« 忘れないうちに | トップページ | 京都 »

2011/02/20

地元の良さを再確認しております Vol.2

NOBIROCK

2011.2.12 Sat. 桑名FORUM
出演: アントニオスリー、おとぎ話、モノポリーズ

今月も行きました、NOBIROCK。これで3か月連続参加達成。

会場のフォーラムはレストラン。よって着席ライヴ。
最後の方は立ち見も出てました。

開場SEがなぜか中森明菜。なぜ? でもなつかしー!

<アントニオスリー>

・四日市で18年くらいやってるバンドだそうです。初見
・うわっ! 音でかっ! 大丈夫か、ここレストランやぞ(笑)
・いきなりベースの弦が切れるトラブル
・ベースさん、トリスのポケット瓶をあおりながら交換
・後半、ギターもシールド周りでトラブル
・対処している間にドラムさんが煙草2本吸ってた
・そんなドラムさんは「おとぎ話」「童話ばなし」って思ってて
・「童話話」で検索かけてたみたいです(笑)
・いやあ、やんちゃです。40歳って言ってたっけな?
・ベースさんのMC「20代は頑張っとけってよく言われるでしょ?」
・「でも30歳前半も頑張らないと、俺らみたいな大人になりますよ」
・最近仕事に行き詰まりを感じている36歳の私、すごく沁みた(笑)


<おとぎ話>

・狭いステージが電飾で埋め尽くされてた
・そして牛尾くんのマイクスタンドに赤い誘導棒が。なぜ?
・ドラムセットはハコのを使用。YAMAHA製、バスドラが小口径
・風間くんのエフェクタボードに(多分)iPhoneとDSが繋いであって
・途中で風間くんがそれを操作して音を出してました。面白い
・おとぎの皆さん、4人とも最近着ている白い衣装

・最初の曲「星に願いを」は有馬くんハンドマイク
・新曲「SUN(12月)」は冬の暖かい太陽を思い起こさせる曲
・というか、おとぎの曲はどれも晴れた空を想起させるよなあ
・「ANIMAL」では前越くんがハイハットにタンバリンをかける
・そういう独特な小物の使い方が好き
・三重に来て2人からリクエストされたという「boys don't cry」
・私もこの曲聴きたかったんだよな。嬉しかった

・前越くん「みんなは習い事をしてるかー?」」
・いきなりそんな問いかけをされても(笑)
・「俺たちは最近これを習い始めた!」と言って「カンフー」
・ほんとかよ(笑)。ああ、このやんちゃな曲いいですね
・前越くん、10年前にアントニオスリーを観たことあるそうで
・今日のリハで「10年前より音でかくなってる!」と驚いたって

・「SMILE」は久しぶりかもしれない。この曲大好き
・前越くん「みんなは最近、乗り物に乗ったかー?」と謎MC
・そして「有馬はどう?」と無茶振りされて慌てる有馬くん
・と、そこから乗り物の歌「STAR SHIP」(笑)

・トリじゃないのにアンコールがかかって1曲だけしてくれた
・「とびらをあける」で締めました
・有馬くんの弾き語りで始まって、徐々に楽器が入っていく
・前越くんがスネアをスタンドから外して膝上で抱えて
・スナッピーをじゃらんとギターのように弾いてた
・そんな使い方をする人初めて見た! 面白い!
・最前列のテーブルで堪能させて頂きました

セットリスト(曲順自信なし)
星に願いを、SUN(12月)、ANIMAL、boys don't cry、カンフー、HISTORY、MOTHER、ロードムービー、SMILE、STAR SHIP、BOY'S BEAT
en. とびらをあける


<モノポリーズ>

・ボーカル、ギター、木琴のがーこさん
・バンジョーとウクレレの蟻戸さん
・ドラム時々アコーディオンのモリタヤスノリさん
・そしてサポートのチューバの4人組です

・あったかい、ふんわり、かわいい、優しい音
・がーこさんの歌声は凛としていて丁寧で
・手元の生活にさらりとなじむ、自然な歌

・がーこさんは最近お母さんになったそうで
・「授乳室付きスタジオがあったらいいのに」と言ってた
・モリタさんは私と同じ市に住んでいるらしい
・蟻戸さんは津新町駅前の「桐庄家具店」4代目だそうで
・えー、その辺なら時々通ってるよ。今度行ってみよう
・チューバの人(名前失念)は音大生で今年度卒業とのこと
・跳ねるような歌うような低音が素敵でした

・「にゃーにゃーにゃー」とコーラスする曲と
・「桐庄家具店の社歌」がインパクトあった
・「どくだみの花」と「赤い花」もよかった
・初めて聴いたけどすぐ覚えちゃうキャッチーさがある

・途中、蟻戸さんが「え? つぎ何の曲?」と慌てだして
・するとケーキが登場! 蟻戸さん誕生日のサプライズ
・ステージ上でキャンドルを吹き消してみんなで拍手

・本当に楽しかったモノポリーズ、物販でCD買いました
・モリタさん、優しく対応してくれてステッカーいっぱいくれて
・また機会があったら観たいなあ

今月もNOBIROCK楽しかった。アットホームな空間で、食事もお酒も美味しかったし音楽も素敵だった。三重にこういうイベントを企画してる人がいるっていうのが嬉しい。名古屋や大阪に行かなくても素敵なバンドが来てくれるし、地元に素敵なバンドがあるっていう発見もさせてくれる。田舎だけど捨てたもんじゃないぜ、三重。

|

« 忘れないうちに | トップページ | 京都 »

音楽 2011」カテゴリの記事

おとぎ話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地元の良さを再確認しております Vol.2:

« 忘れないうちに | トップページ | 京都 »