« 拳を上げる | トップページ | Felicityさん、ありがとう »

2011/05/30

名古屋の空の下

andymori

"春の楽園"ツアー
2011.5.21 Sat. Electric Lady Land

andymoriワンマン。ワンマンは初めて。
ソールドアウトしてたのですがお友達がチケットを譲ってくれました。

簡単に箇条書きで。


・E.L.Lに行くの初めて。入場待ちは歩道橋の上なのね
・入場すると内装は黒一色。無機質な感じ

・「グロリアス軽トラ」から始まって30曲くらいやった?
・30秒くらいしかない「ナツメグ」もやってくれたし(笑)
・とにかくどんどん曲をやっていく
・だからセトリ覚えてない!

・新ドラマー、三重県伊賀市出身「ドラム忍者」こと岡山健二くん
・初めて観る彼のプレイを楽しみしていたのだけれど
・序盤は前ドラマー後藤大樹くんの幻影が見え隠れして楽しめず
・しかも壮平くんもあんまり声が出ていなかったのだけれど

・「モンゴロイドブルース」で泣きそうになってしまったんだ
・ベースのイントロが鳴りドラムのカウントが入った瞬間、ぐわっときた
・全然泣き曲じゃないのに

・そこからはもう、若さも荒さも全部まとめて素晴らしかった
・「CITY LIGHTS」や「ビューティフルセレブリティー」の美しさったら
・ほんと「CITY LIGHTS」のライヴ映えは尋常じゃない

・アンコールではヒロシくんと健二くん、1曲ずつアコギを弾いて歌った
・2人ともギターも歌も上手くてびっくり

2年前に観た時、真っ赤なシャツを着た壮平くんがすごく子供に見えて
・「これ以上綺麗になったりこれ以上大人になったりしないでよ」とか
・「大きくて綺麗なハコより、もっと小さな所の方がよかった」なんて書いたけど
・今日観た彼らはちょっと大人になっていて、でも少年のままのようでもあって
・大きなハコも似合うバンドになっていて、美しさに何度か泣きそうになった

美しいものを見て泣くだなんて私も歳をとったな、って思ったよ。

|

« 拳を上げる | トップページ | Felicityさん、ありがとう »

音楽 2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋の空の下:

« 拳を上げる | トップページ | Felicityさん、ありがとう »