« メトロの床がつなぐ縁 | トップページ | 平行の上に立っていた 交差する点を待っていた »

2010/01/24

一人のぼる夜 夢の色 残される僕は

sleepy.ab

paratroop tour
2010.1.17 Sun. アポロシアター

スリーピーのワンマン。

去年3月の名古屋ワンマンで、世界の向こうを見た、と感じた。その後メジャー進出、そして新譜「paratroop」を出して、どんな風景を見せてくれるのか。楽しみ。

山内くんと田中さんの間くらい、前から2列目で見る。肝心の(?)山内くんの足元は見れなかったけど、手元は完璧に見えた。

これが本当にすごかった。

時には繊細に、時には力強く、指でさわーっと弦を撫でたり、e-bowで金属的な音を出したり、ものすごい集中力で音を作っていく。次の瞬間にどんな音が鳴らされるのか、目が離せない。

フロア前方のお客さん、ほとんど山内くんを見てるもんねぇ。普通、ボーカルの方を無意識に見てしまうのだけれど、前の方で成山くんを見ている人なんてほとんどいないんじゃないかと思ってしまった(笑)。それくらい特異なギタリスト、山内憲介。ボーカルマイクもなく、無数のエフェクターを操りながら、ずっと座ってギターを弾く。

だからこの日もMCで「後ろの人、ここにギターの人がいるんですよ(笑)」って成山くんに紹介されてました。立ち上がった山内くん。場内拍手。するとすかさず成山くんに「誰が立っていいと言った!」と言われてました。あいかわらず山内くんには手厳しいな、成山くん・・・。

そんな山内くんが愛用している、マトリョーシカ形のテルミン「テルミさん」を描いたバッジ、物販で好評発売中だそうです!(←山内くんが唯一まともにMCしたことなので宣伝しておきます・笑)

気持ち良さそうに歌う成山くん。もちろん彼の声にうっとりしてしまうのだけれど、彼の優しいギターも好きだ。確か「unknown」と「メトロノーム」だったかな、アコギも弾いていた。それ以外は黒のテレキャス。ふわぁっと空気になじむ歌声と繊細なギター音。アポロの雰囲気によく合っていた。

「夢の花」、ものすごく好きだ。これ、誰か大切な人が天に昇ってしまった歌だと思っている。悲しみと切なさと白い空気と、遺された者の意志。成山くんのあの声で歌われて、目の前で聴いて、染みた。

中盤からの流れが素晴らしかった。「なんとなく」「ドレミ」「メリーゴーランド」「メロディ」「sonar」と大好きな曲が続いた。「ドレミ」は本当に切ない。新譜の中で一番好きだ。月を描いた歌は彼らによく似合う。

「メリーゴーランド」のイントロ、「sonar」のサビ前は、いつ聴いてももため息。それと「アクアリウム」のイントロギターもすごかったな。張りつめた空気に身動きができない。圧倒されてしまった。

そして一転、激しい曲「flee」。大迫力だった。終わった後、大きな拍手と大きな歓声。スリーピーのライヴでこんなに客席が沸くの、私が観た中で初めてかもしれない。

そうそう、このライヴ、男性客がすごく多かった。これまでスリーピーのライヴは女性ばかりだったからこの変化にちょっと驚いたけど、嬉しかった。

田中さんが「いつも名古屋ライヴの後はすぐ移動したり帰ったりするのですが、今日初めて名古屋に泊まります!」と謎MC(笑)。そして客席から謎の拍手(笑)。彼らの出身地・札幌と名古屋は似ている、と成山くん。大通り公園とテレビ塔という共通点が。なるほど。

最後の「メトロノーム」前に田中さんのMC。「ライヴが終わって千歳空港について、そこから家に帰る時の雰囲気を歌ったのが次の『メトロノーム』です」

 僕らの今いる場所が 確かな座標になっていく 新しい時間がここから始まる

ぐっと来た。

アンコール。「雪中花」では完全な札幌の風景が目の前に現れた。「ねむろ」はいつ聴いても心が落ち着く。どんなに乱されている時でも、この曲、この声を聴けばすっと収まる気がする。

ダブルアンコール。「24」。圧巻。

繰り返す音の波と同時に高まる感情。ステージ上の尋常でない集中力。曲の最後、成山くんが半ば叫ぶように力いっぱい、1から24に向かってカウントする。スリーピーをふわふわバンドだと思っている人はこの曲を聴いてどう思うんだろうな・・・と思わず心配してしまいそうな激しさで終盤に向かっていく。山内くんが「13」で立ち上がる。「24」のカウントが終わり、山内くんが左手のボトルネックをスライドさせ、分厚く不穏な音が鳴り響く。最後、すっと右手でボトルネックを指から抜き取り、同時に音が消え、さらに同時に照明が落ち、終演。

鳥肌。

***
メジャーデビューして何か変わったのかもしれない。すごい安定感があった。
でも、たぶん、何も変わっていない。そう思う。

言葉を超えた何かがスリーピーにはあると再び思った。形而上の世界。
見えない世界に触れさせてくれるバンド。唯一無二。


<セットリスト> ナハト・ムジィク~アクアリウムの間が記憶曖昧

SE.
mori

ダイバー
四季ウタカタ
inside
夢の花
ナハト・ムジィク
インソムニア
unknown
アクアリウム
なんとなく
メロウ
ドレミ
メリーゴーランド
メロディ
sonar
flee
メトロノーム

en.1
雪中花
ねむろ

en.2
24

|

« メトロの床がつなぐ縁 | トップページ | 平行の上に立っていた 交差する点を待っていた »

音楽 2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一人のぼる夜 夢の色 残される僕は:

« メトロの床がつなぐ縁 | トップページ | 平行の上に立っていた 交差する点を待っていた »