« ブルースはどこにある | トップページ | ありったけの願いを込めて今日は歌おうぜ »

2011/10/16

京都のweekend

おとぎ話

おとぎ話 presents "オルタナ・ボンバーマン"

2011.10.9 Sun. 京都磔磔
ゲスト:雨先案内人

秋の磔磔、おとぎ話。
2月のアナログフィッシュみたいに恒例になればいいな。

烏丸で蕎麦を食べ、三条をぶらぶらしてから富小路へ。

磔磔、去年と同じくイスとテーブルが出ていた。
去年と同じ席が空いていた。迷わずそこへ座って待つ。
そのライヴ、素晴らしかったんだよなあ。

(去年のライヴはこんな感じでした)

<雨先案内人>

8月におとぎの対バンで観て以来。変で、かわいくて、衝撃の3人組。立ちドラムボーカル・雨ノ地晴太郎くん、アップライトエレキベース・齊藤ぽんちょくん、鍵盤・西山小雨ちゃん。晴太郎くんは「ズッコケ3人組です!」って自己紹介してた。

ライヴが始まるとかわいくて観てて照れた! 1曲目の「こんにちわ」、かわいさ破壊力最強! 3人ともにっこにこできらきら。でも変な曲なんですよね。おばちゃん全部おごるから好きなものお腹いっぱい食べていいよ!と言ってごはんに連れて行きたいくらいかわいかった(これ、伝わってますかね・笑)。

「赤ちゃんでもわかる曲つくってきました!」と「おサルさん」。この曲だけでなく、雨先の曲は全部子ども受けいいと思うな。「う~にゃ」では小雨ちゃんが歌い、ぽんちょくんがボウイング。ベースの不穏な音がすごくいいんだよな。インパクトのある曲。 「友達をつくろう」「楽しく死のう」も変でかわいくてでも真っ直ぐで。全身で、魂で演奏してるから目が離せない。

終演後、物販にCDを買いに行った。小雨ちゃんに「すっごくよかった!」と言ったらハグしてくれた! わあ! そして8月名古屋に行ったことを話したら、私がつぶやいた感想ツイートを覚えててくれた。嬉しかったなあ。またライヴ行くよ!

雨先案内人のmixi日記より
こんにちわ / おひさま / がちゃがちゃ / おサルさん / う~にゃ / 友達をつくろう / 楽しく死のう


<おとぎ話>

さあ、おとぎ話。私の隣の席はしばらく空いていたのだけれど、おとぎが始まる前に誰か座ったなと思ったら、去年のライヴで観た「ねじ梅タッシと思い出ナンセンス」のギター、城くんだった。わあ。

OPSEが流れ、最近定番のスーツで4人が登場。

(びっくりするくらいセットリスト覚えてないので順不同です)
(10/23追記: 友達にセットリスト教えてもらいました!)

有馬くんも言ってたけど、磔磔は木が鳴るので音が温かい。雰囲気も素敵だしやっぱりこのハコ大好きだなあと思いながら聴く。前越くんのドラムが好きなのでどうしてもそちらを見てしまうのだけれど、牛尾くんのギターがすごくいい感じで鳴っててそちらも気になる。ほんと気持ちよかった。

前越くん、「また、よろしく」の力強いやんちゃなドラム、「小悪魔ソング#2」では一転して頼もしいドラム。いろんな側面を見せてくれる。ほんと、好き。

「また、よろしく」「小悪魔ソング#2」「NIGHTSWIMMING」が本当によかった。グッドメロディに4人がっちり合わさった演奏が乗るとこんなにすごいことになるんだ!というのを見せつけれらた感じ。「NIGHTSWIMMING」の間奏、すごいグルーヴだった。

「ネオンBOYS」のイントロで会場ぱっと明るくなる感じが好きだ。自然に客席から手拍子。「思春期」では有馬くんが「HI-STANDARD みたいな曲を作りました」と曲紹介。えー(笑)。「ピーターラビット」では間奏でフロント3人がぴょんぴょん跳んでた。うさぎの曲だからね。かわいかったなあ。「1981」は元々「DEAD」という曲だったとのこと。ああ、そういえば一度ライヴで聴いたことある。

ところで、ひどいお客さんがいて、泥酔して叫んだり着席ライヴなのに最前で立って暴れたりしていた。最後には椅子の上に立ち上がり、更にはテーブルの上を渡って歩いたりとエスカレートしていった。ちょうど「weekend」のイントロを演奏している時、有馬くんはそのお客さんの友達を呼んで外へ出るように諭した。

その後のライヴがすごかった。有馬くんが「牛尾、あの曲やろう」と言って急遽「STAND BY ME」を演奏した。そこに込められた静かな熱に4人の「バンドとしての信頼感」を見た。最後は改めて「weekend」。最後の最後までいいライヴをしようとする彼らの意志と集中力がすごかった。素晴らしかった。胸がいっぱいになった。

アンコールの「KIDS」は感動を通り越して、神々しかった。聴きながら「正座をしなければ!」と思った。それくらい神聖な光と音が降りてきていた。4人はすぐそこにいるのに、とてつもなく大きなところで演奏しているようだった。

終演後、先行発売されていた新譜「BIG BANG ATTACK」を買って、フロアにいたおとぎの皆さんに感想を言うことができた。「去年の磔磔が一番だと思っていたけど今日の方が良かった!」と言ったら、有馬くんと前越くんに「ずっと観てくれてる人にそう言われると嬉しい」と言われ、私の方が嬉しくなった。「ずっと」と言っても初めて観たのは2007年だし、足繁くライヴに通うようになったのは去年から。そして今日、最高のライヴが観れて、しかも直接感想を言うことができて、本当に幸せな夜がやってきたんだ。

おとぎの皆さん、また、よろしく。

その後ひとりで夜の京都をふらふら歩き、ひとりで飲んだ。幸せだった。

(順不同)
未来の乗り物 / また、よろしく / シンデレラ / 思春期 / E.T.M. / ネオンBOYS / MOTHER / 小悪魔ソング#2 / THANK YOU / NIGHTSWIMMING / SUN(12月) / This is just a healing song / WHITE SONG / 1981 / STAND BY ME / weekend / ピーターラビット / GALAXY

en. KIDS / もう1曲?

|

« ブルースはどこにある | トップページ | ありったけの願いを込めて今日は歌おうぜ »

音楽 2011」カテゴリの記事

おとぎ話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都のweekend:

« ブルースはどこにある | トップページ | ありったけの願いを込めて今日は歌おうぜ »