« NFL 2008-9 week12 | トップページ | 関西学生リーグ 最終節 関学-立命 »

2008/12/02

「ぼうねんかい」の「ぼう」は希望の望だから!

RUFUS
「Pocket Full of Nothing」リリースパーティ
2008.11.30 Sun. 梅田シャングリラ

ゲスト:THE BRYAN、24-two four-、アナ
DJ:Handsomeboy Technique

関西学生リーグ最終戦の日、帰り道の梅田でアナのライヴがあるということで、これは行かねばならんでしょう。RUFUSのレコ発ライヴ。終電を考えると、メインのRUFUSはほとんど観れそうもないんだけれど。

ドリンクを引き換えるためにカウンターに行くと、バーテンさんがクリームチーズオブサンの原田茶飯事さんだった。あのベレー帽とメガネ、よく目立つから間違えようがない! 8月にクリチーとアナの対バンでここシャングリラに来たんだよなー。

まずはゲスト陣が登場。

<THE BRYAN>
あっつい直球のロック。若者たちが今の瞬間しか出せない音を出してる。嫌いじゃない。ベースボーカルくん、情熱的でもっさいんだけど、かっこよかった!

<24-two four->
一度観てみたいと思っていたバンド。幕が開くと、ドラムがおかしな位置にセットされている。ステージに向かって左手端っこ。奏でられた音はハッピーで踊れるキラキラした曲ばかり。自然と笑顔になる。元気がない時に観て、ほっこりさせてもらえそうな感じ。

<アナ>
さあさあ来ました、アナ。

始まりは「血湧き肉踊る」。サンプリングを駆使した音づくりが楽しい。そのサンプリングに、NOMAさんのはっきり輪郭のあるビートや山内くんのジャリジャリしたギター、そして大久保くんの淡々としつつも甘い歌声が載っていく。盛り上がっていくフロア。次の「LAZY」でがっちり力強く攻めておいて。

その次が「WEST」。

やったー! 思わず2度ガッツポーズをしてしまった! こんな歌詞の曲。

返事を待つあの人は そもそも手紙を書いていない
風の便りを聞いたとか そもそも風が吹いていない
都会の風は僕らを 吹き荒んでも
Everyday またBackした こんなはずじゃないのに
夢にまで見る過去の話 こんなはずじゃないのに

この曲、アナの曲の中で1番好きだ。切なくて、美メロ。ぐっと胸を締め付けられてしまう。青い空気感、未練でいっぱいの言葉たち、誰を責めるではなくひとりで傷ついている自分。そんなアナの世界観がいっぱい詰まっている、彼らの代表曲。

最後の銃声と同時に、大久保くんがギターで大内くんを撃つアクションをして、大内くんがステージ上で倒れた。動かない。そのままインスト曲に載ってメンバー紹介。それでも大内くんは倒れたままだ。おーい大内くん! 大久保くんが「もっと盛り上がらないと立たないって!」と煽ると、やいやいと沸くフロア。すると大内くんが立ち上がってギターをジャリジャリ鳴らす。私、この人のギター、かなり好きだ。

「PASS」も盛り上がる曲。しかも歌詞がすごく素敵なのです。

あなたが通り過ぎた きっとそれだけのことさ
あなたを思いすぎた きっとそれだけのことさ

という決め台詞にクラっとくる。かっこいい。でも切ない。

新曲もかなりよかった。大久保くんがハンドマイクで歌う。珍しい?

最後はいつもの通りインストで終了。このインストが掛け値なしにかっこいい。踊って踊らされて、煽って煽られて、すっかり気持ちよくなって終了。

MCも面白い。大久保くんのトーク集。

* レコ発お祝いの言葉
  「『Pocket Full of Nothing』リリースおめでとうございますー!」
  「ナッシングでポケットがいっぱい、という意味ですか」
  「みんなでRUFUSのポケットをキャッシュでいっぱいにしてやろうよ!」
  「でも、キャッシングでいっぱいという話も。ギリギリでやってるとか(笑)」

* 「僕たち今日が今年のラストライヴなので、忘年会のつもりでやってます」
  「もちろん『ぼうねんかい』の『ぼう』は希望の望だから!」

こういうブラックな感じとかクサい感じとか、嫌いじゃないよ大久保くん。

ザッツエンターテイメント。もっと売れてもいいと思うんだけど。実力はある。クオリティも高い。楽しい。キャラも立ってる。何で売れないんだ。正直、その理由がよくわからない。確かにガンガンライヴに回っているわけでもないし、ことし新譜も出なかったからなんだろうけど、彼らの知名度がこんなに低いことに歯がゆい気持ちでいっぱい。観る機会があったら、一度観てほしいバンドです。一押し。

血湧き肉踊る / LAZY / WEST / PASS / 新曲 / inst.

そして主役登場。

<RUFUS>
すみません。終電の都合で2曲しか聴いてません・・・。実は音源すら持ってないのだけれど、思ったより骨のあるギターロックなんだな、見た目と違って(失礼)。だって、男前だけど結構かわいいんだよ、RUFUS!

**
アナ、本当に楽しかった。秋頃に福岡から上京したらしい。今後精力的に活動するのかな? 新譜、そしてツアーを頼みます。いい「望年会」ができたから、いい来年になると思うよ! 期待してます!

|

« NFL 2008-9 week12 | トップページ | 関西学生リーグ 最終節 関学-立命 »

音楽 2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ぼうねんかい」の「ぼう」は希望の望だから!:

« NFL 2008-9 week12 | トップページ | 関西学生リーグ 最終節 関学-立命 »