« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007/08/31

Football season is coming! 2007

Re:mix も終わったし、「音楽の春夏」が過ぎ「フットボールの秋冬」がやってきつつあります。ここのところ毎日昼~夕方に雷雨があってそれはそれで夏らしいんだけど、夕暮れの色はすっかり秋めいてきた。大好きな季節、秋がやってきました。

NFL@NHK衛星放送、今年も輿さんが解説で登場! 楽しみー。近藤アナはいま東京勤務ですね。実況復活に期待! 無理なんでしょうか。近藤さんが実況してもしなくても、輿さんが解説の収録を終えた後お二人で飲みに行く様子が割と容易に想像できますが(笑)。

今年もシアトルとグリーンベイの結果やニュースを中心に記事を書きます。ファーヴ、今年こそプレイオフに行ってほしい。シアトルにはそれ以上を期待します。私の最高のシナリオは、「NFCチャンピオンシップ、シアトル vs グリーンベイ」ですから!

しかしながら、マイケル・ヴィックにはがっかり。二度生で観ましたが(2004-5シーズンweek17@シアトル と NFL TOKYO)、本当に素晴らしい選手。スクランブルで走った時、その迫力で観客が沸いてスタンドが揺れたように感じましたから。闘犬、違法賭博、動物虐待の容疑。NFLは無期出場停止を決定し、本人は罪を認める様子。刑務所に5年くらい?入る可能性あり。復帰は難しいでしょう。ESPNスポーツセンターで解説者のエミット・スミスが「QBは無理だが、リターナーとして戻ることは可能かも」なんて言ってたけど。

そして関西学生リーグも開幕。明日9/1(土)、ひょっとしたら 近大 vs 立命(エキスポフィールド)に行くかも。暑すぎたらやめますけど・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/26

「ダイア⇔アポロ 往復ダイエット」のすすめ

Re:mix 2007
2007.8.24 Fri. ダイアモンドホール / アポロシアター

お盆に帰省した際、姉と友人Tにまったく同じことを言われまして。

「yamaのブログ、ちゃんと読んでるんだけど何が書いてあるかさっぱりわからなくて、『ああ、更新されてるということは元気にやってるんだな』と思って『閉じる』をクリックするんだけど」

多くの方々にとって、今日の内容も「何が書いてあるかさっぱりわからない」と思いますが、私は元気にやってます。皆さんいかがお過ごしでしょうか・・・。

* ちなみに「コメント・トラックバック絶賛受付中」ですので(もちろんスパムは除く)、
   内容がわかる方もわからない方もどうぞよろしく!とあらためて言っとく。

<ダイアモンドホール>
・VOLA & THE ORIENTAL MACHINE
・キャプテンストライダム
・音速ライン
・藍坊主
・スパルタローカルズ
・THE BACK HORN
・The ピーズ
・POLYSICS

<アポロシアター>
・倉橋ヨエコ
・STAN
・monobright
・DOES
・hare-brained unity
・8otto

(どちらも出演順)

ダイアモンドホールとアポロシアター、2会場同時開催の名古屋恒例夏イベント。この2会場は隣同士の建物なのですが、ダイアが5階でアポロが地下1階。しかもエレベーターは使用不可! 私は3往復しました。きっつー。これはダイエットにいいかもしれない。ライヴでも5時間くらい立ちっぱなしだし、何回途中でふくらはぎ~アキレス腱のストレッチをしたか。

<私が観たのは>
・キャプテンストライダム
・STAN(途中から)
・monobright
・スパルタローカルズ(途中まで)
・DOES
・hare-brained unity
・The ピーズ(途中まで)
・8otto

キャプテンストライダムと monobright 以外は聴いたことがない面々。
行くライブが、「アナログフィッシュ=そんなに激しくなくピースフル空間、みんなそんなに跳ばない」とか、「石田ショーキチ=大人のライヴ」とか、「the ARROWS=跳ぶというより踊る」なので、33歳にはちょっときつい場面がいくつか。ああー、もうあんなに跳べないよー私。

<キャプテンストライダム>
2年位前に観て以来。
はりきって前に行き過ぎて(それでも真ん中ぐらいだけど)、アナログのピースフル空間に慣れていた私はびっくり。うわー、みんなめっちゃ跳んでるやんかー!
永友くんかっこよかったです。声もギターも素敵だ。「と・よ・と・み!」「と・く・が・わ!」「全員で言わないと POLYSICS 出てこねえぞ!」と煽っておいて、観客の声が大きくなると「お前らそんなに POLYSICS 観たいのか!」って(笑)。

(セットリスト)
キミトベ LONE STAR ケムリマン 新曲 マウンテン・ア・ゴーゴー

<STAN>
クールな爆弾。
STANはアポロじゃ狭すぎるけどダイアじゃ広すぎるかな。アポロに途中から入ったら人が多すぎて凄いことになってた。で、演奏も凄いことに。初めてのSTANだったのですが、私の中では彼らが一番よかった。お目当ての monobright よりも。ボーカルKYG、彼の迫力というか凄みというか、しばらく忘れられそうにない。「俺、戦争反対なんですよ」とぼそっと言って0.1秒後に曲に入ってるとか、ドラムスティックでギターを弾いたと思ったらそのうちドラムを叩いてるとか、そういうことがいちいち衝撃。でもクールなんだこれが。

<monobright>
私は彼らを観に来たのです。
アポロの一番奥、ソファーがある一画から観たので、ドラム瀧谷ブライトがまったく見えず。1曲目「紅色ver.2」はちょっと迫力不足だったような。「キミの架空」もモタついてたような気が。それ以外はとても良かった! 初めて聞いた「優しさヶ丘の画家」はひねくれポップでいい感じ。「未完成ライオット」「頭の中のSOS」のシングル曲は圧巻でした。
6曲じゃ物足りない。またライヴ観たい。

今日の桃野ブライト観察日記(笑)。
・桃野の変なポーズで演奏スタート。
・1曲目が終わって「おはようございますー!・・・水っ!」
 水って言ってから水飲む人、初めて見たよ。
・「優しさヶ丘の画家」のあとのMC、
 「(画家なので)アンケート用紙には絵で感想を書いて下さいっ!」 えー!
・「Re:mix、年に8回くらいあるんですか?」 (いえ、1回だけです)
 「その中の1回に」 (いや、年に1回だから)
 「こういう機会をもらって嬉しい! ということでチューニングするっ!」
 そう言ってギターのチューニングする人、初めて見たよ。
・最後の曲「頭の中のSOS」でトラブル発生(ギターのストラップ取れた?)。
 スタッフが直している間、ハンドマイクで怪しく動きまくり。
 ギターが直っても結局ギターを受け取らずそのまま歌い続ける。
 いつの間にかマイクを2本手に持っており、ダブルハンドマイク!
 そのまま暴れ続けてライヴ終了。
・ちなみにクールな人だと思っていたギターの松下ブライトですが。
 のけぞってギターを弾く様、結構「変」ですよね。
 最後は右手一本で天井にぶら下がってプラーンってなってたよ!

(セットリスト)
紅色ver.2 学校 キミの架空 優しさヶ丘の画家 未完成ライオット 頭の中のSOS

<スパルタローカルズ>
磐石。ひとつの完成形。
踊れる曲ばかり選んだというMCがあったけど、その通りで。どの曲も安心して一心不乱に踊れる曲ばかり。ものすごく完成されて安定したステージ。隙がなかった。しかし DOES を観るために途中まで。

<DOES>
彼らも安定感抜群。
もっとポップな感じなのかと勝手に思ってけど、がっちり力強いのだな。ベテランみたいな風格すら感じた。頼もしい。
ダイア→アポロの移動中、「このイベントで一番のオサレさん」だと私が勝手に認定したドラムのケーサクさんにばったり会ってびっくり。かっこいいー。

<hare-brained unity>
石田ショーキチプロデュースということで観てみたら。
一番のサワヤカバンドでした。歌がしなやかで聴きやすい。確かに石田のプロデュースが合いそうなバンドだな。シングル曲「Daylight」良かったです。

