« NFL week6 | トップページ | おかしいなあ、こんなはずでは »

2006/10/25

魚中毒。

アナログフィッシュ熱(麻薬)が醒めません。
「ジョントポール」以降、思ったことなどを幾つか。


* 斉藤州一郎が大好きだ
  
 アナログフィッシュのDr・Voです。通称「リンゴ」(笑)。
 下岡晃(G・Vo)、佐々木健太郎(B・Vo)の2枚看板ももちろん大好きですが、
 この人がいないと「アナログフィッシュ」になりません。
 このドラムがないと、曲に魂が入りません。
 
 Youtubeに「Hello」のPVが上がっていたので見ましたが、
 州さん、明らかに変です。動き、髪形、表情などすべておかしい。

 ジョントポールの時もいちいちマイクをスタンドから外してしゃべったり、
 「リンゴー!!」という客席からの声援で喜びのポーズ(変)をしたり。
 
 ああ、あとあんなにベースの方を見ないドラマーも珍しい。
 (ギターの方しか見てない)
 あんなに表情がコロコロ変わるドラマーも珍しい。
 あんなに頻繁に「やー!!!」等と叫ぶドラマーも珍しい。

 いやー、素敵だ。こんなに釘付けになるドラマーは初めてです。


* 下岡晃は何者だ

 G・Voの下岡さん。どんどん進化している。
 どこまで行くのか。そしてどこへ行くのか。

 「バタフライ」と「Hello」の歌詞に衝撃を受けて以来、「下岡派」です。
 「白黒ック」「夕暮れ」「ナイトライダー」「テキサス」「出かけた」
 「Town」といった曲は、身近なことを無限の広がりをもって描いている。
 彼が「Queen」の中で歌っている歌詞がそれを端的に表している。

 ♪頭ん中なら自由だ

 そうだそのとおりだ。頭ん中は無限だ。
 しかし、彼の頭の中はどうなっているんだろう? 一体どんな世界が。

 そして曲は進化しつつける。
 「Magic」「Iwashi」「海に出た」「公平なワールド」「SIM CITY」など。
 新アルバムが楽しみ。ビギナーの皆さんは11/1発のシングル「Magic」を!


* 佐々木健太郎は駆け抜ける

 いわゆる「下岡派」のわたくしですが、最近の健ちゃんは凄いと思う。
 「スピード」以来の目覚しい進化。「僕ったら」の美しさ。
 そしてライブでは「弾き語りコーナー」で完璧な歌声を披露。
 圧倒されます。ライブ・パフォーマンスは素晴らしいです。

 口を開けっぴろげて変顔して、内股でベースを弾き殴っている姿は
 衝撃的ではありますが(笑)。

 夏に少しだけお話させていただきましたが、大変いい人です
 他の2人にいじめられてもめげるな健ちゃん。


* ジャケットはこんな感じか

 「11/22に出るアルバムのジャケット、本当にいいですから」と
 2日で4回以上は言っていたと思われるアナログフィッシュの方々。

 ということでどんなジャケットか気になりますよね。
 どうもこんな感じらしいです。わー!面白い! 楽しみだ!!

|

« NFL week6 | トップページ | おかしいなあ、こんなはずでは »

音楽 2006」カテゴリの記事

アナログフィッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魚中毒。:

« NFL week6 | トップページ | おかしいなあ、こんなはずでは »