« 雨降りの朝で今日も会えないや | トップページ | P + E → Q »

2007/08/06

メガネ白ポロ4人組(変)に夢中。

くるりのコンサートの前、タワーレコード難波店にて購入。

monobright zero / monobright

先日、デビューシングル「未完成ライオット」のレビューをしましたが、今回はインディーズ・ミニアルバム「zero」。

あー、何ですか、この変態は!(ちなみに褒めてます)
シングル1曲目「未完成ライオット」の歌詞でも「何これっ!」と驚愕したのですが、ミニアルバム1曲目「紅色 ver.2」はさらに遥かにイッちゃってます。

  「紅一点色目づかいのエロエロ大学生に出会う」

って、近年稀に見る「う、ひどい。これはちょっとどうかと・・・?」と思う歌詞です(ちなみに褒めてます)。でも、サビの

  「絡み合う愛情は僕をどこかへ連れて行ったんだ」

というメロディーのキャッチーでひねくれてる感じ、そして暴力的な衝動がそれはもう素晴らしくて、これは一度ライヴに行かねばならないと強く決意した次第です。ライヴがまた変態で、ヴォーカル桃野陽介の動きとMC(下ネタ)がとにかく強烈で気持ち悪いらしいです。この気持ち悪さ(たぶん褒めてます)を一度体験しないとー。


昨日 今日 トゥモロー / the ARROWS

アロウズのインディーズアルバム。
メジャー1枚目「ARROW HELLO WONDERFUL WORLD」とこのアルバムの両方に収録されている「恋する摩天楼」を比べると思わず笑ってしまう。「ARROW HELLO〜」をレビューした時、記事のタイトルを「ダサカッコイイ」としましたが、インディーズ時代の曲はまだ「カッコよさ」がなくて「ダサイ」と言ってしまっていいような気がする。

あ、言っちゃった(笑)。

でも、この変化には目を見張るものがある。メジャーになることによって、バンドがキラキラの翼をつけ、そして華麗に飛び立った。最近のバンドでこんなに変身したの、そうそうないんじゃないかなー。その後の勢いもすごいし、アロウズ、必聴です!

|

« 雨降りの朝で今日も会えないや | トップページ | P + E → Q »

音楽 2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メガネ白ポロ4人組(変)に夢中。:

« 雨降りの朝で今日も会えないや | トップページ | P + E → Q »