<The ピーズ>
以前弟を観たので、今日は兄。
演奏もMCも余裕たっぷり。しかし 8otto を観るためそれほど聴かずに移動。

<8otto>
オットーと読みます。
予習なしで観たのですが、まずドラムセットの場所にびっくり。ステージの一番前! ドラムボーカル! で、演奏が始まるとギター・ベース・ドラム・ギターの4人が横一列に並ぶという信じられない光景が!(大げさ) がんがんと攻める演奏。圧倒的な力。このイベントで一番男臭いバンド!(←誉めてますよ) すごいわ。ドラムボーカルのマエノソノさんは、「このイベントで一番の男前」だと私が勝手に認定しました。
それよりも気になったのが、前の方ですごい勢いで踊っていた方がいらっしゃって。最後は1.5m×3m くらいのスペースをおひとりで使って踊ってました。さぞかし気持ちよかったと思います。目がステージよりもそちらに行ってしまいましたよ。

終電の関係で、POLYSICS は観れず。

ふだん聴かないバンドばかりで、発見の連続。音も客もいつもとは違っていて新鮮でした。けっこう手軽に行けるイベント。そんなに高価でもないし。楽しかったです。しかしダイアとアポロのキャパが違いすぎるのが気になったところ。STAN はもうちょっと広いところでさせてあげたかった。

終電から降りたら、同じリストバンドを巻いてる2人の女性も降りてきた。おお、同志! 君たちもこんなところ(三重の田舎)から観に行ったのか。話しかければよかったー。

これで夏が終わった。これからはフットボールシーズンだ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/08/23

Re:mix! Re:mix!(ディーフェンス!みたいに読んで)

昨日今日と1日中屋外での仕事でした。昨日は朝10時の時点で車の外気温計は「35℃」、暑くて倒れるかと思いました。昼頃あまりに暑いので車に避難。「40℃」の表示。駐車場のアスファルト上だったからな・・・。

今日の朝は雨が降っていたこともあり「21℃」。昨日との差は14℃。寒かったー。そのせいでちょっと風邪ひいたような。くしゃみが出る。高温も体に悪いけど、気温差もきついです。

明日はいよいよ Re:mix! 風邪ひいてる場合じゃない! 久々のキャプテンストライダム、そして初 monobright、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/17

リヴェンジ! Re:mix!

食べ過ぎ飲み過ぎで(前記事参照)、今日も夕飯は「素にゅうめん」でした。まだ少し胃部不快感がー。これでうっかり病院なんか行ったら「胃カメラ」とか飲まされるんでしょうか。嫌です。たぶん大丈夫です。良くなりつつあるので。

さて、来週末 8/24(金) はいよいよ「Re:mix 2007」です!

昨年はあっという間にソールドアウトになったような記憶があるのですが、今年は結構遅くまでチケットが残っていてびっくり。確かに去年の顔ぶれはすごかったですからねー。アナログフィッシュも出てたし(行けなくて泣)。今年はアナログの出ない Re:mix、お目当ては monobright! 初桃野、楽しみだー。

しかし、タイムテーブル悩みますね。

キャプテンストライダムと monobright は確定。STAN も スパルタもピーズもポリもオットーも観たい。フェスに行かないんで(夏の屋外に異常に弱い)、こういう「時間がかぶる」のがあきらめられない体質になっているようです。

大人になるということは、あきらめ、選択でき、腹八分で満足できるということなのかもしれません(え?)。Re:mix に行かれる皆様はどのようにして大人になったのか是非教えて頂きたい所存です。

* つまり誰観ますか?ってことで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/16

お盆

夏の前半に広島(ダンナとともに所用で)や岐阜(前職場の遊び仲間と)に行ってきたので、お盆はおとなしく地元で過ごしました。

8/11(土)
中学バスケットボール部の同窓会。
顧問の先生が3人とも来てくれた。T先生、全然変わってない。若いわ・・・。
皆に結婚したことを報告してなくて、「いつ」「誰と」「名字は?」「どこに住んでるの?」等の質問に何度も答えるはめに。5回は同じ説明をしたなー。

※ここを見ている皆さんにもお知らせ
名字、戸籍上は変わりましたが仕事は旧姓のままやってますので、「呼称」「郵便の宛名」等はそのままでもOKです。本人も名前が変わった自覚がそれほどないし(汗)。

幹事さん、いつもありがとう! 次回もよろしく。


8/14(火)
高校吹奏楽部の同級生宅でバーベキュー、というか正しくは「肉焼き」。だって肉しか焼いてないんだから!
先輩が松阪牛をブロックで買ってきてくれて、それを七輪で焼いてワインとともに味わう会。ぜいたくー!
肉は当然ながら美味いんだけど、焼き加減がまた上手い。先輩ありがとう!

