« たとえばLOVE | トップページ | 今さら北京 »

2007/06/12

ものまね番組で、後ろから本人登場!

大阪の夜を楽しむことなく、心斎橋で泊。「胃の不快感」も一晩寝たら治まり、大阪2days二日目。日曜日は雨が心配されましたが結局降ることなく、暑くも寒くもない曇り空。太陽に弱い私にはありがたい天気となりました。皆さんにもお薦め、お得なアジヨシの焼肉定食900円をランチに食べ(胃に悪いのでは?)、いざ再び大阪城公園へ!

***
6/3(日)
発掘!”想う壺”音泉!! 大阪城野外音楽堂

・ビューティフルハミングバード
・オトナモード
・the ARROWS
・オオヤユウスケ
・佐々木健太郎
・おとぎ話
・tobaccojuice
・アナ
・TOMOVSKY
 (出演順)

私のレポなんかより、このイベントを企画した土井コマキさんのブログを読んだ方が何万倍もいいですよ。リンクの1つ前のエントリから読むのをおすすめします。感動。セットリストまであります。今回の「想う壺」、メンツがものすごく私好み。9バンド全部好みだなんて、ほとんど奇跡! 土井ちゃんに感謝! 

* セットリストは土井ちゃんのブログから頂きました。


<ビューティフルハミングバード>
爽やかでのんびり。ゆるゆるの空気が会場を包む。日曜の午後の過ごすのに、これは気持ちいいなぁ。

<オトナモード>
何となく気になっていたバンドですが初見。いいメロディ。私の中では、何となく ghostnote とかぶるイメージのバンド。ベースの「とまそん」くん、出演後に客席の喫煙エリアに長い間いましたね。彼、背も高くて結構目立つので。おとぎ話の有馬くんには負けるけど(笑)。

<the ARROWS>
 ・マストピープル
 ・ロックンロールファンファーレ
 ・イエスタディワンスモアーズ
 ・ナイトコール
 ・プレイボーイは憂いボーイ

ビューティフルハミングバード、オトナモード とお客さんがおとなしく、アロウズどうなるんだろう?と思っていましたが、スター・坂井竜二が出てきたらみんな自然にスタンダップ。野外でアロウズ、気持ちいい! 笑顔で踊っていい汗かきました。「ナイトコール」が最初レゲエ調?でスローテンポだったのが、途中からテンポアップしてダンシングモード。やるなあ。「プレイボーイ」の大合唱で締めて大団円で終了。みんな笑顔。幸せな時間でした。アロウズワンマン、いつか行かねば。

<オオヤユウスケ>
パーカッションと2人で。ゆるーりゆったりした時間が流れて気持ちいい。しかしあのパーカッションの方、一人でやってるとは思えない音の多彩さ。


<佐々木健太郎>
 ・行くのさ
 ・アンセム
 ・愛の歌
 ・出来事(佐々木健太郎 & YO-KING)
 ・LOW(佐々木健太郎 & YO-KING)
 ・Hey! みんな元気かい?(YO-KING)
 ・遠い匂い(YO-KING)
 ・夜(YO-KING)

サウンドチェックのあと袖に下がる時、帽子をポンとイスに置いて去る。かっこいい健ちゃん。客席からは下岡さんが観てました。州さんも時々その辺をウロウロしてました。

健ちゃん、側転で登場! ダンナは「おおー!」と驚いてましたが、これ、いつものことですから(笑)。

「行くのさ」「アンセム」は弾き語りの定番ですね。伸びやかなうた。「つたえたい事は空にあって」という歌詞が野外にぴったり。「愛の歌」は初めて聴いた。「今日街で聴いたラブソングのレコードを買って帰るよ」というような歌詞の曲。最近の健ちゃんのラブソングはまっすぐでちょっと照れるな。いい曲だけど。

「真心ブラザーズが好きで、『KING OF ROCK』がすごく好きで。以前共演させていただいたんですけど、今日はカバーします・・・」とたどたどしく話し出す。しどろもどろになってるのもいつものことなんですけどね。「昨日はバンドで出たけど今日は一人で心細い」とも。頑張れ健ちゃん!(笑)

「出来事」の間奏で、あれ?ハープの音が聴こえる?何で?と思ったら、後ろからYO-KINGが!! 本人登場!! うわー! 場内騒然。すごいスターのオーラ! 初めて見ましたがかっこいい。

「ものまね番組で後ろから本人登場!みたいだね」「やってみたらベタで恥ずかしい」なんて言ってましたが、場内まんまとこの企画にはまってしまった。「LOW」を2人でギター弾き語りをした後、健ちゃんが側転で去り(笑)YO-KINGのステージに。わあ、今日チケット代1,000円ポッキリなんですけどいいんですか!? いやもうびっくり。この時点で、もうかなり満足。

<おとぎ話>
どんなバンドか全然知らなかったのですが、うわー何だこのバンドー!!! ヴォーカル有馬くんが変。そしてドラムの人が明らかにおかしい。叩き方や表情が怪しすぎて目が離せない。州さんとは違う路線で釘付けになるドラム。何者なんだろ・・・? 有馬くんは出番が終わった後、客席をウロウロウロウロ、ずーっとその辺にいました。あの髪型が目立ちすぎ。何て面白い奴。そして憎めない奴。

<tobaccojuice>
前から観たかったのでちょっと嬉しかった。大人のような、少年のような、不思議なバンド。ダンナはその後、「ひとりエコー」をしばらく真似して遊んでましたが(笑)。

<アナ>
まったくどんなバンドか知らなかったのですが、これいい!! 何でもありな感じで楽しかった。謎のカメラマンや赤いポンチョや、突っ込みどころ満載だけどオンガクは良い。おとぎ話と共に、今日の新発見バンド。また観たい。

<TOMOVSKY>
来ました「うたう41歳」。いやもうトモフさんかっこいい。客席に飛び降りるわ、「一番年上なのでトリだけど、そんな器じゃないんで」とぶっちゃけトークだわ、と面白い。そして唄う歌が「うしろむきでOK!」ですから。元気になれました。すごく濃い数十分。とてもよかったので、「OTODAMAにも呼んでください。でも、トリじゃなくていいんで!」なんて言わないで(笑)

***
大満足。大満足。大満足。奇跡の9バンド+YO-KING。こんなに楽しくていいのか。これから土井ちゃん企画「想う壺」は要チェックですよ皆さん。ありがとう。すごく充実した一日でした。

|

« たとえばLOVE | トップページ | 今さら北京 »

音楽 2007」カテゴリの記事

アナログフィッシュ」カテゴリの記事

おとぎ話」カテゴリの記事

コメント

臨場感あふれるレポートありがとうございます^^

楽しさがとても伝わってきました。
濃すぎて、いいコメが書けませんが(笑)

いつか、隣で解説くださいまし^^

投稿: 奏多 | 2007/06/17 16:07

奏多さん:
無駄に長いライヴレポですみません(笑)。
「想う壺」はほんとに良かった!
こんないいイベント、なかなかないと思うけど機会があったら誘いますね。
アナログフィッシュ、この夏はまだ関東方面しかライヴ予定の発表がなくて。
OTODAMA(8/25・泉大津)に来て!と思ってるんだけどなー。

投稿: yama(Key) | 2007/06/17 17:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ものまね番組で、後ろから本人登場!:

« たとえばLOVE | トップページ | 今さら北京 »