« あれから1年 | トップページ | 僕たちシンデレラみたいだね! »

2010/09/23

悪人はどこにでも行ける

JONNY presents JONNY B. Goode vol.1

2010.9.20 Mon. CLUB ROCK'N' ROLL
出演: Far France、SuiseiNoboAz、ハヌマーン、JONNY

祝日の名古屋でハヌマーン。これは行くしかない!

JONNYというバンドの企画。JONNYは8月におとぎ話とクリトリック・リスとの対バンで観たばかり。Far France とボアズは初めて。楽しみ。

<Far France>

本当はトップバッターはボアズだったのだけれど、渋滞に巻き込まれ到着できず(Twitter情報)急遽変更となって最初に出てきた Far France。イケメン男子ボーカルとかわいいベース女子が目を惹く。始まってみるとドラムが上手くておおーっとなった。

曲はポップながらしっかりとねじれていて、時々ものすごく変(誉めてます)。結構好きかも。「夏! 海! 水族館!」という掛け声から始まる曲が楽しかったな。物販でCD買おうとしたけど行けず。残念。クラブロックンロールは物販付近が異常に混むんだよなあ。


<SuiseiNoboAz>

結構名前は見かけるし、なかなか評判もいいバンド。楽しみ。遅れた到着したためリハなしの模様。セッティングの様子を見つつ、話に聞いていた「ものすごい高さにあるシンバル」がすごく気になる。

音や曲は、どろどろというかざらざらというか、ぎらぎらというか。そんな感じ。でもスケールがでかい音なんだよな。特にギターの音。結構好み。ボーカルくんはきょろきょろしながら歌うのだけれど、あれ、どこも見ていないんじゃないかな。そんな鋭く怪しい視線が気になって仕方ない。そして何といってもベースがすごいね。変態ベースラインだった(もちろん誉めてます)。高音で音数が多すぎて、逆にベースの音が聴こえなくなるという現象が起こってた(笑)。

2バンド観た時点で、「今日のイベントは『ベース過剰祭り』だな」と思った。Far France の女子も結構ぐいぐい弾くし、ボアズはとんでもなくすごいし。ハヌマーンえりっさも超かっこいいし、JONNY の舟橋くんもぐわっと顔で弾くタイプだし(笑)。楽しいぞ!


<ハヌマーン>

さあさあ、ハヌマーンですよ。ライジングから1ヶ月。楽しみ。

セッティングが終わり、ボーカル山田くんが「ちょっと静かに」などと客席に言って、その後歌いだしたのが「一休さん」の替え歌! あまりにも唐突過ぎてうろ覚えだけど「♪ギターはうまいよ一級品、ベースもすごいよ一級品、ドラムもすごいよ一級品、だーけど喧嘩はからっきしだよ三級品」とアカペラで歌ってから(笑。ドラムのピクミンもめっちゃ笑ってた)、「こんばんは、ハヌマーンです!」と言って始まったのは「Fever Believer Feedback」。うわあ、いきなりこの曲かあ! 攻めるなあ! 

やっぱりこの曲のベースがかっこいい。倒れそうになる。次の「今夜、貴方とマトンシチュー」でも指弾きベースがかっこよくて倒れそうになる。「かっこよくて倒れそう」っていう表現が今いちばんぴったりくるのがハヌマーン。えりっさすげえ。かっこええ。

「ハヌマーンなぞなぞの時間です。今日は1回だけです。いつもは4回くらいあるんですが」と山田くん(笑)。「善人は天国に行くと言われています。では、悪人はどこに行くでしょうか?」。客席から「地獄ー?」という答えが出たところで、「正解は『悪人はどこにでも行ける』でしたっ!」という謎MCから「トラベルプランナー」。何度かライヴでも聴いてるけど、今日のがいちばん演奏もコーラスも良かったなあ。

「JONNYは楽屋でかなりナーバスになってました! 出てこれないようにしてやろうぜ!」と山田くん(笑)。攻めるなあ。終始ぎらぎらしてました。

ドラムのピクミンはいつにも増してめちゃめちゃ笑いながら、ものすごい手数を叩いてた。そして・・・太った? ライジングの時には遠目だったので気づかなかったけど。

「リボルバー」と「猿の学生」はシームレスで。「猿の学生」のブレイク後、3つの音がばちっと重なるところがかっこよくて、この日3度目の「かっこよくて倒れそう」が発生。あああ、すげえ。一瞬意識が遠のくくらいすげえ。

今日飛ばしまくりの山田くん。「『亡くなった女を想う』と書いて『妄想』です。『好き』という漢字は『女子』と書きます。このことから、漢字を作った人は男だということがわかります」というMC。おお、確かに(笑)。「いつの時代も男は女に翻弄されるんだ!」というようなMCから(記憶曖昧)、最後は「ハイカラさんは通る」。駆け抜けた7曲。

いつかワンマンで観たいなあ。彼らのホーム、Fireloop で観たいなあ。9/30のは行けない。残念。いつか絶対・・・。

Fever Believer Feedback / 今夜、貴方とマトンシチュー / ワンナイト・アルカホリック / トラベルプランナー / リボルバー / 猿の学生 / ハイカラさんが通る


<JONNY>

最後はJONNY。ボーカルみおさんが8月に観た時よりもセクシーな感じで出てきておお!っとなる。髪型が素敵だったなあ。妖しく歌い、ピアニカも弾いてた。

「顔で弾く」ベースの舟橋くん。すごいうねってて変態なラインを弾いていた(もちろん誉めてます)。すごく硬い口調のMCが何とも言えなかったけど(笑)。

8月に観た時よりも断然よかった。急遽決まったライヴでのトップバッターと、今日みたいな自主企画のトリではそりゃあ当然違うだろうけど、すごく盛り上がってた。ロックだったりポップだったり妖しかったり。中盤にやったムーディーな曲が素敵だった。ギターが美しかったな。

電車の都合で最後まで観れず。残念。もうちょっと観たかった。

***
4バンドごまかし無しのガチンコ勝負。火花がばちばちと音をたててぶつかりあっているようだった。みんなぎらっぎらしてた。こんな雰囲気のライヴは初めてだったかもしれない。

変拍子と情熱。癖になるね。やばいな。

|

« あれから1年 | トップページ | 僕たちシンデレラみたいだね! »

音楽 2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪人はどこにでも行ける:

« あれから1年 | トップページ | 僕たちシンデレラみたいだね! »