ダンナも呼んで頂いてどうもお世話になりました。みんなも元気そうでなによりでした。

で、次の日。
結構飲んだわりにはすっきり目覚めたぞと思ったら。のど乾いたからスイカ食べたら。

ここで急に、気分悪いの来たー!

再び寝るはめに。胃が荒れてるのかなー。それとも最後に食べた「バニラアイスのシェリー酒がけ」(激旨)が効いたか。

今日になっても胃の調子が悪いんですけど。まあ、飲みすぎ食べ過ぎですな。養生します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/13

怒涛の秋

昨年から「音楽=春夏」と「フットボール=秋冬」のバランスを取るのが難しくなっているような気がする。要は「音楽」のウェイトが重くなってきているというか。

夏、嫌いだ!(毎年言ってます)
秋、大好き!(同上)

この秋冬の予定。

<音楽>

アナログフィッシュ "SIX PISTOLS"

 11/2(金) 名古屋クラブクアトロ
 2/23(土) 京都磔磔

6ヶ月連続マンスリー、場所もすべて変えておこなう自主企画。
上記2つは絶対行く。名古屋は先行でチケット購入済み。
あとは「1/27(日)・吉祥寺前進座」をどうするかで大悶絶中。


石田ショーキチ "LIVE YOUR LIFE TOUR"

 11/17(土) 「DAYS OF SPRINT」京都磔磔
 11/18(日) 「DAYS OF ENDURO」名古屋クラブクアトロ

祝・再メジャーデビュー+ツアー!
で、アナログと同じでこちらも企画モノのツアー。
公式サイトによると、こんな感じ。

「SPRINTはギターバンドロックンロールツアー with メガネビジョン」
「ENDUROはキーボードを含んだフルセッティング」

全然違うツアー形態。選曲もかなり変わりそう。
両方行かねばと思わせる所が憎いぞ石田。これも悶絶中。悩む。

* 偶然だけど、石田もアナログも「磔磔/名古屋クアトロ」ですね。


<フットボール>

これでさらに関西学生リーグが入ってくるんだからー。

 10/28(日) 立命館-京都 (西京極)
 11/10(土) 関西学院-京都 (神戸ユニバ)
 11/25(日) 関西学院-立命館 (長居)


上記3試合のうち、行けるのは1~2試合ですね。
もし書いたすべてに行くとすると、11月がとんでもないことになってしまう。毎週末遊びに行っているということか・・・。家庭が崩壊しますか? 

ちなみにダンナはものすごく快く「行ってきていいよ」と言うので、際限なくダンナの株が上がり、相対的にか絶対的にかは分かりませんが、私の株は下がっていきます。るるー。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

P + E → Q

こちらの記事の続き。8/1大阪、くるり「ふれあいコンサート」。
MCなど面白かったので、記録として残します。
(めっちゃ遅いけど・・・)

***
・くるりの皆さん、黒いジャケット着用。「コンサート」ですから。
・木製の譜面台がある! 「コンサート」ですからね。
・コーラス+小道具+踊り担当の3人組、「ザ・サスペンダーズ」が素敵。

・生くるりは初めて。岸田の京都弁にちょっと嬉しくなる。
 当たり前か。でも京都弁素敵。

<さらさらヘアー佐藤くんの通販風「物販タイム」>
・彼のしゃべりがほのぼのしていて癒されました。
・「ミンティーとホワイティーのTシャツが・・・」(要は緑と白)
・「京都着倒れ、大阪食い倒れといいますが、大阪の人もTシャツ買って
  着倒れてください」 さすが佐藤社長! うまいこと言う。
・Tシャツ、タオル、携帯ストラップ、バッジ・・・と紹介していく佐藤くん。
 紹介後、それを床にポイポイ捨てていくので会場から笑いが。
・岸田、佐藤くんに質問攻め。
 「ストラップってなぜあるの?」「缶バッジって何? ピンバッジって?」
・ちなみにピンバッジをつけると「歌唱力が2上がる」らしいです。

