« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008/05/29

音楽の力

前から何となく自覚していたのだけど、わたくし、今いる部署で浮いてるみたいだ。私が会議で力説していることは周りの人々にとって「理想論」と一蹴されているようだ。「現実はそんなに簡単に変えられない」というようなことを言われた。

理想を語って何が悪い。希望を持って何が悪い。現実を見ていないわけではない。現状に満足していないから前を向いて進んでいこうと言っているだけなのに。

浮いている私を勇気づける歌。スピッツ「スーベニア」の「みそか」という曲。

 浮いて 浮いて 浮きまくる 覚悟はできるか

どれだけ浮いても、現実から逃げず、理想を掲げて希望を持ちたいと強く思う。

***
そんな周囲の状況に落ち込むこともあるわけですが、そんな鬱屈を晴らしてくれたのがこれ。

Thunder Lightning Strike / The Go! Team

アナログフィッシュの「出囃子」が The Go!Team の曲だということはどこかで聞いていて何となく覚えていたのですが、曲名まで知りませんでした。しかし先日、公式BBSでその曲名を質問する人が登場してやっとわかった。このアルバムの5曲目、「Get it Together」です。近所のブックオフにあったので思わず購入。

このバンドの何でもアリ・ごった煮な感じと、アナログライヴのわくわく感が蘇ってくる感じとがあいまって自然とテンションが上がる。憂鬱な朝の通勤時間、カーステレオで聴けば「頑張るぞ!」と思える。音楽って素敵だな。そしてそうやって素直に音楽を心に染み込ませることができる自分もそんなに悪い奴じゃないよなって思う。自画自賛だが頑張れ自分。自信を持って自分の道をゆけ、って自分に向かって言う木曜日。

明日も頑張ろう。明日が終われば週末だ! 土日は広島へ行きます。大学の同級生の結婚式と、それに合わせてセッティングしてくれた研究室同期の同窓会。みんな元気かな。楽しみ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/05/24

頭ん中なら自由だ

この人たち、頭の中だけじゃなくていろんな部分で自由すぎる。想像を超えてた。これは面白いことになりそうだ!

きのう第一報をナタリーで知り、そのあとオフィシャルでも。
アナログフィッシュ、ニューアルバムの詳細が明らかになりました。

***
アナログフィッシュ
Fish My Life
 2008年7月16日 発売
 2000円(税込)AFQT-1
 PORT RECORDS/QUATTRO DISCS

<収録楽曲>
 1 才能(intro)
 2 ダンスホール
 3 PARADOX
 4 Clap Your Hands!
 5 Sayonara 90's
 6 ほら
 7 無力のマーチ
 8 いずる
 9 Lover

<ゲスト参加アーティスト>
亀井亨(GRAPEVINE)、藤田勇(MO'SOME TONEBENDER)、川崎"フィリポ"裕利(髭(HiGE))、佐藤"コテイスイ"康一(髭(HiGE))、菊住守代司(キャプテンストライダム)、玉田豊夢、森信行、木村ひさし

***
9曲に対してドラマー7人!(+健ちゃんも叩いているという噂も!) すっごいことになってます。てっきり全曲もっくんが叩くんだと思っていたので。豪華なメンバーの中で個人的に嬉しいのは、もりよしさんとトムさん。

「才能」以外はライヴでやったことがある曲ですね。私は「ほら」「無力のマーチ」「いずる」を初めて聴きます。楽しみ。「PARADOX」と「Lover」が音源になるのは嬉しくてたまらないのですが、「Life goes on」と「ライトブライト」が入っていなのが意外で残念。どちらも超名曲なので、お願いだからいつか音源化して頂きたいです。

イントロの「才能」が終わって「ダンスホール」がバーン!と勢いよくスタートする様を、今から脳内で再生してはどきどきしてる。我ながらおかしくて気持ち悪いですね。友だちの皆さん、引かないで下さい(切実)。

そして同時にこんな企画が!

