« NFL 2008-9 week3 | トップページ | 秋冬の予定 2008 »

2008/09/28

タイムマシーンは いらない 陽炎のような今がほしい

夕刻、食事に出かけようと外に出たら、もうすっかり秋の空気。
湿度が低くなり軽くなった風がさらっとすり抜けていった。
肌寒い。日暮れも早く、切ない季節。

大好きな秋冬がやってきました。

先週、名古屋パルコのタワーレコードで購入したCDのレビュー。
長くなるのでたたみます。

Odani Misako Trio / 小谷美紗子

去年、アナログフィッシュの対バンで観た小谷美紗子トリオ。圧巻の演奏に度肝を抜かれ音源が欲しいとずっと思っていたのですが、ソロ、トリオ含めるとたくさんCDが出ていてどれから買えばわからない状態でした。この夏にトリオのベストが出たということで、喜び勇んで購入。

いったい何だ、溢れ出るこの感情は。

小谷さんの圧倒的な歌声とピアノの演奏、そしてドラム玉田豊夢さんとベース山口寛雄さんのものすごいグルーヴはライヴで体感したけど、今回歌詞を読んだらいろんな感情が湧き出してどうしようもなかった。彼女の歌のほとんどは「失恋の歌」で、渦巻く女の情念をあらわしたもの。私にはそんな辛い恋愛経験がほとんどないから(まあ、恋に関してはそんなに数をこなしてないからね・笑)、今までこういう歌にそれほど興味がなかったのだけれど、小谷さんの強い歌に心が揺さぶられて切なく愛しい感情に胸が潰されそうだった。

ドラマ「ゴンゾウ」の主題歌になった「Who -08-」
 
 こんな夜は薄っぺらなどんなラブソングでも
 聴くたびに思い出す空 剥がれて落ちる
 行かないで 行かないでよ 記憶の向こうへ
 知り過ぎず 美しさだけ 私は覚えている

ライヴで聴いて「うぎゃあ!」となった圧巻ナンバー「消えろ」

 走れ 走れ 止まるな 逃げろ
 上がれ 上がれ 今、辛くとも
 どうせ いつかは 必ず 死ねる

そしてこのアルバムの中で一番素晴らしいと思う「照れるような光」

 私には 幸せが似合わないけれど
 あなたには 幸せがとても似合うけれど
 そんな二人がまだ 一緒にいても良いよね
 陽のあたる場所にいてもいいよね

この曲をライヴで聴いた時、胸をぎゅっと鷲づかみにされたような気がしたのを思い出した。そしてその時は叶わなかった恋の歌だと思っていたのだけれど、歌詞を読んで「これはこのCD唯一の幸せソングなんだ!」と気づいた時の衝撃たるや如何に。

辛い恋の末に揺るがない幸せを手に入れた時でさえも、慣れない幸せを信じきれず足がすくむ思いがするなんて! 何て切ないんだろう。こういう感情を自分の実生活で感じたことのない私でも、想像すると泣きそうになる。小谷さんのライヴに行ったら泣ける自信、100%あります。絶対泣く。リアルに私を知る友人知人から見たら、恋の歌で泣く yama なんて想像つかないだろうけど(笑)。自分でもこの状況にびっくりしております。それくらい、小谷さんの歌は素晴らしくて強い。他のCDも今から買い漁ります。アルバム全部揃えてやる!

それとやはり、アナログフィッシュ「Sayonara 90's」でも叩いていたトムさんのドラムが最高。かっこよくてセクシーでメロディアスでグルーヴあり過ぎで、くらくらします。このままでは100sのCDも買っちゃう勢いだな、これは。

|

« NFL 2008-9 week3 | トップページ | 秋冬の予定 2008 »

音楽 2008」カテゴリの記事

コメント


Whoが大好きで、今でもずっと聴きまくってます

恋愛経験がなくとも胸に沁みるって、すごい力ですよね〜…(切ないやらなんやら

投稿: ちひろ | 2008/09/28 23:59

ちひろさん:
おお!コメントありがとうございます!
小谷さんについて語れるなんて嬉しいです!

「Who」いいですよねー。
「♪こんな夜は薄っぺらなどんなラブソングでも-」というところが本当に好き。
メロディと言葉のリズムがぴったりハマってる。

「Who」の世界は「切なく美しい片思い」って感じの恋愛ですよね、きっと。
でも10曲目「Rum & Ginger」なんて、男を寝取られた歌ですからね(笑)。
土井ちゃんの番組(SSTV MUSIC UPDATE)にゲストで出ていて、「彼氏の浮気現場を目撃して、すぐ自宅に帰って作曲してできた曲」とご本人自ら説明してましたから・・・。
かなり激しい曲です。歌詞も過激。でもかっこいいです。

どのメロディにも歌詞にも「強さ」が感じられるんだよな。稀有なアーティストです。

投稿: yama | 2008/09/30 00:02

へぇ。。
私も聞いてみようかな^^

投稿: ako | 2008/09/30 09:56

akoさん:
お久しぶり! 恋のハナシが似合う女、登場!(笑)
akoさん、私よりよっぽどそういうの得意そうですよねー。

音楽ネタの記事はいつも反応が薄いのですが、こうやって少しでも興味を持ってもらえると嬉しいです。

小谷さん、いいですよ。とりあえずこのベスト盤をお薦めしておきます。歌詞をじっくり読むも良し、強い演奏を楽しむも良し。

1月にライヴツアーがあるみたいです。行きたいなー。

投稿: yama | 2008/09/30 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイムマシーンは いらない 陽炎のような今がほしい:

« NFL 2008-9 week3 | トップページ | 秋冬の予定 2008 »