« NFL 2007-8 week13 | トップページ | NFL 2007-8 week14 »

2007/12/09

四日市は工業都市でデトロイトみたい

ということで、今回ブッキングされたそうです。
でも、「日本のデトロイト」なら豊田、三重県でいうなら鈴鹿だよなー。

8otto
Tour "Counter Creation 1977"
2007.12.6 Thu. 四日市 CLUB CHAOS

前にいた2人の会話が聞こえてきて、その2人とも高校生だった。「よいこは終演後早く帰れよ」と心の中で思うと同時に「33歳の私はここにいてよいのだろうか」と多少動揺。よく周りを見ると、お客さん若い人ばかりだよ。先日の石田ショーキチのライヴでは、私より年上の人がごろごろいたので余計にそう思った。

その後、モッシュとダイヴを初めて目の前で観たのでした。あーよかった、最後列にいて、とオーバー30は思ったのでした。

(急にいろいろ思い出して、12/11に追記しました)

開場してすぐびっくり。狭い。今まで行ったライヴハウスの中でダントツに小さい。でもここで the ARROWS やストレイテナーも演ったし、オットーの翌日はビークルだって。こんな狭いハコでビークル、負傷者が出そう・・・。

いきなり物販にTORAさんが。その後マエソンさんが水を買うのに外出していたらしくご帰還。マエソンかっこいいなー。

ゲストの VOLA & THE ORIENTAL MACHINE、観ている間はかっこいいなーと思うのだけど、終わったらなぜか全部忘れてしまう。きっとあの複雑な構成の曲のせいだ。でもアヒトさんは「カワイイかっこいい」と思いますよ。

さて、オットー。

TORAさんのベース音がすごすぎる。あんなにブンブンくるとは思っていなかった。そしてセイエイさんのギターの音が綺麗でセクシーで素敵。そしてRYOさんのMCがいい。「怖いのは顔だけなんで」 その通りだと思います(笑)。

そして我らがマエソン、ああもうかっこいいなぁ。ストイックなヴォーカルとドラム。あの目力。ふっと見せる笑顔も素敵だ。アフロ(天然パーマで加工なし。全部地毛!)が大きくなっていて、もともとでかい人なのにさらにでっかく見えた(笑)。

全曲素晴らしかった。どの演奏もよかった。特に大好きな曲「Say」「Fair Child」をやってくれて嬉しかった。「Say」は単純に楽しい。イントロだけでハッピー。「Fair Child」の飛翔感がたまらない。空が見えて、ふっと飛び立つイメージ。「KATANA」の文字どおり切れ味鋭く重い音がかっこいい。「China」のダイナミズムで踊る。でも欲を言えば、「NEW2」と「レモンティー」も聴きたかったな。

最後はフロアがぐしゃぐしゃになって、モッシュが起こってえらいことに。怖いよー。アンコールではマエソンがダイヴ。最後はマエソン、イスの脚でシンバルを一発ヒット! その音がすごく強く完璧に響いて、まっすぐ心まで届いてちょっとした衝撃でした。あんなに物理的にまっすぐ音をもらったことなんて初めてなんじゃないかな。

この人たちは、どういう音がかっこいいのかを本当に知っているのだと思う。テクニックがすごいわけではないけど、かっこよさの核心というものを掴んでいるバンドだ。そういうのを掴むことができるのは、この人たちがとても真面目で熱くて素直で謙虚だからだと思う。そういう様々なものが、音楽に滲み出ているような気がする。

本当にいいライヴをするバンドだ。ぎゅっと熱さを凝縮して、それをクールに最後まで抑えて抑えて、最後の最後に爆発させる。そういう熱さがあるのに、ライヴ後思い出すのは4人のクールな佇まいなんだよな。最後のマエソンの暴れっぷりもいいんだけど、私はクールでストイックなオットーが好きだな。

<セットリスト> 
かなりあやしいです。おそらく曲順、間違ってます。

Counter Creation
1977
Say
C
Round & Roll
徒夢
KATANA
HG
Running Pop(?ちょっと自信なし)
Fair Child
Fake
ボンゾ
0zero
China
RIWO

en.
massive
Voo Doo バウアー

|

« NFL 2007-8 week13 | トップページ | NFL 2007-8 week14 »

