« 鬼を笑わせる | トップページ | NFL 2008-9 week13 »

2008/12/07

難読バンド、3組の共演

te'
3rd album 「まして、心と五感が一致するなら全て最上の『音楽』に変ずる。」
release tour
2008.12.6 Sat. 梅田シャングリラ
出演: te' / sleepy.ab. / 8otto

ツアータイトル(=アルバム名)、長っ! そしてバンド名、読みにくっ!というライヴです。それぞれ「て」「すりーぴー」「おっとー」と読みます。

(追記) ↑「共演」じゃなくて「競演」が正しい?
  
***
去年の同じ日、12/6にもオットーを観たのでした。すごい偶然。そして、去年たまたま同じライヴに居あわせた方と待ち合わせしてからシャングリラへ向かう、という素敵な展開に。1年巡って、同じ日に同じ人と同じバンドのライヴを観るって不思議な縁を感じます。

彼女のお友達と3人でお茶。かわいく真面目に楽しく生きている、素敵な平成生まれの子たちでした。こんなおばちゃんの誘いに付き合ってくれてありがとう。音楽ネタもいろいろ話せて楽しかったのですが、実は3人とも同郷なのでこれだけ年齢が離れていても話題は尽きず。私の同級生を知ってたりとか、まあ何と世間は狭い。

さて、1週間前とは違って、ぎゅうぎゅう詰めのシャングリラ。

<sleepy.ab>
最初はスリーピー。意外。
今年3回観たスリーピーですが、今日が一番良かった。想う壺音泉の時は深夜だったから、何だかんだ言いながら疲れてたんだろうな。今回は良い具合に酔ってたというのもあるのかも。本当に夢の世界のようで、気持ちよくて何度もふっと意識が飛びました。

最初は「メリーゴーランド」。いきなり夢の中。うっとり。続く「四季ウタカタ」が本当に良かった。山内くんが弾くイントロが本当に素晴らしくて、そこから透明な成山くんのヴォーカルがサビに向かって徐々に力強くなっていくのが印象的。新曲「アクアリウム」では、水が泡となって浮かんでいく様子が目に浮かぶようだった。最後の「Scene」は本当に良い曲だなぁ。最後の盛り上がる所で、ふわっと意識が飛んだ。そして今さらながら、山内くんがあの音を全部ギター(+エフェクター)だけで作っていると思うと溜め息が出た。そんな山内くんが最後は立ってギターを弾いてた! 初めて見たよ! かっこいいじゃないですか。

スリーピーを聴くと、雪が積もった真っ白の光景と、あったかい部屋でぬくぬくと幸せに過ごしている感覚を同時に思い出す。要するに、冬が似合うバンド。

でも、しゃべると面白い、ギターヴォーカル成山剛くん。

・昨日大阪に前乗りしてホテルで寝ていたら、夜中に火災報知器が鳴った
・すっごく小さい声で「火事です、火事です」という放送が(笑)
・僕はパニックになって「何! 何!」と大騒ぎしていたのに
・山内がすごく冷静で
・(ステージ上で)いるのかいないのかわからない山内が
・「見えてるの、私だけなんじゃないか」って思っている人もいるはず

仙人か妖精ですか、山内くんは(笑)。

・その彼が現場を仕切って、「静かに!」って
・彼はリーダーです!

そんな素質が山内くんにあったんだ!(失礼ながらそのようには見えない)

終演後、会場限定販売のライヴ盤CDを買ったら、物販にいたドラムの津波さん以外3人のサインを頂けました。3人とも優しくていい人! 成山くん、かわいいわー。

セットリスト:
メリーゴーランド / 四季ウタカタ / メロディ / アクアリウム / spinal code / Scene


<8otto>
何と1年ぶりのオットー。久しぶり。
実は最新アルバム「HYPER,HYP8R,HYPER」をあまり聴き込んでいなくて(曲名を覚えていないのでセットリストもあやふや)ついていけるかなと思っていたのに、赤いカーテンが開くと同時に爆音が鳴って一瞬にしてオットーの世界に引きずり込まれていった。CDの淡々とした空気とはまったく違う、ライヴの激しさ。

