« 京都 | トップページ | この次の phase へ »

2011/03/05

無愛想につめこんだメロディ 君のこと歌う

さよならロングヘアー

2011.2.13 Sun. 心斎橋クラブクアトロ
竹内電気

竹内電気の斉藤さんが2月26日で脱退する。このニュースを聞いた時は本当に驚いた。ファイナルの名古屋に行きたかったけど、アナログフィッシュ磔磔と重なってたので心斎橋に行ってきました。

東京と名古屋はソールドアウトしてたけど大阪はしなかったんだっけ?と思いつつクアトロへ。それでも結構な人の入り。開演を待ちながら、竹電を観るのは5回目かあと思い出す。え、まだ5回か! しかも完全なワンマンは初めてと気づいてびっくり。去年、四日市のツーマンツアーには行ったんだけど。

もらったフライヤーの中に「竹内電気工業高校卒業文集」というメンバー手書きの冊子があった。手作り感とやたら詳しい竹電年表、そして各人が語る「斉藤さんとの思い出」が楽しい。

客電が消え、いつもの山下達郎「SPARKLE」が流れて斉藤さん登場。いつも通り沸く客席。そしていつも通り束ねてある自慢のロングヘアーをほどく斉藤さん。当然ながら沸く客席。わー! 

「It's too late」「YOU&I」「do not disturb」と盛り上がる曲を続けて3曲。うーん、すごくいい。すごく楽しい。もっとライヴに行っとけばよかったと思った。でも解散するわけではないからこれからも観れるんだけど、歌が山下くんから斉藤さんへ切り替わるところの気持ちよさをこれからは味わえないんだと思うと、どうしてもそんな風に後悔してしまう。

久々に観た竹電はとても眩しかった。山下くんがこんなにかっこよかったとは! ちょっと切なくも伸びやかな歌声も見た目も私の好みすぎる!とライヴ中何度もきゅんきゅんしてしまった(メガネ男子好きなので特に・笑)。そしてこのライヴでびっくりしたのがサティフォのギター! 素晴らしかった。彼のギターソロはいかにもな感じでコテコテなんだけど、今日は本当に切れ味鋭くてかっこよかった。彼のギターソロを聴いて「空を飛べる!」と思うくらいの高揚感を感じた。それくらい気持ちよかった。後日、サティフォのブログで「今年はギタリストを目指したい」という文章を見つけてびっくりした。そうか、やっぱりそういう意識で弾いてたんだ。サティフォ、その心意気、しっかり伝わってるよ!と思いながら読んだ。

斉藤さんもずっと楽しそうだったし、こうきくんは相変わらずオフマイクで全力で歌いながらベース弾いてるし、脱退とかそんなの関係なく楽しいライヴだった。でも、なぜか苅谷くんのドラムと私のリズムがいつも合わないんだよなあ。謎。なぜなんだ。

「step!step!」がすごく熱かった。この日の彼らのMCを使わせてもらうと「エモい」演奏だった。「『エモい』と『グルーヴ』っていう言葉を使うとそれっぽい感想になるよね(笑)」っていうMCがあってそれを聞いて私も笑ったんだけど、「step!step!」の時「竹電ってこんなに熱い、激しい、分厚い音を出すバンドだっけ?」と度肝を抜かれていたのだ。すごかった。中盤では「to the light」が素晴らしかった。切ないメロディと歌詞、斉藤さんの歌声。本当に名曲。

演奏はすごいし楽しいのだけど、彼らはMCがグダグダなんだよなあ(笑)。金髪だった山下くんが黒髪に戻したのは「ヨドバシ電気で買い物してたら真横に金髪のチュートリアル・徳井さんがいて、かっこよくて『勝てねえ!』と思ったので翌日黒くした」とのことです(笑)。あと、みんなでパスポートの写真を撮りにいった話とか。サティフォやこうきくんが謎のアジア人みたいに映り、斉藤さんは主婦みたいになったっていう(笑)。主婦て! そんな感じで仲良し5人組のMCは締まりなく続いていく。これぞ竹電。

「Don't Stop The Time」の途中だったかな、「竹電初の試み」と前置いて、斉藤さんが「俺の大事なメンバーを紹介するぜ!」と叫んで、メンバー紹介と各人ソロ回しタイム。ここでもサティフォがかっこよかった。斉藤さんの番が回ってきて、ギター弾くのかな?と思ったらダンシングタイムだった! 爆笑!

斉藤さんが脱退について語っていたけど、今後のことは本当に何も決まっていないようだった。新しいバンドを組むとかソロだとか、具体的なプランは何もないようだった。斉藤さんの歌声や姿がない竹電もうまく想像できないけど、斉藤さんもどうするのかなあ・・・とちょっと心配になった。でも「いつか必ずどこかで会おう!」と明るく言ってたから、音楽を聴き続けてる限りどこかで会えそうな気はする。

アンコールのラストは「Hello, Mr.Regret」。山下くんが斉藤さんの肩を抱きながら「無愛想につめこんだメロディ 君のこと歌う」の箇所を歌ったのを観て、ぐっときた。

最後は「さよならロングヘアー」という名前の通り、斉藤さんの断髪式! ちょっとだけしか切らなかったけどびっくり! 後日の東京、そしてファイナルの名古屋ではもっとばっさり切っていて、最終的にツイッターに上がったのは丸坊主になった斉藤さんの写真! うわあ!

***
ロングヘアーにはさよならしてしまったけど、音楽がある限り竹電、そして斉藤さんにはまた会える。また会おうぜ。

<セットリスト> 斉藤さんのブログより

It's too late
YOU&I
do not disturb
milk tea
step!step!!
universe
ミラクル
let's thinking time!!!!!
semisuite
to the light
Jyanga Jyanga
rough sketch
holiday
Candy Apple Red
cover girl
knock!knock!!
Jubilee
boys be
nice to meet you
beat
Don't Stop The Time
テレパシー
Baby,I love you.

en.
1.2.3

en.2
Hello Mr.Regret

|

« 京都 | トップページ | この次の phase へ »

音楽 2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無愛想につめこんだメロディ 君のこと歌う:

« 京都 | トップページ | この次の phase へ »