« 誰かを笑う人の後ろにもそれを笑う人 | トップページ | 7周年 »

2011/10/31

雨降りの帰り道も 背筋のばしていれた

SEBASTIAN X ツアー 2011 "FUTURES TOUR in NOBIROCK"

2011.10.21 Fri. 四日市 CLUB CHAOS
出演: SEBASTIAN X、おとぎ話、ANATAKIKOU、ソンソン弁当箱

小雨が降ったり止んだり四日市。

NOBIROCKでおとぎ話は3回目。
しかもこの4バンドを三重で観れるなんてちょっとした事件かと。

以下、箇条書きで。


<ソンソン弁当箱>

・CDは持ってるけど初見。仙台からやってきた4人組
・いかにもやんちゃそうなVo.カジカくん
・Ba.ジェットリカさんはめっちゃにこにこ
・風貌がコウセイに似ているG.ヒラマくん(中身は全然違うと思う・笑)
・そして重めのドラムを叩くコブヤくん
・いやー、若い、熱い、勢いあるね
・ちょっとビートモを思い出すようながっちりした重い音を出す瞬間も
・震災のこともMCで言ってた。生活は変わってしまったけど、
・それを忘れず、でもプラスに変えていこうという力がみなぎってた
・若者に未来を見たよ(って、この感想年寄り臭いなー私)
・最後はカジカくんがカメハメ波出してた!(笑)


<ANATAKIKOU>

・まさか三重でANATAKIKOUを観れるなんて! のび太くんありがとう!
・松浦さんと藤井さんが出てきた時、どきどきしてしまったよ
・サポートはBa.杉村さんとKey.藤井さん(ex.THE MICETEETH)
・余裕があるけどスリリングな演奏。ふつふつと熱いけど冷静で
・切れ味ある音なんだけど歌に優しさがあるのです
・ポップなんだよなあ。ひたすらポップ
・鍵盤藤井さんがよかった。確実にツボを押さえてる演奏。好みです


<おとぎ話>

・さておとぎ話。こうやってまた三重で観れるのが嬉しい
・新譜からの曲を中心に、でも最後に新曲もやってくれた
・一番嬉しかったのは「FUN CLUB」! イントロで思わず叫んでしまった
・1年ぶりくらい? 最後に聴いたのはたぶん去年9月の磔磔
・ほんとグッドメロディ。この曲やらないのもったいないよ!
・って思う曲が他にいくつもあるんですけどね(ハローグッバイとか)
・「ネオンBOYS」のイントロはいつでも場をぱっと明るくするね
・ソンソンのことに触れたMCの時、有馬くんが泣きそうだった
・そしてその後の「THANK YOU」が沁みた
・「雨降りの帰り道も 背筋のばしていれた」という歌詞のところは
・こんな雨降りに夜に聴くとぐっときて、私も泣きそうになった
・前越くん、ずっとにっこにこの素敵な笑顔でドラム叩いてたなあ
・常に顔で叩くタイプではあるけども(笑)、今日は特に笑顔笑顔
・やっぱりおとぎのライヴは笑顔になれる。ありがとう

未来の乗り物 / ロボットの夢 / カンフー / ネオンBOYS / WHITE SONG / THANK YOU / ピーターラビット / FUN CLUB / AMAZING LIGHT


<SEBASTIAN X>

・最後はセバス。音源も持ってなくてちらっと試聴しただけですが
・ライヴ観てびっくり。なんだこの太陽みたいなバンド!
・陽性の要素が詰まってる。皆が弾きまくる、動きまくる
・フロント3人がぐいぐい前に迫ってくる感じ。力強い
・実際にVo.真夏ちゃんとBa.飯田くんはステージぎりぎり際にいたかと
・2人とも下に落ちるんじゃないかというくらいの迫り方!
・Key.歩里さんは顔で弾くタイプだなあ。めっちゃ歌ってた
・風貌的にとても気になる(笑)Dr.沖山くんが目立たなくなるくらい
・フロント3人が派手でした!
・曲もとにかく明るくて踊れる。めちゃめちゃ振り切ってた
・ほんと圧倒されました。太陽が降り注ぐ屋外で聴いてみたい

***
すごい対バンだった。三重でこれを観れるなんてにわかに信じられなかったなあ。主催者ののび太くん、ほんとグッジョブ。次のNOBIROCK(フリーライヴ!)も楽しみだ!

|

« 誰かを笑う人の後ろにもそれを笑う人 | トップページ | 7周年 »

音楽 2011」カテゴリの記事

おとぎ話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨降りの帰り道も 背筋のばしていれた:

« 誰かを笑う人の後ろにもそれを笑う人 | トップページ | 7周年 »