<先日、台湾でライヴをした時>
・夜市でニシキヘビを首に巻いたり、臭豆腐を食べたりした岸田。
・しかし臭豆腐はヤバいもんが入っていたかもしれないそうです。
 (あまりにも臭かったそうで)

<あとはほとんど、岸田の電車トーク>
・「今日は出町柳から京阪特急に乗ってやって来ました」 嘘ぉ!
・京阪?の路線が延びる件について。
・「ここに居るみんなでスコップ持参でなにわ筋に地下鉄掘りたい」
・「今日は実家に帰ろうか迷ってます。京阪特急で」
 コンサートの後、無理矢理京阪に乗った人、結構いるはず(笑)。

岸田
「みんなのパワーと、エナジーが!」「PとEが、Qに来るんです!」

Q=QURULI! 上手い! 満場の拍手!

岸田、アンコール「東京」の前に。
「明日もここで演りますので、よければダフ屋に相談してください」

ソールドアウトだもんね・・・。

***
いいコンサートでした。
昨日、名古屋でありましたね。あー、もう一回行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/06

メガネ白ポロ4人組(変)に夢中。

くるりのコンサートの前、タワーレコード難波店にて購入。

monobright zero / monobright

先日、デビューシングル「未完成ライオット」のレビューをしましたが、今回はインディーズ・ミニアルバム「zero」。

あー、何ですか、この変態は!(ちなみに褒めてます)
シングル1曲目「未完成ライオット」の歌詞でも「何これっ!」と驚愕したのですが、ミニアルバム1曲目「紅色 ver.2」はさらに遥かにイッちゃってます。

  「紅一点色目づかいのエロエロ大学生に出会う」

って、近年稀に見る「う、ひどい。これはちょっとどうかと・・・?」と思う歌詞です(ちなみに褒めてます)。でも、サビの

  「絡み合う愛情は僕をどこかへ連れて行ったんだ」

というメロディーのキャッチーでひねくれてる感じ、そして暴力的な衝動がそれはもう素晴らしくて、これは一度ライヴに行かねばならないと強く決意した次第です。ライヴがまた変態で、ヴォーカル桃野陽介の動きとMC(下ネタ)がとにかく強烈で気持ち悪いらしいです。この気持ち悪さ(たぶん褒めてます)を一度体験しないとー。


昨日 今日 トゥモロー / the ARROWS

アロウズのインディーズアルバム。
メジャー1枚目「ARROW HELLO WONDERFUL WORLD」とこのアルバムの両方に収録されている「恋する摩天楼」を比べると思わず笑ってしまう。「ARROW HELLO〜」をレビューした時、記事のタイトルを「ダサカッコイイ」としましたが、インディーズ時代の曲はまだ「カッコよさ」がなくて「ダサイ」と言ってしまっていいような気がする。

あ、言っちゃった(笑)。

でも、この変化には目を見張るものがある。メジャーになることによって、バンドがキラキラの翼をつけ、そして華麗に飛び立った。最近のバンドでこんなに変身したの、そうそうないんじゃないかなー。その後の勢いもすごいし、アロウズ、必聴です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/04

雨降りの朝で今日も会えないや

くるり
ふれあいコンサート
2007.8.1 wed 大阪フェスティバルホール

私にとって初めてのくるりライヴ。彼らにとって初のホールツアー。フェスティバルホールには赤い絨毯が敷き詰められていて、文字どおり「ライヴ」というより「コンサート」といった風情。座席があるのも新鮮。

満員御礼。チケットを取ったのが遅かったので、私の席は2階席後ろから5列目。ステージは「はるか遠く」というより「はるか下方」と言った方が正しいか。客席にかなりの傾斜がついている。よってステージは遠いけど視界はクリア。

続きを読む "雨降りの朝で今日も会えないや"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »