« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004/12/27

書き納め

NFL・week16、シアトル勝ちました。8勝7敗。
一応プレイオフは確定。あとは地区優勝かワイルドカードかが決まるだけ。

あ~よかった~。これで現地観戦も盛り上がる(はず)。

では行ってきます。皆様よいお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/12/25

クリスマス?

今日はクリスマスかぁ。仕事(午前中で終わったけど)なので実感なし。昨日のイブも実感なし。ふつうに仕事だったし。

先日の「MOTORWORKS」ライブの影響で、ツェッペリン1stアルバムを聴く。
ライブで聴いた「Good Times Bad Times」ももちろんいいが、「You shock me」「Dazed and Confused」「I can't quit you baby」が好き。最高ですね。「I can't~」は「CODA」に入っているリハーサルのテイク(?)の方が好きなんですが、もちろん元もカッコエエ。「Dazed~」とか言葉になりません。良い。

もちろん、ボンゾのドラムばっかり聴いてるわけですけどね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/21

MOTORWORKS@心斎橋BigCat

12/19、甲子園ボウルではなくMOTORWORKSのライブに行ってきました。

もちろんイシダ側にスタンバイ(笑)。でかい石田がよりでかく見える。

1曲目!! うっそー! Led Zeppelin 「Good Times Bad Times」!
周りには誰の曲だかわからない人がたくさんいましたが、私は勝手に一人で踊る。
(踊れる曲調でもないんだが・笑) あのイントロはしびれるね。

「プラスティック・ソング」や新曲(仮タイトル「テーマパーク」?)も、
石田の「Dance to God」の黒沢のソロ曲もあって、いやー面白かった。

*要は、私はZepやビートルズのCDを持ってはいるが、黒沢のCDは買ってない
 種類の人間なのです。どなたか曲名教えてください。もしやあれが「Pale Ale」?

勝手に決める「ベスト演奏曲」は1曲目のZepとビートルズ「Come Together」。
オリジナルよりも良い、というと語弊があるが彼らの愛が演奏にのっている故だと
思うので誤解なきよう。

3/2にライブDVD+シングル発売です。買いに走れ!

そうそう、「My Generation」で腕をぐるぐる回しながらギター弾いていた石田に
「ピート!」と声をかけたどこかのおねえさん。私のツボにストライクでした。最高(笑)。
「ジミー!」って1曲目に声をかけようとしてやめてしまった私です(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/10

思い出

広島の人は 今も僕のこと 思い出せるだろうか  
                              ♪「人間」 奥田民生


広島の人で、私のことを今も覚えている人、どれくらいいるかなぁ。

私はたくさん忘れてしまったよ。広島の人々。

バイト先の店長の名前。
家庭教師をしていた、当時中3の男の子の下の名前。(今、26歳になってるはず)
よく行っていた、近所のお好み焼き屋の名前。
同級生や先輩や後輩や、いろんな人の名前。


はかない人間の記憶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/07

Week13 Monday Night Football

ショックです。もう帰りたい。

NFLweek13、ダラス43-39シアトルってどんなスコアや!
バスケットじゃないんだから!

ジェリー・ライスの記録試合が台無しです。
ディビジョン首位から転落です。
ナショナル・テレヴァイズドの試合に弱すぎます。
ディフェンスがザルなんですか?今夜テレビ観ます。

ショック度としては、去年のボルティモア戦やvsGBのワイルドカードくらいキツイです。

あぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/06

関立戦・プレイオフ

12/4、雨の長居競技場、関立戦のプレイオフに行ってきました。
感想を一言でいうと、「関学の魂を見せてくれてありがとう!」。

関学最初の攻撃シリーズ、1プレイ目でQB河野独走、TD。
続く立命の攻撃はスリー&アウト。
次の関学の攻撃。TDで締めくくる。

14-0。
昨年の同じ場所での関立戦、その再現のようなスコア。
立命の凍りつくスタンドに座る私。・・・。

その後14-14となったわけですが、関学の気合いが上回っていたので立命が勝つとは思いませんでした。気合いの入った素晴らしいタックルで、立命ボールキャリアーが一発で倒されていく。どよめく立命スタンド。それに対し立命のタックルはぬるく、関学ボールキャリアーは進んでいく。それでも何とか立命守備が関学の攻撃を止めている間も、立命攻撃は進めない。

そしてタイブレーク。特に第2延長は素晴らしかった。関学がTDを取れば、立命も取り返す。お互いの切れない精神力に感嘆。(でも見ていて大変疲れた…空気が張りつめていて) 第3延長。立命3点先取。関学、FGを決めれば同点というところで、外す。

沸く立命スタンドでしたが、私は座り込んでしまいました。疲れたよ、本当。

その深夜、試合がよみうりTVで放送されましたが、感動して泣いてしまいました。すごすぎるよ、双方。特に関学主将、佐岡くんは素晴らしい。敗戦後のインタビューで「立命に敬意を表します」とコメントできる彼は偉い。彼のコメント、彼らの気持ちが入ったタックル、これらに「関学の魂」を見せてもらった気がします。

私は、関・立の卒業生ではありません。それでもこんなに感動しました。すべての選手に、特に関学に敬意を表します。ありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/02

OT

OT=奥田民生。

ひとり股旅スペシャル@広島市民球場から、1ヶ月。まだカンドーしてます。

彼を表現するのに、「脱力系」「だらだら」という言葉が使われますが、3万人を相手にひとりで、ギター1本で力いっぱい歌う彼のどこが「脱力」なんだ。そりゃあ、ふだんは「だらだら」かもしれないが、ひとくくりにしてはいけない。

と、強く思った次第でございます。

今日はこれだけ。以上!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »