« 磔磔マジックをもう一度。 | トップページ | 何事もバランスが重要ってことです。 »

2006/10/19

フルスピードで駆け抜けた秋祭り初日

アナログフィッシュ
コウタロウ・オータム・コレクション
ライヴ「ジョントポール」

10/14(土)
「ポール・デイ」 佐々木健太郎ヴォーカル曲オンリー

京都磔磔

*****
この日、午前中は仕事。終わらせて職場からそのまま京都へ。
さて、マジックは炸裂するか。

整理番号は82番。入り口で「J 082」「P 082」と書かれた2つの缶バッジを受け取る。これをつけて明日入場するようにとの説明がある。パスの代わりということか。番号は手書きで、1~100を下岡さん、101~200を佐々木さん(以下、健ちゃん)、201~を斉藤さん(以下、州さん)が担当したらしい。

下岡側、前から3列目くらいにスタンバイ。理由は2つ。

1.佐々木曲における、下岡さんのギターフレーズが好きだから。
 「紫の空」「チンパンジー」「ラブホ」のギター、凄いですよ。
 かなりの不思議フレーズだと思うので、この目でその手の動きを見たい。

2.下岡サイドからはドラムの州さんがよく見えるから(笑)。

そうです、私はドラムの州さんが大好きなのです。
どかどかした素敵なドラミングだけでなく、不思議な動き、おかしなMCも大好き。そしてメガネドラマーであることも最高だー! あと、ハイハットにタンバリンがついているのがたまらなく好きだ。何故だかわからないけど。

SEはビートルズの「ホワイトアルバム」。そのうち曲が途切れ、磔磔名物の「後ろの階段」から降りてきた3人。祭りの始まりだ。

いつものように元気な健ちゃん。下岡さんがやたら笑顔。楽しそう。MCもそこそこ、立て続けにガンガン演奏していく。たくさんの曲を聴かせてくれそうな予感。

「スピード」でスタート。このシングル曲から彼の曲調が変わったと思う。そういう点でスタートにふさわしい曲。今までライヴで聴いたことのなかった「公園」「不安」をやってくれた。こういう古い歌をやってくれるのは嬉しい。「叉市」は初めて聴いた。ブルースハープをかなぐり捨てる健ちゃん、カッコよかった。「LOW」はいつ聴いても名曲。そして最高だったのが「ラブホ」。やり場のない焦燥感、どこから来るのかわからない怒り、そして明日への希望。思わず感情移入をしてしまう曲。健ちゃん今年の最重要曲「アンセム」で本編終了。アンコールの「この気持ちは僕のもの」「僕ったら」は素晴らしすぎてのめりこんでしまい、息をするのを忘れてしまうくらいだった。

ジョントポールの恒例は、リンゴ・ヴォーカル・コーナー。つまり州さんがドラムを叩きながら1曲唄うコーナー。今回はナイアガラ・トライアングルの「日射病」。かわいらしくてとぼけた曲だった。

* 次の日、タワーレコード京都店でこの曲が入ったCDを購入。
  我ながら分かりやすい行動で笑えない。

下岡さんはずっと楽しそうだった。唄わなくていいのはいいですよね(笑)。MCにも余裕が感じられる。「紫の空」「チンパンジー」「ラブホ」のギター、やっぱり不思議フレーズだった。楽しかった。


<MCなど>

州さんが「いつかジョン・デイとポール・デイのチケットを別々に売り出しますから」と爆弾発言。健ちゃんは「ポール・デイに客が30人しか来なかった夢」を見たらしい。場内大爆笑。ちなみに夢の中ではジョン・デイ即完だったというからさらに場内大爆笑。大丈夫、チケット別売りでも両日きちんと行きますよ。

「喉のためにいい」という理由で、オリーブオイルを飲む健ちゃん。この日もアリナミンVの瓶に入ったものをぐびぐび飲む。州さんがそれを手に取り、「・・・うっ、アリナミンVの匂いしかしない」と悶絶。それでも試しに飲んでみて「喉が痛い!」 健ちゃんも「うん、飲むと痛くなるんだよね」 ・・・それって本当に喉にいいの? 大丈夫?

11/22(ワンワン・ニャーニャーの日・笑)に出る2nd アルバム「Rock is Harmony」の初回限定盤はアルバム収録曲全部をスタジオ撮影したDVD付き。下岡さんいわく「エド・サリバン・ショーみたいにそっけなくて面白い」とのこと。なるほど面白そう。

州さんが健ちゃんのマイクスタンドのネジを固く締めて、健ちゃんが困惑気味に。すると州さん「君の歌声が絶対に途切れてはいけないからね!」と悪人っぽくニヤリ。健ちゃん、さらに困惑。しかしその懸念どおり(?)、マイクスタンドが徐々に下がってきてまたもや場内大爆笑。

*****
ある瞬間、唄う佐々木さんが神々しく見えた。これがマジックだ。
そして2時間はあっという間に過ぎた。こんなに早く感じたライヴは初めてだった。

ものすごい速さで祭りの半分が過ぎた。

終演後は「リボルバー」が流れていた。
明日はジョン・デイ。下岡曲オンリーって、ちょっと想像つかないな。


<ポール・デイ> セットリスト

1. スピード
2. 公園
3. 叉市
4. 紫の空
5. LOW
6. チンパンジー
7. ガールフレンド
8. ラブホ
9. 不安
10.月の花
11.日射病(Vo.リンゴ)
12.Ready Steady Go
13.世界のエンドロール
14.確信なんかなくてもいいよ
15.エナジー
16.山手ライナー
17.アンセム

En.1
この気持ちは僕のもの(弾き語り)
マテンロー

En.2
僕ったら

|

« 磔磔マジックをもう一度。 | トップページ | 何事もバランスが重要ってことです。 »

音楽 2006」カテゴリの記事

アナログフィッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フルスピードで駆け抜けた秋祭り初日:

« 磔磔マジックをもう一度。 | トップページ | 何事もバランスが重要ってことです。 »