« あの夜明け | トップページ | どこまでも行けるさ »

2010/09/13

いざ憧れのライジング

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2010 in EZO
2010.8.13 Fri.~8.15 Sun.

1ヶ月以上前になりましたが、ライジングの思い出を簡単に綴ります。

<Day 1>

快晴! しかし前日まで降り続いた雨で会場が田んぼのような泥沼になっていると知り(Twitterって便利)、急遽札幌で長靴を購入。

いい天気すぎて、入場してすぐ立て続けにビール2杯。それくらいいい天気。ちょっと暑いくらい。

<観た人たち>

チャットモンチー
トクマルシューゴ
andymori
LOVE PSYCHEDELICO
キノコホテル
聖飢魔Ⅱ
スチャダラパー
ハヌマーン

全部観たのは聖飢魔Ⅱとハヌマーンのみ。あとは途中から、または途中まで。


<チャットモンチー> EARTH TENT

アーステントからスタート。前説はここで聞いた。チャットモンチー、ものすごく久々。3人であれだけがつんとごまかしのない音を鳴らしているのはすごい。しかし相変わらずMCがゆるかった。「ライジングとかけまして、北島三郎と解く。その心はー、まつりだまつりだー」って(笑)。


<トクマルシューゴ> MOON CIRCUS

アース→ムーンの長丁場をてくてく歩いてトクマルくんへ。初めて観た。きらきら、ぴかぴか、ふわふわ、どう表現すればいいのかな? とても素敵だった。

それにしても! ドラムの岸田佳也さんが気になって仕方なかった! メガネドラマー、表情豊かに顔で叩くタイプ。私の好きな要素しか入ってないやん! すごく楽しかった。

同時刻にお隣のボヘミアンガーデンでやっている栗コーダーカルテットに対抗して「ピタゴラスイッチ」の歌をやった。トクマルくん、リコーダー頑張ってました。あとはウクレレで「ラジオスターの悲劇」をカバー。

いろんなところでいろんな音が鳴っていてどこを観ていいかわからない。ステージ上に素敵な世界が広がっていた。


<andymori> GREEN OASIS

Twitterで知り合った方とムーンで合流、移動しつつ久々にandymoriを観る。去年ミナホで観た時と比べて嘘みたいに良くなっている。シンプルでストレートなんだけど、何だろう、この中毒性。この日から数日間、頭の中で「CITY LIGHTS」が鳴り響いていた。


<LOVE PSYCHEDELICO> RED STAR FIELD

グリーンオアシスから歩いていって、途中のレッドスターでデリコ。こんな機会でしか観れないのでしばし立ち止まって観る。音も歌声も厚い。迫力があった。


<キノコホテル> CRYSTAL PALACE

入場規制がかかっていたのでしばし待ってクリスタルパレスへ。ハコの雰囲気とバンドの持つ音や空気がぴったりハマってた。妖しい色気。前の方はものすごく盛り上がっていて熱気がすごかった。


<聖飢魔Ⅱ> SUN STAGE

これは観なければ! ライジングで聖飢魔Ⅱって! 圧巻の登場。迫力の演奏。閣下のMCが面白い。下ネタも堂々と言ってた(笑)。「お前を蝋人形にしてやろうか!」のMCで客席がめちゃくちゃ沸いてた。閣下、最後は火を吹いてた!


<スチャダラパー> SUN STAGE

好んで聴くジャンルではないけど、聴くと知ってる曲も結構あるんだなあと再確認。知らなくても楽しかったけど。永積、瀧、卓球、まりんなどゲストが盛りだくさん。永積さんとの「今夜はブギーバック」で盛り上がる。アンコールで出てきた瀧の「お前を五月人形にしてやろうか!」というMCを聴きつつグリーンオアシスに向けて移動開始。


<ハヌマーン> GREEN OASIS

ライジングで一番楽しみにしていたと言っても過言ではないハヌマーン。だって、同じ時間にやってた奥田民生を蹴って行ったんだぜ! ここのところ、それくらいこのバンドに入れ込んでます。

どこが好きって、ベースのえりっさがかっこよくて。特に今回は「Fever Believer Feedback」のベースかっこよくて、びっくりして倒れそうになった。「トラベルプランナー」でベースにトラブルがあったみたいだったけど、さっと切り替えてベースを弾かずに両手でマイクスタンド掴んでコーラスをしてた。あの潔さもかっこよかった。

ギターボーカル山田くん、客席に向かって、「この中にバンドマンはいるか! 俺もそっちにいたし、フェスのスタッフもやってた。お前らは来年ここに立て。俺は来年あっち(メインステージ)に行く!」って。

終演後、新作Tシャツを買って翌日それを着てたら、「そのTシャツ!」と声をかけられた。声の主は何とえりっさ! 超嬉しかった。握手してもらってサイン頂きました。ありがとう!

Nice to meet you / Fever Believer Feedback / 今夜貴方とマトンシチュー / トラベルプランナー / Don't summer
曲順忘れたけど、曲は合ってると思う。


オーサカ=モノレールを遠めに見つつ、ホテルに帰るバスに乗り込んだ。深まる夜、まだまだ音は鳴り響いていた。

|

« あの夜明け | トップページ | どこまでも行けるさ »

音楽 2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いざ憧れのライジング:

« あの夜明け | トップページ | どこまでも行けるさ »