« NFL 2008-9 week10 | トップページ | いち早く情報が漏れ聞こえてきたのは、良かったのか悪かったのか »

2008/11/17

魔王

石田ショーキチ
Death Match Tour Going West !!
2008.11.9,Sun. 今池得三
opening act:村松ショータローとニューインディアンデスロック

得三に来たのは、2年前の石田ソロツアー以来。雰囲気が良くて、来ると飲みすぎてしまうこのライヴハウス。ここは飲み屋さんでもあるのでドリンクもフードも充実している。思わず飲みすぎてしまうのも仕方ないよね。いつか週末のライヴでここに来て、ぐだぐだと朝まで飲むのが私のささやかな願いでございます。

<村松ショータローとニューインディアンデスロック>

前座として登場するこのバンド、ギター&コーラスが石田。前座にも登場するメインアーティストって(笑)。CDも持ってなくて初めて聴きましたが、清々しさすら感じさせるストレートなロック。客席も盛り上がっていて、ショータローさん、本当に嬉しそうでした。「名古屋、好きになっていいですかー!!」という名言が。

今回「2,000円相当のプレゼント」がもれなくもらえるということで、「デスロックの1stアルバム」または「デスロック初ライブのDVD」が選べた! アルバムをもらってきたのでちゃんと聴きます。ありがとう!

<石田ショーキチ>

転換時、2台のキーボードがセットされた。ステージの左右に一台ずつ。向かって左のキーボードはセンターマイクのすぐ横だから石田が弾くのだろう。向かって右のキーボードは奥に置いてあるから、きっと佐々木さんのだ。石田は客席を見て弾き、それを佐々木さんが背中から見るいうことか。不思議な位置のセッティングだなー。

今回は「原点回帰」をキーワードに、新たにキーボーディスト・佐々木健太(名前がすでにツボ)を迎えてのツアー。何とこの方、もともとドラマーなんだそうですが(!)、打ち込みではなく生キーボードで鳴らされるスクーデリアの曲が聴けるなんてわくわくしてしまう。

最初からいきなり「Better Days」! イントロだけで広く明るく、希望溢れる世界を見せてくれるこの曲、本当に名曲。「Love your life」で生キーボードを堪能。緻密に作りこんだ打ち込みのサウンドも好きだけど、生音の生き生きした空気も素敵だ。「Mirage」がこんな序盤に来ていいの?と思いながら盛り上がる。楽しい!

MCでDMCの話題。石田はこの作品で何曲か作曲と演奏をしているのですが。

「では、『魔王』やります」

うそー! 完全に予想外! まさか石田の演奏+歌唱で聴ける日が来るとは! まあ、元々メタル風味のギターを弾く人ですから演奏上は大きな違和感はないのですが、歌詞がアレなので(笑)。しかしながら、実際にライヴハウスでこの曲をやって、客席は拳を突き上げて「魔王!魔王!」ってやっちゃったんだよ! これは事件だ!

その次がさらに反則。完全に決め打ち。

「悪魔の歌の次は、天使の曲をやります」

と言って「Seth」。この曲は「シティ・オブ・エンジェルス」という映画がモチーフになっているのです。甘く切ないラヴソング。こうやって緩急をつけてくるところが憎い。ちなみにこのリンクの前後でソロアルバムのセルフライナーの続きがあるのですが、面白すぎるので読んでみて下さい。特に「砂の城」は大爆笑!

そして最大の見どころ、ツインキーボードで臨んだ「200 miles away」。スクーデリアの中で一番好きな曲。この歌詞が描く世界、フルカラーではっきりと映像が脳裏に浮かぶ。美しい世界。その世界を立体的に立ち上げるイントロ。そしてアウトロでは、石田の背中を見ながら手元を合わせていく佐々木さんの姿、画になりすぎてちょっとした感動すら覚えてしまったのでした。素晴らしかった。

「サマーレイン」「太陽道路」で大盛り上がり、最後は何とモーターワークスの「ステレオラヴ」で本編終了。ああ、この曲、しばらく聴いてなかったけどポップで素敵だなと改めて心酔。

アンコール。本編ではずっとミラージュを弾いていた石田、最後はフライングVを持ち出し、「ブラックバード」を弾き倒す。それでも拍手は鳴り止まず、最後に挨拶をして終了。

***
石田のライヴは裏切らない。

素敵なメロディとかっこいいギターを聴いて、心いっぱい満足して帰途に着いた。いい夜だった。さらに言えば、当初行くか迷っていたんだけど、自分にとって大切な音、人、空間を思い出すために、この人のライヴには定期的に足を運ぶべきなのだと思った。本当に行って良かった。

<セットリスト>

Better Days
スカイウォーカーチルドレン
Love your life
Mirage
魔王
Seth
200 miles away
Fruits in season
サマーレイン
太陽道路
ステレオラヴ

en.
ブラックバード

|

« NFL 2008-9 week10 | トップページ | いち早く情報が漏れ聞こえてきたのは、良かったのか悪かったのか »

音楽 2008」カテゴリの記事

コメント

いやぁ、ホント楽しい感じが伝わってくるなぁ
なんか勢いを感じるもの

いい夜でしたねぇ~

投稿: | 2008/11/17 20:43

↑前記事と同じく、こちらもお名前がない!
コメントまたはメールでお知らせください。お願いします。

いやあ、本当に楽しかったですよ。
石田ショーキチ、マイナーだと思いますが、本当によいアーティストだと思います。プレイヤー/ソングライター/プロデューサー、どの分野でも素晴らしいお仕事をしてます。

でもご本人は、車と自転車とB級グルメと釣りを愛する、素敵なおっさん(もとい、お兄さん)です(笑)。一時期彼のブログは食べ物の写真しか載ってなかった・・・。面白い人ですわー。ライヴでのMC、いつも大爆笑です。

投稿: yama(Key) | 2008/11/17 23:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔王:

« NFL 2008-9 week10 | トップページ | いち早く情報が漏れ聞こえてきたのは、良かったのか悪かったのか »