「お前らをぶった切ってやる!」というマエソンの叫びで始まった「KATANA」に文字どおり斬られ、「Counter Creation」ではバスドラではなくTORAさんのベース音で床が振動してえらいことに。アガった! 「china」のダイナミズムの波、ストイックに鳴らされる音と最大の力で鳴らされる音の差に、これまた大興奮。新アルバムの中で一番好きな曲「REAL COKE'S FRIEND」を聴けたのは嬉しかった。そして「Voo Dooバウアー」で大暴れするマエソン。1年ぶりに見たマエソンが、ものすごくセクシーになっていてくらくらした。

暴れ、叫ぶマエソンを見て、「肉食獣」という言葉を連想した。自分の本能的な部分、動物的な部分に刺さるライヴだった。アナログフィッシュのライヴは理性的に根元的な部分から私の感情を刺激するバンドだと思うのだけど、オットーは動物的な部分から私の根っこや感情に迫ってくるようだった。

この意味、わかった。本当に理解できた。

ということで、この感覚を思い出すために、時々オットーを観ないといけない、と思った。

セットリスト(超不完全):
やったのは、REAL COKE'S FRIEND / KATANA / Counter Creation / china / RIWO / Voo Dooバウアー
これもやったはず? MACHINEGUN BEAT(1曲目?) / Bomb / / 1977
あと何曲かやったはず。HYPER HYPER HYPER か?


<te'>
終電の関係で5分しか観れなかった。ステージ上、客席とも大暴れ。

***
シャングリラのいい所:
前の方は意外に音が聴きやすい。
シャンデリア、ミラーボール、赤いカーテン等、雰囲気が独特。

シャングリラの悪い所(自分的に):
駅から微妙に遠い。そして何といっても終演時間が遅い! だからte'観れず!

スリーピーもオットーも良かった。それだけに、最後まで観れなかったのが残念。te'なんて次いつ観れるかわからないし。それでも行って良かった。いいライヴ納めとなりました。

|

« 鬼を笑わせる | トップページ | NFL 2008-9 week13 »

音楽 2008」カテゴリの記事

コメント

6日はお疲れさまでした&ありがとうございました◎

まさかまさかのご縁があったり、らじばんd(ry)、
驚きっぱなし・笑いっぱなしの1日でした´ω`*


あの日の8ottoは、ほんまにここ数ヶ月の中でベストと言えるナイスライブでした

te'もとんでもない盛り上がりで、最初はあまりの凄さに圧倒され立ち尽くしてしまいましたが、気付けば最後には、みんなに混じってオイオイやってました(笑

クララの起立も拝めたり(笑)、どれをとってもベストアクトと呼べる素敵なライブでした


唯一の心残りは、クララ(山内氏)のプレイが人の影で全く見えんかったこと…
あ、あとお財布が空腹でsleepyグッズに手が回りませんでした(ノД`)・°・
(仕事にも使えるte'の黒Tシャツは買いました


またぜひ一緒にライブ行かせてくださいネ!´∀`
ありがとうございました◎

投稿: ちひろ | 2008/12/09 01:29

ちひろさん:
こちらこそ、どうもありがとうございました。ピンポイント過ぎて何だかねぇ、という世間の狭さも再確認できましたし(笑)。

オットー、ここ最近のベストライヴでしたか! マエソンってこんなにセクシーだっけ!?と思いましたよ。演奏もキレまくっていて、本当にかっこよかったです。

te'、私も観ていたら、ワイワイ騒いでただろうなぁ。

スリーピー山内さんを見るベストポジションは「右足が見えるところ」だろうなーと思います。どんなフットワークなのか大変気になります。サインを頂きに物販に行った時、「立ってギターを弾くの、初めて見ました!」と伝えたら、笑われました(笑)。

物販で買ったライヴ会場限定版(+通販も開始!)「LIVE@Sapporo Concarino」が本当に素晴らしいです。あれから毎日通勤途中で聴いていますが、澄み切った音は鳥肌モノです。お財布に余裕があれば是非!

投稿: yama(Key) | 2008/12/10 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 難読バンド、3組の共演:

« 鬼を笑わせる | トップページ | NFL 2008-9 week13 »