« 地震 | トップページ | 肉体的 »

2011/04/11

テキサスの変貌

HUCK FINN 30th ANNIVERSARY
WE GO! YOU GO! ハックフィン30周年スペシャル
-アイゴー祭がやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!-

2011.3.26 Sat. 今池 HUCK FINN
出演: iGO、アナログフィッシュ

磔磔以来のアナログフィッシュ。iGOとの対バン。ハックフィン30周年記念。

震災以降どうも体調がすぐれなくて(震災の映像ばかりテレビで見ていたので精神的に参ってしまったらしい)、この日もゆっくり休んでから家を出たので開演ぎりぎりに着いた。

<アナログフィッシュ>

先攻アナログ。出囃子は何だったけ? CAKEかなあと思ったけど違うかな? 健ちゃんがいつもの服装じゃなくてびっくり。袖が緑で胴が白のラグラン、ジーンズ、赤いスニーカー。珍しい。

「phase」「平行」「チアノーゼ」と下岡曲3連発。「平行」と「チアノーゼ」での緊張感がすごい。チアノーゼの「もっと空気を、澄んだ空気を」という歌詞が震災後日本を覆う暗い空気と混ざってものすごい破壊力を持つ。健ちゃんが弾くうねるベースラインがものすごいぐいぐい来て、ライヴ後何日も頭から離れなかった。そしてこの日の下岡さん、すごい気迫だった。この暗い空気をぶち破るんだ、というような気迫。MCでも「こうやって貴重な電気を使ってライヴをさせてもらえることがありがたいと思ってる。でも、それ以上に意味のあるライヴをするから」と言っていたし。

続いて「サンバ」「風の中さ」と健ちゃん曲パート。低音で始まる「サンバ」を聴いて、健ちゃんあまり声の調子よくない?って思った。やや疲れている顔をしてたし。でも「風の中さ」ではいつもの伸びやかな歌声を聴けた。よかったー。

下岡さんのMC。「iGO、呼んでくれてありがとう。iGOの人たちとはまだそんなに関わってないんだけど」、わあ、正直だなあ(笑)。対バンするの初めてだよねえ。きっと初対面なんだろうな。「でもリハーサルを見てやろうとしていることは伝わってきたし、それを俺はかっこいいと思うし」と続けていた。

続いて「戦争がおきた」。これも刺さる歌詞。戦争が起きている遠いところと、変わらない日常を営む自分の生活と。どうしても東北の状況を想起してしまう歌詞。州さんはブラシを使って演奏してた。

この後、下岡さんがMC。「この曲と1曲目は5月に出るEPに入ってます。次の曲もEPに入ってます」と言って次の曲をはじめた。下岡さんの手元の機械から鳴り出すシンセの厚いリズム。ん?初めて聴く曲だな、EPのどの曲だろう?と思っていたら、「スペースシャトルが落ちた」と下岡さんが歌いだした。えええ、「テキサス」かよ! フロアを見るとシンセのリズムに合わせてみんな笑顔で踊ってたのだけれど、私は驚きのあまりしばらく口を開けたままぽかーんとしてしまった。どうやったら「テキサス」がこんなになっちゃうのよ! 以前の「テキサス」の荒涼とした感じはまったくなくなってしまったのだけれど、それを補って余るほどの衝撃。本当にびっくりした。

放心状態の中で「fine」「Clap your hands!」と健ちゃん曲を続けて。健ちゃんのでっかい歌声を聴いてちょっと落ち着いた。「Clap」の歌詞の中にある「赤いスニーカー」を歌う時、左足をちょっと上げて指差してた。

最後は「荒野」。下岡さんが「僕たちや君たちの可能性について歌った曲です」と曲の前にMCをしていた。州さんは立ち上がったままバスドラを踏み、右手にマラカスを持って、それでシンバル類を叩いてた。そして広がるでかい世界。かろうじて手拍子はできたけど、それ以外はほぼ身動きできずに聴いた。激しい曲ではないのに心を掴まれて揺さぶられるような、意志の塊のような曲。

<セットリスト>
phase / 平行 / チアノーゼ / サンバ / 風の中さ / 戦争がおきた / テキサス / fine / Clap your hands! / 荒野


<iGO>

初めてライヴを観る。音源も「僕は24時間電気屋さんに行く」しか持ってない。

ハックフィン30周年記念で、しかもiGOの5周年なんだそうだ。ちょうど初ライヴから丸5年になる3/28にここでフリーライヴをやるという告知があり、客席が沸く。

アップテンポで縦ノリの曲が多くて、頭の中を空っぽにして音にまかせて踊った。震災後塞ぎ込んでしまっていたので、踊りながらiGOに助けられた、と思った。アナログのライヴ中はどうしてもシリアスになってしまうからねえ。

ボーカルの茜谷さんは何故かステージドリンクが900mlペットボトルの野菜生活だった(笑)。ギターの野田さんはこの近くのゆうちょ銀行勤務だそうで(笑)、それに絡めたMCがめっちゃ面白かった。始まる前にフロアにJONNYの舟橋さんがいるなーと思っていたけど、そうか、iGOのサポートやってたんだ。失念してた。JONNYの時よりリラックスしてて楽しそうだった。

ほとんど曲も知らないままライヴを見たけど、うん、楽しかったし、助けられた。

***
終演後、珍しく物販にアナログの3人が揃っていた。接客担当の州さんに、つい「テキサスのアレンジがめっちゃ変わっててびっくりしたー!」と言ってしまった(だって本当にびっくりしたから)。訊くと、今日やったアレンジのテキサスが次のEPに入るとのこと。楽しみだなあ。5月まで待てないや。

|

« 地震 | トップページ | 肉体的 »

音楽 2011」カテゴリの記事

アナログフィッシュ」カテゴリの記事

コメント

レポ楽しみにしてましたー^^
ありがとうございます!

5月のEPにテキサスが入るという情報を
見た時、アレンジが少し変わるのかな?と
思ったんですが…どうやら少しどころじゃ
なさそうですね。
発売まで一ヶ月きりましたね!
早く聴きたくてたまらないです。

3人物販に揃っても接客担当は州ちゃん
なんですね(笑)

今回は名古屋参戦できなくて残念でした…
でも必ず次もあるし、万全の状態で
名古屋に行けるようにしたいです^^
その時もyamaさんとご一緒できたら嬉しいです!
お忙しい日々が続くと思いますが、
お身体にお気をつけてお過ごしください~。

投稿: ほっけ | 2011/04/15 00:05

ほっけさん:
コメントありがとうございます。
いつか必ず名古屋に来てね!

ほんとテキサスにはびっくりしました。
何の曲かイントロではまったくわからなかったもん。

物販での役割は、州さん接客、下岡さん品出し、健ちゃん呼び込みでした。
「アナログフィッシュ、物販やってますー!」って健ちゃんが叫んでましたよ(笑)。
(これがまた、いい声だったんだよなー)

投稿: yama(Key) | 2011/04/16 17:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テキサスの変貌:

« 地震 | トップページ | 肉体的 »