音楽 2007」カテゴリの記事

コメント

タイトル見てびっくりしました。
なぜかと言うと、私は21日から仕事でデトロイトに
行くのですが、某営業マンが、
『デトロイトかぁ~。まぁ、日本で言う四日市だよね~』
と言ったもんだから、私は心の中で
『いやぁ~、それを言うなら豊田でしょうよ・・』
と思っていたからです(笑)

つい2,3日前の話だったんで。
どっかにKeyちゃんがいたんかと思ったよ(-_-;)

投稿: ako | 2007/12/09 21:36

akoさん:
うわぁ、何ていうシンクロ! ちょっと怖いくらい似てますね。
四日市・デトロイト・豊田・・・キーワードが全部一緒!
「それって豊田やろ」というツッコミまで同じってすごいなぁ(笑)。

2、3日前の話なんですか?
これ、12/6(木)の話なんです。日まで一緒だったら・・・(怖)。

四日市は石油化学工業なので、アメリカでいえばヒューストンでしょう。
(全然規模が違うとは思うが)

デトロイト出張ですか。寒いでしょうね。お気をつけて。

投稿: yama(Key) | 2007/12/09 23:06

こんにちは、あの…もしかしたらその高校生の片割れ自分かもしれません…!!(自分は紺の長袖Tシャツにジーンズで、一緒に話していた男の子は黒のパーカー着てました

偶然見つけたブログでまさか四日市行かれた方と遭遇するとは思ってもみませんでした………!!!

投稿: ちひろ | 2007/12/10 01:13

こちらにコメントさせていただくのは初めてかな、よろしくどうぞ~

たいがいシレッと最前列なオーバー30がここに居ますよ?(笑)
いつまでごまかしがきくのか(もしくはもうごまかせていないのか)
なんて怯えつつ、老いと戦っています。

「あぁこの子きっと私の半分くらいしか生きてないんだろうなぁ」
と思わざるをえないほど若い子と隣りになることがたまにあり、
そういうときはさすがに我に返りますが(笑)

投稿: れい | 2007/12/10 02:37

ちひろさん:
初めまして。コメントありがとうございます。

あー、きっとあの「高校生」はあなたです!
男の子と女の子の2人が前にいて、女の子の服装は覚えていないのですが男の子は確かに黒いパーカーを着てました。
その後ろでビール飲んでたおばちゃんが私です(笑)。

高校生でオットーのファンって渋くて素敵です。
でも、ライヴ後よいこは早く帰りなさいよ。
そして夜更かしもダメだぞ(笑・コメントを頂いた時間参照)。

投稿: yama(Key) | 2007/12/11 00:36

れいさん:
コメントありがとうございます。
いつもブログ読ませていただいてます。長野、仙台!

そしていつも最前線での戦闘、ご苦労様です!(笑)
いや、尊敬に値しますよ。冗談抜きで。

私、長時間のイベントでは腰が痛くなります。だいぶガタが来てます。
最前列・・・アナログのライヴなら、しかも地方なら大丈夫かなぁ。
(あんなに平和なライヴもそうないんじゃないかと)

最近DOESにハマりつつあって困ってます。
れいさんと音楽的嗜好が似てるなーと思う今日この頃です。

投稿: yama(Key) | 2007/12/11 00:43

おー!やっぱりそうでしたか!!(なんかすごく嬉しいです!

お気遣いありがとうございます(笑)、あの日はアーティストの方とお話したあとすぐ帰りましたよ´u`(松●市の山奥在住なので帰るだけで一時間半はかかるんですよ…

あ、DOES自分も好きです
修羅でやられました…

投稿: ちひろ | 2007/12/11 23:15

ちひろさん:
あの日、終演が結構遅かったですよね。そこから1時間半ですか。大変ですね。
とか言いながら、私もそれくらいの時間をかけて大阪や京都のライヴに行ってますが。
私は体力的にきついのが悩みですが、ちひろさんは補導されないように注意して下さい(笑)。

投稿: yama(Key) | 2007/12/13 18:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四日市は工業都市でデトロイトみたい:

« NFL 2007-8 week13 | トップページ | NFL 2007-8 week14 »