« シアトル@グリーンベイ戦を待つ・その5 | トップページ | NFL 2007-8 Divisional Playoffs »

2008/01/13

NFL 2007-8 Divisional Playoffs Seattle at Green Bay

この1週間、本当に短かった。
とうとうこの2チームが対戦します。

Seattle at Green Bay 20-42

試合開始時にはちらちらと降っていた雪があっという間に積もってしまって、結局ラインすら見えない状態に。厳しい天候となりました。

GBのルーキーRBグラント、いきなり2連続ファンブルロスト。どちらもシアトルがTDに繋げてあっという間に14-0。しかしGBもすぐ追いつき、1Qで14-14とハイスコアリングゲームの予感。

その後は終始GBペース。シアトルオフェンスはランを全く出せず、シアトルディフェンスはRBグラントを止められませんでした。カーニー、タトゥープ、ヒル、ピーターソンといったシアトルのディフェンススターたちに仕事をさせませんでした。降雪はどんどん激しくなって視界も悪く、TVカメラすらフィールドに近いアングルからしか撮れない時間帯もありました(引いて撮ると画面が雪で真っ白になってしまうので)。そんな中ではシアトルもキャッチアップできず、大差の試合となってしまいました。

ファーヴは18/23回パス成功、173yds、3TD、0INT、1雪玉(笑)。フィールド上で雪の球を作って投げてました。お茶目な38歳です。スクランブルに出てコケそうになりながら、下手投げでレシーバーにパスを成功させたのなんて、まさにファーヴ!と唸らせるプレー。いきなりの2ファンブルロストで不安視されたRBグラントは、結局27回201yds、3TDとミスを帳消しにする大活躍。リーディングレシーバーはジェニングスで6回71yds、2TD。ディフェンスでは、ビグビーの活きのいいタックルが素晴らしかった。でもちょっとタイミングがずれればペナルティにもなりかねないので、心の中では「調子に乗りすぎちゃだめ!」と思ってましたけどね(笑)。

シアトルは、ハセルベックは19/33回パス成功、1TD、0INT。ランはアレギザンダーが9回20yds、1TD、FBウィーバーが4回10yds、モリスにいたっては3回マイナス1yds。完全に封じられました。

トータルヤード、シアトルが200yds、GBが408yds。ラン獲得ヤード、シアトルが28yds、GBが235yds。タイムオブポゼッション、シアトル26分00秒、GBが34分00秒。ファーストダウン、シアトルが15回、GBが25回。サードダウン成功率、シアトルが27%(3/11回)、GBが70%(7/10回)・・・。すべてにおいてGBが圧倒しました。

***
この点差、スタッツの差は予想していませんでした。もっと接戦になるかと。

シアトルにとっては悔しい負けです。ディフェンスがあれほど何もできないとは想像もできませんでした。オフェンスではランの建て直しが迫られそうです。そして、ホルムグレンの去就は・・・? ともかく、今年もいいシーズンでした。4年連続地区優勝なんて、そう簡単にできるものではありません。ありがとうシーホークス。来シーズンも楽しませてください。

Go Hawks!

***
GBはホームフィールドアドバンテージも活かして、この上ない勝ち方をしました。グラント、本当にすごかったです。1Q最初は「え!?」と思いましたけど・・・。そしてファーヴ。雪の球まで投げて無邪気にはしゃぎ、素敵な笑顔を見せていました。

ここまで来たら、GBはスーパーボウルに行ってほしい。ファーヴにもう1つリングを!

Go Pack Go!

|

« シアトル@グリーンベイ戦を待つ・その5 | トップページ | NFL 2007-8 Divisional Playoffs »

NFL 2007-8 season」カテゴリの記事

コメント

確かにこの点差は予想外でした。GBはSEAに比べてチーム全体がユニットとして機能しているような感じがしました。オフェンスもディフェンスも。SEAは天候も含めて@GBにやられた感があったけど、もうちょっとどうにかなったんでわ・・・

あまりの吹雪にホルムグレンがサンタクロースみたいだと中継で言われてましたが、むしろシラグサが雪だるま状態なのが笑えました。除雪車に逃げ込んでないで仕事せい!

投稿: ふむふむ | 2008/01/14 01:11

2年前ほどにはショーン・アレクサンダーが走れてないのを見て、2TD以上の差はつくと思ってますた。ブレットは雪請いしてたらしいね(ノε`*)ンププ

投稿: Wheeling | 2008/01/14 04:42

いきなり2ファンブルロスト、14-0となったときにはどうなるのかと思いましたが・・・・
シアトル楽勝かと思いましたが、さすが、ファーヴというべきか、その次のTDへ結びつけたドライヴ、冷静のプレーをしていたように思います。いとも簡単にモメンタムを取り戻しましたよね。
それにしてもグラントの立ち直りもすごかった。普通なら、パニック状態のまま終わると思うんですが。(ところで、グラントは、2つの学位を持っているようなことがFOXに紹介されていたような。文武両道なんですね。)
結局のところRB、ランディフェンスの差がこのスコアの差につながったんでしょうね。でも、シアトルのランディフェンスがあそこまで機能しなかったのはなぜでしょうか?
小生も、ここまできたら、GBにSBを制覇して欲しいですが、正直なところ、やっぱり、NEを筆頭にAFCが1枚も2枚も上のような気がします。

投稿: アワ | 2008/01/14 09:53

ふむふむさん:
こんなに点差がつくとは思っていなかったので、何だかすっきりしないんですよ。何だったんだろ、あの試合は。確かにあの雪では完全にGBペースになるでしょうけど・・・。

シラグサのサイドラインレポートはオモロイですよね。彼が「雨男」という噂も。天気予報を覆したの(降雪30%の予報)、こいつか! 

投稿: yama(Key) | 2008/01/14 11:06

Wheelingさん:
ハッチンソンを獲られたのが大きかったんですよね・・・アレクが走れないのは。元々スピードスターではなく、ブロックを使うのが上手いタイプですからね。シアトルはOL+ランの建て直しが必要です。

ファーヴは荒天好きですよね。ミシシッピ生まれなのに(笑)。

投稿: yama(Key) | 2008/01/14 11:09

アワさん:
あれほどシアトルディフェンスが通用しなかったことに、結構ショックを受けてます。GAORAのディレイ放送だったかどこかで言っていたような気がするのですが、カーニー封じのために彼のサイドへのランを多用して惑わせたとか何とか。録画をもう一度観てみようかな・・・。

グラントすごい。2ファンブル以外はルーキーとは思えません。きっとサイドラインもいい雰囲気で彼をサポートしたのでしょうね。

昨日のブレイディは絶好調でした。あのままSBに出れば負けるわけないですね・・・。

投稿: yama(Key) | 2008/01/14 11:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NFL 2007-8 Divisional Playoffs Seattle at Green Bay:

« シアトル@グリーンベイ戦を待つ・その5 | トップページ | NFL 2007-8 Divisional Playoffs »