***
Fish Your Life

ニューアルバムを総勢8人のドラマーによって完成させたばかりのアナログフィッシュが、さらに!サポートドラムを募集いたします。
ライブ、レコーディング等、サポートフィッシュとして太鼓をたたきたい、という方の応募をお待ちしております。

***
うーん、自由すぎる。ドラマー公募ですか。面白いけど同時に寂しさも込み上げてきた。州さんの復帰はまだまだ先になるのですね。そしてアナログフィッシュはアグレッシヴに活動していくぞ!という決意表明ととっていいのでしょうか。

話は逸れます。私が高校で吹奏楽部に入ったのは、ドラムをやりたかったから。パーカッションパートは希望者が多く、結局じゃんけんで負けて他楽器になった。あれから17年ほど経った昨年、急に「ドラム習いたい!」との思いが再燃。近所の「ヤマハ大人の音楽教室」に入るかどうか、ホームページを見つつ悩んでます。

で、話のオチとしては、もし高校からドラムをやってたらサポートフィッシュに応募してただろうなーということで(笑)。採用されなくても応募しただけで満足し、ニヤニヤしている様子が目に浮かぶようです。あ、だから気持ち悪くても引かないで!(非常に切実です)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/05/19

このあと出てくるバンド、全部変態だから!(by桃野陽介)

SWEET LOVE SHOWER 2008 SPRING
2008.5.18 Sun.
大阪城音楽堂

大阪2days、2日目。SLS本編です。
前日のサカナクション・ショックのため、これだけ豪華なメンツにも関わらず簡単にしかレポートできてません。気が向けば追記します。

続きを読む "このあと出てくるバンド、全部変態だから!(by桃野陽介)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

UFOさま、UFOさま

SWEET LOVE SHOWER 2008 SPRING EXTRA-FREE
2008.5.17 Sat.
大阪城音楽堂

大阪2days初日。翌日のSLS本編のチケットを持っている人は無料で入れるという太っ腹イベント。タダでサカナクションが聴けるなんて贅沢この上ない!

続きを読む "UFOさま、UFOさま"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/17

魚、動く

とうとう来ました!!
アナログフィッシュのメールニュース、「Fishy Alliance」より。

***
皆様こんにちは。アナログフィッシュ雑用係の新井です。

遂にアナログフィッシュのニューアルバムのリリースが決定いたしました!
一言では語りつくせないコユイ内容の詳細は近日発表予定!
まずは基礎事実をご確認ください!!!

アナログフィッシュ
new album
Fish My Life
2008年7月16日 発売
9曲入り \2000(税込)
AFQT-1
PORT RECORDS/QUATTRO DISCS

***
木村さんのブログや公式BBSの健ちゃんの書き込みでレコーディングが終わったのは知らされていたけど、こうやって正式に発表されると嬉しくて仕方がない。

エピックソニーとの契約は切れてしまったみたい。これは想定の範囲内。前作「ROCK IS HARMONY」が出たのが2006年11月。あれだけライヴで新曲を発表し続けているバンドが1年以上音源をリリースしないなんて、何かがあるんだろうなとは思ってた。「ROCK IS HARMONY」が思ったより売れなかったとか、州さんのこととか、色々とあったんだろう。

でも、そんなことはどうでもいい。待望の新しい音源!

全9曲。どの曲が入るんだろう。前2枚のアルバムが下岡曲:佐々木曲の比率が同じだから(ミニアルバムを除く)、きっと「ダンスホール」と下岡4曲:佐々木4曲だなー。下岡曲は「Sayonara 90's」「Life goes on」「ライトブライト」「パラドックス」かなー。じゃあ健ちゃんの曲は「Lover」「Clap your Hand」と、あと何だろ?「SUN」とか「愛の歌」とか? でも新曲はまだいっぱいあるよなー、特に下岡さんの。じゃあ下岡曲の方が多く収録されてるのかな? えー、どうなんだろう?

・・・とか考えてたら落ち着かなくなってきた。待てん!

余談:木村さんのこの記事が面白すぎる。いかにも健ちゃんなエピソード。

***
土曜日日曜日、大阪城音楽堂2days! 楽しみだー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/12

音楽つれづれ

この土日はこの上なくグダグダ過ごしてました。昼まで寝てるのは当たり前って感じで。多少のどが痛くて風邪気味だったというのもあるけど、何したかって言われると何もしてないと答えざるを得ないくらいぼーっと暮らしてました。ここまで何もしないと自己嫌悪になりそう。これ、贅沢な悩みですね。わかってます。

そんな週末も終了、音楽ネタをいくつか。

Quip Magazine」のVol.52を買った。この雑誌、その辺には売っていなくて主に通販で買ってますが、アナログフィッシュをよく取り上げてくれるから好きです。しかし時々とんでもない誤植があってびっくりします。今回も STAN の記事でものすごいミスがあって思わず苦笑。

さて、この号で州さん脱退の経緯を詳しく知った。アナログ2人のインタビューで彼らの真っ直ぐで強い意志にまた触れて、あらためて「アナログに出会えて良かったなあ」と思った。

