ曲もたくさんやりましたが曲順が全然違った。「マテンロー」なんて結構久々だったような。

「おとぎ話」は元々下岡さんの曲だけど、もう健ちゃんボーカルでバンドでやっていいのでは?と思うくらいしっくりきた。すごくいい感じ。名古屋でもやった「処刑台に立って」。この曲バンドでは聴いたことないから「待ったました!」という感じでがっつり鑑賞。

名古屋ではやらなかった「fine」を第2部の最初で。冒頭のぱっと開ける感じ、弾き語りでもとてもいい。「星に願いを」は名古屋でやった時よりも長くなってた。新曲だし改良中なんですね。いかにも健ちゃんっぽい変なコード(けなしてませんよ褒めてますよ・笑)がいっぱいあって、そうそう、これだよな!と思いつつ聴いた。

今回のカバーは4曲。奥田民生「スカイウォーカー」、初恋の嵐「Untitled」、大橋トリオ「Happy Trial」、ユニコーン「雪の降る町」。民生/ユニコーンが2曲も! 狂喜乱舞。時期的に「雪の降る町」は嬉しかったし、「スカイウォーカー」は本当にハマってた。

ユニコーンで思い出したのだけど、私は「阿部が作った曲を民生が歌う」というのがものすごく好きなんです。阿部が作る曲には民生からは絶対出てこないようなメロディーや展開があって、それを民生のあの声と歌唱力で歌うと素晴らしくて感涙もの。

同じように「下岡が作った曲を佐々木が歌う」ってかなりいいんじゃないかと思ったのですよ。「オルタナティブ・ガールフレンド」や「おとぎ話」、佐々木ボーカルでバンドでやるのはいかがでしょうか・・・。

***
健ちゃんの弾き語りは「いい歌いっぱい聴けた!」とにこにこほくほくできる。安心感、安定感がある。素敵な sole cafe で素敵なアナログ納めができました。終演後健ちゃんに声をかけて感想を伝えてほくほくしながら外に出た。見上げると皆既月食で月が欠けてた。ライヴの余韻がいつまでも続きそうな夜だった。


<第1部>

赤い自転車
ハミングバード
いずる
スカイウォーカー(奥田民生)
おとぎ話
僕ったら
風の中さ
Ready Steady Go


<第2部>

fine
ロックンロール
マテンロー
Untitled(初恋の嵐)
ラブホ
星に願いを(新曲)
Happy Trial(大橋トリオ)
処刑台に立って
月の花
アンセム

en.
雪の降る町(ユニコーン)
ハローグッバイ

|

« 明日にはそう、生まれ変わって笑ってやるさ | トップページ | わすれちゃだめだよ。 »

音楽 2011」カテゴリの記事

アナログフィッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あと何日かで今年も終わるけど:

« 明日にはそう、生まれ変わって笑ってやるさ | トップページ | わすれちゃだめだよ。 »