« 二度とない今日 戻らない昨日 | トップページ | 10月3連休 »

2009/10/17

大阪にも似たよな たまげた

monobright

ONE MAN LIVE 2009 "BRIGHTEST HOPE"
2009.10.12 Mon. なんばHatch

私にとっていま一番、余計なことを考えずに楽しめるバンド。
(ちなみに少し前はこれがキャプテンストライダムだった)

OTODAMA友達にも会いたくなって、ついついチケットを取ってしまった。ライヴ中もライヴ前後も本当に楽しかった。行って大正解!(前後のことは別記事で)

巨大なHatch。キャパの半分か、どう多く見積もっても2/3くらいしか入っていなかったけど、踊るスペースがあって非常に快適だった。良いのか悪いのか。

客電が落ちて4人登場。アー写になっている例の服装。

「20th」でスタート。ギュイーンと鳴るギターがかっこいい。まっつんかっこいいなー。4人の姿がよく見える場所にいたのだけれど、結局まっつんばかり見ていたのかもしれない(と後で反省)。動きとか、腰の辺りとか、セクシー過ぎる!

「未完成」の前だったか後だったか、モモが「ネクタイが邪魔!」とモタモタしながら外す。そして頭に巻きつけて「これでいってもいい!」とか言ってる(笑)。酔っ払いのおっさんか。しかもツアータイトルを言おうとして噛んだりと、早くもモモの魅力が全開!

「STEREO FREAKS」の前に「大阪の、大阪による、大阪のための・・・」と言おうとして何かよくわからなくなってたモモ。いい曲なのにいちいちその前フリで笑えてしまって困ってしまう。

「魔法のライター」、好きだ。この曲や「歌も僕との妄想」など、モモの声がよく伸びて広がっていくしっとりしたナンバー、ライヴで聴くと本当によい。

そして「boy」で何とまっつんがボーカル!! 小さく叫んでしまった。ボーカルきつそうだったけれど、あああ、素敵だな、まっつん。うっとり。・・・と、まっつんのフェロモンにやられている私は、今なら「普通の女子」になれる気がします(嘘)。

ちなみにモモは電子ドラムをスティックで叩いていた。曲冒頭、モモ→たっきぃとのかけあいが楽しかった。

その後スタッフが出てきて、イスなどの機材を置く。アコースティックセットのよう。電子ドラムとかアコースティックとか、スペシャルな感じがいかにもワンマン。楽しいな!

モモが「これ何だと思う? せーの」で客席に何かを言わせようとしていたけど、ざっくりしすぎて何かわからんわ!(笑) ということでモモが「弾き語り!」と自分で答えを言っていました。まあ、これは「弾き語り」ではなく「アコースティック」ではないのかというツッコミは置いとこう・・・。

たっきぃがスネア・バスドラ・シンバル1枚のミニセットをマレットがついたスティックで叩いていた。面白い。なぜアコースティックの定番「カホン」じゃないのかとモモに訊かれ「ドラマーだから・・・」と答えてたのにみんな思わず拍手。一言しかしゃべってないのに美味しいところ持ってくなあ、たっきぃ!

まず「music wonder」。ライヴで聴くと何ともいい曲だな。次が「物語」。途中「今宵も男女が出会い」の途中「今宵も男」で止めて、引っ張る引っ張る。まるでユニコーン・アベショーの「走りつー」状態(笑)。モモのぐだぐだなトークとか、まっつんのツッコミとか、笑い出したでーさんに「おい、プロだろ、何笑ってんだよ!」とモモが突っ込むとか、それはそれはカオスな展開。笑いすぎて死にそうだった。でも演奏を再開した後は、おお!と思った。よかった。

最後は「涙色フラストレーション」。音源で聴いた時にはそれほど思わなかったのに、ライヴで聴くと本当にいい曲。メロディも歌声も演奏もよい。キラキラしているけど、切ない。こういう歌を歌わせたら、モノブライトは抜群にいい。

この後、後ろのスクリーンに映像が映し出され、最後の大盛り上がり大会へ!

「JOY JOY」ではPVが所々映し出されていた。そして続いて「踊る脳」。汗をかくくらいに踊って跳んだ。この3連休、「初日ライヴ、2日目オール明けで昼からビール、3日目このライヴ」という超ハードスケジュールだった私ですが(この3日間楽しすぎたので別記事で綴ります!)、勝手に体が動く! 楽しくて踊らざるを得ない! 客席、異常な盛り上がり。

「デイドリームネイション」「学校」もライヴで格段にかっこよくなるから好き。そして楽曲単位では一番好きかもしれない「WARP」! ねじれてるけど力強くてかっこいい。ねじれポップ大好き。本編最後は「アナタMAGIC」でばーんと開けて終了。

アンコールは「SGS」→「OSK」と「頭の中のSOS」。あほみたいに踊った、というか踊らされた。頭を空っぽにして、いらないことを考えずに衝動に突き動かされて踊るの、楽しい! 何とでもなれー!

どの辺りだったか、FM802のイベントで来月ここHatchでライヴをやるという告知。対バンがビークルとsalyu。「きっとsalyu、僕らのこと嫌いです! こんな対バンを考えた802に責任がある!」と叫ぶモモ(笑)。

ダブルアンコールは初披露「孤独の太陽」。ドラマ主題歌ですかー。影があるけどきっちりストレートに届きそうな曲だった。ドラマでモノブライトを知った人がCDを買うかもしれないけど、カップリングが「SGS」だからなあ(笑)。普通の人、これ聴いたらどう思うんだろう?(自分が普通でないという自覚、ちゃんとありますから!)

終演後は「JOY JOY」が流れて、フロアで例のダンスを踊っているお客さん多数。みんなわいわいやっていて非常に楽しそうだった。

本当に楽しかった。燃え尽きてしまって翌日が心配になるくらいだった。終わったー!踊ったー!と心から思える、開放感のあるライヴだった。次週は日比谷野音。きっとこれも楽しくなるんだろうな。行く人、期待大だと思うよ!


<セットリスト> まったく自信がなくて友達のところから拝借。

20th Century Lover's Orchestra
ヒーローヤング
未完成ライオット
STEREO FREAKS
魔法のライター
The 2
boy
R+C
歌も僕との妄想

(アコースティックで3曲)
music wonder
物語
涙色フラストレーション

JOYJOYエクスペリエンス
踊る脳
デイドリームネイション
学校
WARP
アナタMAGIC

en1.
SGS
頭の中のSOS

en2.
孤独の太陽

|

« 二度とない今日 戻らない昨日 | トップページ | 10月3連休 »

音楽 2009」カテゴリの記事

コメント

私もまっつんを前に妄想全開させてた女子の一人です(笑)。
同じクネクネしてても「セクシー(松下)」と「変態(桃野)」に分けられてしまうのがmonobrightのいいところでしょ、やっぱり。

投稿: さる | 2009/10/19 01:14

さるさん:
よかった、他に妄想女子がいて(笑)。
何かもうやばいっすよね。ここ近年で一番ヒットなセクシー男子です。

>同じクネクネしてても「セクシー(松下)」と「変態(桃野)」に分けられてしまう

うははは! そうか、「1粒で2度おいしい」のか!
モモも好きですけどね。空回っている感じがたまらない。

そう思うと、すごいフロント2人だな・・・。
でーさんもたっきぃもキャラ立ってるし、何て面白いバンドなんだろう。

投稿: yama(Key) | 2009/10/19 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪にも似たよな たまげた:

« 二度とない今日 戻らない昨日 | トップページ | 10月3連休 »