下岡さんのこの言葉で、すべて納得した。以下、太文字部分は引用。

本当に州は大事で、最高のドラマーで、いなくて不安だし、寂しいなって、やだなってすごく思うけど、だけど、州がいなくなった時に「じゃあ終わりですか?」って言われたら「まだ全然やることあるんですけど」って感じなんです。

そうだ。困難が振りかかっても、そこで終わりじゃないんだ。


昨年の「発掘!想う壺音泉」で出会ったアナのCDを最近ようやく揃えました。すごくいい! 「FLASH」もいいけど「CYPRESS」の方が好き。しかしあらためて音源を聞いてみると、工夫(コネタともいう)を凝らしたステージングとは裏腹?に切ない歌詞と音。こんなにも「青春バンド」だったとは思ってなかった。「WEST」とか本当に切ない。聴いて何だか癒された。まさかドリルギター使いに癒されるとは(笑)。


で! そのアナとアナログフィッシュが出る今年の「想う壺音泉」が! 

6/3(火)
アナ/アナログフィッシュ/and more・・・

その and more が、おとぎ話に決定! 彼らも昨年の「想う壺音泉」で知って大変気になっていたバンドです。ヴォーカル有馬くんとドラムの前越くんがとっても変なバンドです。あ、これ褒めてます。ということでチケット取りました。平日! 大阪! そんなの気にしない!

ちなみに、「アナ」「アナログフィッシュ」ときたら、残るひとつが「スモゥルフィッシュ」とか「サカナクション」だったら面白いのにーと思ったのは自分だけだろうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/07

GOING KOBE'08

2008.5.3 Sat.
神戸ポートアイランド
(ワールド記念ホール・神戸夙川学院大学)

遅くなりましたが、レポートします。

今年で4年目のチャリティフェス。阪神大震災を忘れないための、そして復興を示すための、さらには傷ついた他の街を元気づけるためのイベント。今年集まった募金は新潟県中越沖地震の復興に役立てるそうです。

私は初参加。だっていつも仕事と重なっていて・・・。観たのは以下の人たち。

・怒髪天
・岩瀬敬吾
・ghostnote
・フラワーカンパニーズ
・TRICERATOPS
・SCOOBIE DO

昼過ぎに到着。連休初日だったせいかすごく疲れていて、ワールド記念ホールの2階スタンドで座ってまったりと。最後は何だか眠くて、175RやガガガSPも観ずにさっさと帰っちゃいました。

会場に入ったら怒髪天の真っ最中。増子兄、さすがの貫禄。「俺ら、甘いうた歌えないからね。『男がどうだ~』みたいな歌しか歌わないよ」って(笑)。まあ、兄が愛だの恋だの歌い出したらそれこそみんな困りますよ。

岩瀬敬吾。久々に観ました。ギター1本弾き語り。相変わらず甘くてセクシーで、気だるくていい声している。阪神大震災を、生まれ故郷広島の原爆をひきあいにして語ってた。

ずっと観たかった ghostnote。こんなに男っぽく熱い演奏をする人たちなんだ!とちょっとびっくり。音源だと爽やかなイメージが先行するので。でも、音源でもライヴでも彼らの透明で純粋なところはしっかり出てますね。「スタート」はやはり名曲。メジャーデビューおめでとう!

こちらも久々に観たフラカン。キメの「深夜高速」「真冬の盆踊り」で盛り上がりすぎて、ここから10分くらい時間が押したような気が(笑)。参加者の中で一番元気なバンドだったんじゃないか、このおじさんたち。

実は初めて観たトライセラ。和田唱、かっこいー! 「ラズベリー」が聴けた! 安定感や迫力は抜群。爆音だったし楽しかった。This is Rock!

そして本当に楽しかったスクービー! 初めて観たし音源も持っていないんだけど、なんだこのカッコよさ! アリーナに降りなかったのを後悔しました。踊りまくりたかった・・・。帰りにCD買っちゃいました。しかも来月、近所のライヴハウスに来るよ! どうしよう、悩む・・・。

てなわけで、このメンツで無料。信じられません。出演者はギャラも交通費ももらってないそうです。本当にチャリティ。素晴らしいイベントです。長く続けていってほしい。もちろんきちんと募金しましたよ。主催者や出演者の心意気に見合う額は入れられたかな?と自分では思ってるんだけどなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/03

神戸へ

暦どおり働くわたくしにとってゴールデンウィーク初日の今日、神戸に向かってます。

GOINGKOBE'08

http://starclub.jp/goingkobe08/

入場無料のチャリティイベント。こんな豪華なメンツで無料、本当にいいの!?と毎年思ってました。私は今回初めて行きます。楽しみ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »